Exness(エクスネス)のスワップポイント|スワップポイントの発生タイミングや両建てについて解説!

海外FX業者

Exness

Exness(エクスネス)のスワ ...

Exness(エクスネス)のスワップポイント|スワップポイントの発生タイミングや両建てについて解説!

スワップポイントとは通貨ペアの金利差で利益または損益が発生するもので、ポジションを保持していると発生していきます。

この記事ではExness(エクスネス)のスワップポイントについて解説していきます。

スワップポイントとは

スワップポイントとは、2つの通貨間の金利差のことです。

「高金利の国の通貨を買い、低金利の国の通貨を売る」場合は金利差のスワップポイントを利益として受け取れますが、「低金利の国の通貨を買い、高金利の国の通貨を売る」場合はスワップポイントを支払わなければいけません。

スワップポイントは日々変動するので固定されているわけではなく、ポジションを長期保有するとスワップポイントが手数料としてかかる場合があります。

また、金利差は通貨ペアにより異なり、取引するFX業者によってもスワップポイントは異ります。

スワップポイントで利益を得たい場合は、FX業者の選択や、どの通貨ペアで取引を行うかなどをふまえ、各FX業者が提示しているスワップポイントを事前に確認しておくことをおすすめします。

Exness(エクスネス)でスワップポイントが発生するタイミング

Exness(エクスネス)でスワップポイントが発生する時間は、日本時間の朝7時です。

Exnessの公式サイトでは、MT4/MT5のサーバー時間で22時に発生と記載がありますが、日本時間との時差が9時間あるので注意してください。

また、Exnessでは日本時間の木曜日の早朝はスワップポイントが3倍になる銘柄があり、土曜日の早朝にスワップポイントが加算される銘柄もあります。

土曜日にスワップポイントが3倍になる銘柄

  • UKOIL(ブレント原油)
  • USOIL(WTI原油)

上記の銘柄の取引時には、お気をつけください。

スワップポイントの計算方法

スワップの計算方法は以下の式で示されます。

スワップポイント額=ロットx契約サイズxPipサイズx売りスワップまたは買いスワップx日数

Exness(エクスネス)のスワップポイントの種類

Exness(エクスネス)のスワップポイントは2種類あり、一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄と、口座開設当初からスワップフリーで取引できる銘柄があります。

スワップの種類

  • 一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄
  • 口座開設当初からスワップフリーで取引できる銘柄

一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄

一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄では、スワップポイントは、トレーダーが特定の取引量に達すると、スワップ料金が発生しなくなるシステムです。

具体的には、トレーダーがある期間内に一定の取引量を達成後、取引でスワップ料金が免除されるというものです。

アクティブなトレーダーを対象としており、スキャルピングなど頻繁に取引を行うトレーダーにとっては、スワップ料金のコストを節約する大きなメリットとなります。

口座開設当初からスワップフリーで取引できる銘柄

口座開設当初からスワップフリーで取引できる銘柄では、スワップポイントは、特定の理由や宗教的な背景から金利を受け取ることができないトレーダーを対象としています。

例えば、イスラム教徒は宗教上の理由から金利を受け取ることが禁じられているため、スワップフリーアカウントが提供されることが多いです。

このアカウントでは、取引を持ち越してもスワップ料金が発生しないため、金利に関連するコストを気にせずに取引を行うことができます。

下記の銘柄で一定の取引を行っている方は、スワップフリーのレベルが拡張されます。

拡張される銘柄

  • EURUSD
  • GBPUSD
  • AUDUSD
  • NZDUSD
  • USDJPY
  • EURJPY
  • GBPJPY
  • AUDJPY
  • NZDJPY
  • USDCAD
  • USDCHF
  • EURGBP
  • EURAUD
  • EURNZD
  • EURCAD
  • EURCHF
  • GBPNZD
  • GBPCHF
  • AUDNZD
  • AUDCHF
  • NZDCAD

