Exnessのアプリの使い方まとめ|ダウンロード方法から使い方まで画像付きで解説!

海外FX業者

Exness

Exnessのアプリの使い方まと ...

Exnessのアプリの使い方まとめ|ダウンロード方法から使い方まで画像付きで解説!

Exnessは海外FX業者の中でも業界最狭水準のスプレッドでは無制限、水準0%で取引ができる魅力の多い業者です。

Exnessのトレードーアプリは、取引をより効率的に行うためのツールとして多くのトレーダーに支持されています。

この記事では、Exnessのアプリの使い方やアプリのダウンロード方法について詳しく解説します。

Exnessのアプリの種類について

Exnessでは3種類のアプリ「MT4」「MT5」「Exnessトレードアプリ」を提供しています。

MT4アプリとMT5アプリは、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームで、Exnessトレードアプリは、Exnessが独自に開発したモバイルアプリです。

アプリの種類

  • MT4アプリ:MT4トレード用
  • MT5アプリ:MT5トレード用
  • Exnessトレードアプリ:トレード用(MT5のみ)

Exnessは、初心者から上級者までのFXトレーダーにとって扱いやすい、独自アプリを提供する海外FX業者です。

以前、MT4やMT5のアプリの提供が中止され、不便さを感じたトレーダーがいらっしゃるかと思いますが、Exnessでは自社アプリを提供しているため、取引プラットフォームや他の海外FX業者の変動に左右されずに安定したサービスの提供が可能です。

Exnessトレードアプリの注意点は、MT4に非対応で、MT5のみに対応しています。

Exnessトレーダーアプリの主な特徴

Exnessは独自のスマホアプリ「トレードーアプリ」を提供しており、外出先でも簡単にチャートの確認が可能です。

iPhoneとAndroidに対応しており、口座開設後にExnessの会員エリアから、QRコードを読み取ることで、簡単に無料でダウンロードして使用することができます。

また、OSユーザーはAppストア、AndroidユーザーはGoogle Playからもダウンロードできます。

ただし、MT4には対応しておらず、MT5の口座が必要です。

トレードーアプリの主な機能と特徴

Exnessトレードーアプリは、取引を行う際の便利なツールとして多くの機能を提供しています。

機能

  • 口座メニュー:入出金、口座間の資金移動、ポジション管理などが行えます。
  • 取引メニュー:各銘柄のチャート表示と売買が可能です。
  • マーケットメニュー:経済イベントや最新ニュースの閲覧ができます。
  • パフォーマンスメニュー:トレードの損益を確認できます。

Exnessのトレードーアプリでは、ボリンジャーバンド、移動平均線、取引シグナル、パラボリックの4つのインジケーターのみが利用可能です。

アプリ内で経済イベントや最新ニュースを確認できるため、取引の参考情報として利用できます。

外出先でも取引や情報の確認が簡単に行えるため、多くのトレーダーにとって有用なアプリです。

MT4・MT5アプリの特徴

メタトレーダーとは、MetaQuotes Softwareによって開発された、FX取引を行うためのプラットフォームで、メタトレーダーには、MT4(MetaTrader 4)とMT5(MetaTrader 5)の2つのバージョンがあります。

MT4・MT5アプリのプラットフォームを使用することで、リアルタイムで市場の動向を確認し、取引を行うことができます。

また、MT4・MT5アプリのプラットフォームはテクニカル分析ツールやチャート、注文管理ツールなど、取引に必要な多くの機能を提供しています。

メタトレーダーの機能

  • 取引
  • 気配値表示
  • チャート分析
  • 損益の確認

iPhoneのメタトレーダーは、パソコンよりも操作がしやすく、スムーズな取引が可能です。

MT4・MT5の違い

MT4とMT5はそれぞれの特徴がありますが、2023年時点で多くのトレーダーに利用されているのはMT4です。

MT4は、多くのトレーダーに長年利用されており、多様なインジケーターやEA(自動売買)の種類が豊富です。

しかし、MT4の公式サポートは既に終了しており、重大なエラーが発生してもサポートを受けることはできません。

一方で最新の後継機としてMT5は豊富な時間足やテクニカル指標の種類が標準で用意されており、軽快な取引が可能なアプリの軽さも魅力と言えます。

しかし、MT5は対応している外部のインジケーターやEA(自動売買)の種類がまだ少なく、MT4を使い慣れているユーザーが多いので、MT5への移行がしにくいと感じるユーザーもいるため、MT5の普及は進んでいません。