※拡張される条件や取引量は公表されていません。

続いて、下記の銘柄は口座開設当初からスワップフリーで取引できます。

スワップフリー銘柄

  • 仮想通貨
  • 株価指数
  • 株式
  • XAUUSD(ゴールド/USドル)

Exness(エクスネス)にはスワップポイントが発生しない取引銘柄もあります。

スワップポイントが発生しない銘柄

  • インデックス:US30、US30などの全インデックス銘柄
  • 株式:AAPL、METAなどの全株式銘柄
  • 仮想通貨:BTCJPY、ETHUSDなどの全仮想通貨ペア
  • XAUUSD

Exness(エクスネス)の注意点として、スワップポイントで得た利益のみ出金することはできず、スワップポイントで得た利益を出金する場合はポジションを決済する必要があります。

Exness(エクスネス)の通貨ペア別スワップポイント

Exness(エクスネス)のメジャー通貨ペアのスワップポイントをご紹介します。

銘柄買いスワップ売りスワップ
USDJPY0(0円)-19.2(-1,920円)
EURUSD-6.2(-814円)0(0円)
GBPUSD-3.1(-407円)0(0円)
NZDUSD-1.7(-223円)0(0円)
AUDUSD-3.3(-433円)0(0円)
USDCAD0(0円)-3.3(-322円)
USDCHF0(0円)-10.6(-1,532円)
DXY0(0円)-3.0459(-400円)

続いて、マイナー通貨ペアのスワップポイント一覧です。

銘柄買いスワップ売りスワップ
EURJPY0(0円)-13.5(-1,350円)
GBPJPY0(0円)-20.8(-2,080円)
NZDJPY0(0円)-12.3(-1,230円)
AUDJPY0(0円)-10.3(-1,030円)
CADJPY0(0円)-13.4(-1,340円)
CHFJPY0(0円)-3.3(-322円)
HKDJPY0(0円)-4.086(-409円)

通貨ペアを買った際に発生するスワップポイントは「買いスワップ(Swap Long)」といい、通貨ペアを売った際に発生するスワップポイントを、「売りスワップ(Swap Short)」といいます。

スワップポイントは変動しますので、現在の正確なスワップポイントは公式サイトにてご確認ください。

Exness(エクスネス)の両建て取引でのスワップポイントについて

買いスワップ、売りスワップともにプラススワップの通貨ペアで、買い売り両方のポジションを持って、スワップポイントで利益を得る方法を両建てと言います。

買い売り両方のポジションを持つため、相場に変動があってもポジションでの利益と損益が相殺されるため、相場変動に左右されずプラススワップの分が徐々に増えていきます。

スワップポイントは通貨ペアごとに異なり、基本的にどちらかがマイナスまたはどちらもマイナスで設定されていることがほとんどですが、一部どちらもプラススワップとなっている通貨ペアも存在します。

両建てを行う場合はロングとショートどちらもプラススワップの通貨ペアを選ぶのがおすすめです。

まとめ

この記事では、Exness(エクスネス)のスワップポイントについて詳しく解説しました。

Exnessのスワップポイントには種類があり、口座開設当初からスワップフリーの銘柄と、一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄があります。

注意点として、スワップで得た利益を出金する場合はポジションを決済する必要があり、木曜日の早朝はスワップポイントが3倍になる銘柄や、土曜日の早朝にスワップポイントが加算される銘柄があるので、取引する際には注意が必要です。

取引を行う際には、スワップポイントがどのように発生し、どのように計算されるのかを理解することで、より効果的な取引戦略を立てることができます。

Exnessのスワップポイントに関するよくある質問と回答

スワップポイントでの利益のみの出金はできますか?

Exnessではスワップのみ出金することができず、スワップでの利益を出金する場合はポジションを決済する必要があります。

スワップポイントでの利益を出金する際、ポジションは決済しなければいけませんか?