MT4MT5
リリース年2005年2010年
時間足9種類21種類
インジケーター多い少ない
EA(自動売買)多い少ない
テクニカル指標30種類38種類
分析オブジェクト23種類44種類
動作不通軽い/速い
アップデート終了あり

MT4とMT5はそれぞれ特徴やメリット・デメリットが異なるため、取引スタイルやニーズに応じて選択することが重要です。

初心者や外国為替取引に特化した取引したい方にはMT4が適していますが、さらなる多様な市場での取引や高度な分析が必要な場合にはMT5がおすすめです。

MT4のメリット・デメリット

メリット

MT4は長い期間、世界中のFXトレーダーに広く利用されている取引プラットフォームで、リアルタイムで市場の動向を確認し、取引を行うことができます。

MT4は自由度の高いカスタマイズが可能で、MQL言語を使用してインジケーターやエキスパートアドバイザーを自作や開発したり、他のトレーダーが作成したツールを利用できます。

また、自動売買(EA)に対応しており、トレードを自動で行えます。

カスタムインジケーターとは、取引チャート上に表示される技術的な指標で、MQL言語を使って独自の計算式やアルゴリズムを組み込むことで、トレードに役立つカスタムインジケーターを作成できます。

例えば、移動平均線や相対力指数(RSI)など、さまざまなテクニカル指標をカスタムインジケーターとして作成が可能です。

エキスパートアドバイザーは、自動売買(EA)とも呼ばれ、トレードを自動で行うためのプログラムで、MQL言語を使用して、エキスパートアドバイザーが取引の判断や注文の実行を行うロジックを作成します。

エキスパートアドバイザーは、特定の条件やルールに基づいてトレードを行うため、感情やミスを排除し、迅速なトレードができます。

MQL言語を学ぶことで、プログラミングの知識がない場合でも、カスタムインジケーターやエキスパートアドバイザーを作成できます。

デメリット

MT4は古いバージョンのプラットフォームのため、グラフィック表示の制限があり、同時に表示できるチャートウィンドウの数が限られています。

テクニカル指標やグラフィックツールの種類はMT5に比べて少ないです。

MT4にはバックテスト機能がありますが、制約があり実際の市場状況や注文執行の遅延を再現することが難しいです。

また、MT4のプログラム言語であるMQL4にも制約があり、より高度なプログラムやトレード戦略の開発には限界があります。

インジケーターやEA(自動売買)は、MT4専用のものが存在しているため、外部のプログラムとの連携が難しく、MT5とは互換性がないため、MT5で利用できる外部のインジケーターやEAを使用できないなどのデメリットがあります。

MT5のメリット・デメリット

メリット

MT5は、MT4の後継バージョンとして開発された取引プラットフォームで、MT5はMT4よりも多機能で株式や商品、指数などより多くの金融商品の取引に対応しています。

MT4よりも高度なテクニカル分析ツールやさまざまな注文タイプや取引ツールを提供しています。

新たな注文タイプや実行方法の選択肢が増えるため、トレーダーはより柔軟な取引戦略を構築できます。

また、MT5はテクニカル分析に特化したツールを多く備えています。

インジケーターやオブジェクトの種類が増え、高度なチャート分析が可能です。

さらに、カスタムインジケーターやエキスパートアドバイザー(自動売買プログラム)の開発も容易に行えます。

MT5はMT4より正確なバックテストが可能なので、リアルな条件でトレード戦略をテストでき、結果を詳細に分析できるので、トレーダーはより信頼性の高い戦略を開発できるメリットがあります。

MT5は外国為替市場(FX)だけでなく、株式、先物、商品など、複数の市場へのアクセスも提供しているので、異なる市場で多様な取引機会を探すことが可能です。

デメリット

MT5はMT4の後継として開発されましたが、現在も多くのトレーダーがMT4を使用しています。

MT4向けに開発されたカスタムインジケーターやエキスパートアドバイザーがMT5に対応していない場合、ツールが使用できない可能性があります。

また、MT5はMT4と比較してまだ普及している段階であり、すべてのFX業者や金融機関がMT5をサポートしているわけではないため、MT5を利用したい場合は、海外FX業者を選ぶ際に制限がかかってしまうデメリットがあります。

MT4とMT5ではプラットフォームの仕様が異なるため、MT4のインジケーターやEAがMT5で動作しないことがあり、既存のMT4ユーザーにとっては、MT5への移行には一部のカスタマイズや再学習が必要となる場合があります。

トレーダーは自身の取引スタイルやニーズに合わせて、MT4とMT5の特徴やデメリットを比較し、適切なプラットフォームを選択することがおすすめです。

MT4・MT5アプリのダウンロード方法

手順1:Exnessの公式ウェブサイトを開く

Exnessの公式ウェブサイトを開き、上部のメニューの「プラットフォーム」をクリックします。

スマートフォンでアプリをダウンロードする場合は「MetaTrader モバイル版」を選択します。

手順2:プラットフォーム選択

プラットフォーム選択の画面が表示されるので、「MT4」または「MT5」のどちらかダウンロードしたい方をクリックします。

直接「App Store」を開き、「MT4」または「MT5」と入力し検索してもアプリが表示されます。

手順3:アプリをダウンロード

App StoreにMT4またはMT5のアプリが表示されたら、「入手」をクリックし、アプリをダウンロードします。

以上でMT4またはMT5のダウンロードが完了です。

MT5アプリの使い方

Exnessでよく利用されるMT5アプリの使い方をご紹介します。

MT5アプリの主な機能は、下記の5つがあります。

機能

  • 気配値
  • チャート
  • トレード
  • 履歴
  • 設定

気配値

「気配値」とは、金融市場での売買注文の価格情報を示すものです。

売り注文の最高価格(Ask)と買い注文の最低価格(Bid)が表示されます。

自身が取引したい通貨ペアが気配値画面に表示されていない場合は、アプリの右上部にある「+」マークをクリックすることで、新たに追加することが可能です。

チャート画面

選択した通貨ペアのチャートが表示されます。

MT5アプリは、スマホ画面上でも詳細なツールや多種多様なインジケーターを活用できます。

チャート画面をタップすると、円形のメニューが出現しますので、そこからお好みの時間枠を選ぶこともできます。

設定できる時間枠は以下の9種類です。

時間足

  • M1:1分
  • M5:5分
  • M15:15分
  • M30:30分
  • H1:1時間
  • H4:4時間
  • D1:1日
  • W1:1週間
  • WN1:1ヵ月

他にも、円形メニューにある「+」マークではクロスヘアを表示したり、「f」マークでインジゲーターの選択ができます。

MT5アプリで使用できるインジケーターは下記のとおりです。

トレンド

  • Average Directional Movement Index
  • Envelopes
  • Bollinger Band
  • Ichimoku Kinko Hyo
  • Parabolic SAR
  • Moving Average
  • Standard Deviation

シオレーター

  • Average True Range
  • Commodity Channnel Index
  • Bears Power
  • DeMarket
  • Force Index
  • Momentum
  • MACD
  • Relative Strength Index
  • Moving Average of Oscillator
  • Relative Vigor Index
  • Stochastic Oscillator
  • William’s Percent Range
  • Triple Exoponentioal Average