はい、スワップポイントでの利益を出金する場合はポジションを決済する必要があります。

スワップポイントの確認はどこでできますか?

MT4の気配値欄で任意の通貨ペアを選び、右クリックで仕様を選択します。選択後に表示される仕様画面の中で、スワップポイントを確認することができます。

スワップポイントとは何ですか?

FXのスワップポイントは「金利差調整分」とも言い、イメージとしては預金における利息のような利益のことです。スワップポイントは毎日利益(または損益)が発生します。

スワップポイント計算方法を教えてください。

日当り金額の算出方法は「100000 × 最小ポイント数 × 金利率 × 換算レート × 通貨量(LOT)」です。

Swap LongとSwap Shortとは何ですか?

通貨ペアを買ったとき(Long)に発生するスワップポイントを、買いスワップ(Swap Long)といいます。
また、通貨ペアを売ったとき(Short)に発生するスワップポイントを、売りスワップ(Swap Short)といいます。

Exnessでスワップポイントが発生するタイミングはいつですか?

Exnessでスワップポイントが発生する時間は、日本時間の朝7時です。Exnessの公式サイトでは、MT4/MT5のサーバー時間で22時に発生と記載がありますが、日本時間との時差が9時間あるので注意してください。

スワップポイントがマイナスとはどういう意味ですか?

スワップポイントがマイナスとは、取引の金利差が不利であるため、損失が発生するという意味です。

土日にスワップポイントが3倍になる銘柄はどの銘柄ですか?

Exnessでは日本時間の木曜日の早朝はスワップポイントが3倍になる銘柄があり、土曜日の早朝にスワップポイントが加算される銘柄もあります。土曜日にスワップポイントが3倍になる銘柄
は、「UKOIL(ブレント原油)」「USOIL(WTI原油)」です。この銘柄の取引時には、お気をつけください。

スワップポイントにはどのような種類がありますか?

Exnessのスワップポイントは2種類あり、一定の取引量を到達したらスワップフリーになる銘柄と、口座開設当初からスワップフリーで取引できる銘柄があります。

Exnessの口座開設に関するよくある質問と回答

Exnessの口座開設にかかる時間はどれくらいですか?

Exnessの口座開設フォームの入力は2~3分、口座を有効化するための書類提出に5分、書類の承認には最短10分ほどかかります。

Exnessの口座開設に必要な書類は何ですか?

本人確認書類と住所確認書類が1点ずつ必要です。

デモ口座は開設できますか?

Exnessではデモ口座を開設できます。

未成年でも口座開設できますか?

18歳以上であればExnessの口座開設は可能です。

口座開設に費用はかかりますか?

いいえ、Exnessの口座開設では費用や手数料は一切かからず、無料で開設できます。

口座開設の際に親の同意書は必要ですか?

Exnessの口座開設は18歳以上であれば誰でも口座開設が可能で、未成年であっても親の承諾や同意書、サインは不要です。

何種類の口座タイプがありますか?

Exnessは、スタンダード口座、スタンダードセント口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座の5つの口座タイプを提供しています。
全ての口座タイプでレバレッジ無制限の取引が可能、スワップフリーでポジションを保有できます。また、ゼロカットシステムを採用しており、口座残高がマイナスになることはなく、ロスカット水準は0%に設定されているため、口座残高の全額取引に使えます。

口座開設は日本語で行なえますか?

はい、Exnessでの新規口座開設の手続きは日本語で行えるため、英語が苦手な方でも安心して口座開設が可能です。

デモ口座とは何ですか?

デモ口座とは、リアルタイムの市場環境をシミュレートしており、実際の資金をいれずに仮想の資金で取引が体験できます。

取引口座を開設するとデモ口座も開設されますか?

はい、Exnessでアカウントを登録すると、自動的にデモ口座が開設されます。
また、Exnessのデモ口座は、アカウントを持っている方なら誰でも最大200口座まで開設可能で、口座残高や最大レバレッジを自由に調整できます。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索