ボリューム

  • Accumulation/Distribution
  • On Balance Volume
  • Money Flow Index
  • Volumes

ビル・ウィリアムス

  • Alligator
  • Accelerator Oscillator
  • Awesome Oscillator
  • Gator Oscillator
  • Fractals
  • Market Facikitation Index

トレード

トレード画面では、保有中のポジションが一覧形式で表示され、ポジションの確認や管理が簡単に行えます。

また、ポジションの決済もトレード画面から操作できます。

履歴

履歴画面では、完了した取引の記録が一覧で見られます。

この画面を確認すれば、いつ、どの程度の損益が発生したのかがすぐにわかります。

さらに、画面の右上にあるカレンダーアイコンをタップすると、表示したい取引のシンボルや期間を選び出すことも可能です。

設定

設定画面では、さまざまなパラメータを調整できます。

チャートの種類は、ローソク足、バーチャート、ラインチャートから選択が可能です。

加えて、チャート上に始値、終値、高値、安値(OHLC)を表示するかどうかも指定できます。

さらに、クロスヘア使用時に詳細なデータを見られるデータウィンドウの表示を制御したり、チャート上に出来高を表示するか否か(FXの場合はティック数)、チャート上に保有中のポジションや注文中の注文を示すトレードレベルを表示するか否かも設定できます。

また、現在の銘柄のみにラインなどのオブジェクトを表示する独立チャートの設定、全ての銘柄に表示するためのチェック設定、一定の期間ごとにチャート上に区切り線を挿入する設定なども可能です。

さらに、Bidの価格と並んでAskの価格ラインの表示、最後に取引が行われた価格の水準を表示するラストプライスラインの設定(FXの場合は不要)も調整できます。

あらかじめ用意された色の組み合わせ「スキーム」から色を選択することができ、部分的な色の詳細な指定も可能です。

Exnessトレードアプリのダウンロードとログイン方法

手順1:Exnessの公式ウェブサイトを開く

Exnessの公式ウェブサイトを開き、上部のメニューの「プラットフォーム」をクリックします。

スマートフォンでアプリをダウンロードする場合は「Exnessトレードアプリ」を選択します。

手順2:ダウンロードする

自身のデバイスに応じて「App Store」または「Google Play」を選択します。

手順3:ダウンロードする

ストアに移行し「ダウンロード」し、完了すると「開く」のボタンが表示されるので、クリックします。

Exnessのアプリが起動したら、ダウンロードが完了です。

手順4:サインインする

アプリで取引を開始する場合は、「サインイン」をクリックし「メールアドレス」「パスワード」を入力した後、「サインイン」をクリックしてログインを行ってください。

初期設定では、パスコードの設定が求められます。

FaceIDか6桁の数字をパスコードとして設定してください。

設定後、同じ6桁の数字をもう一度入力するように求められます。

このパスコードが確定したら、アプリの初期設定は完了です。

Exnessトレードアプリの特徴と使い方

Exnessのアプリの各メニューと機能についてご説明します。

機能

  • 口座メニュー:資金の入出金や口座間の資金転送、ポジションの管理が可能
  • 取引メニュー:各通貨ペアのチャートを見ることができ、売買も可能
  • マーケットメニュー:経済イベントや最新ニュースを閲覧
  • パフォーマンスメニュー:自身のトレードの利益と損失の確認

口座メニュー

口座メニューでは以下の項目を確認できます。

口座メニュー

  • 口座残高
  • 保有中のポジション
  • 未決済の注文
  • 決済後の注文
  • 入金の手続き
  • 出金の手続き
  • 資金の移動

MT4やMT5のアプリでも口座の残高や保有ポジション、現在の損益などを見れますが、Exnessのアプリでは入金、出金、資金転送をアプリ内で完了できます。

ブラウザーでログインし直して操作をする必要がないため、非常に便利です。

取引メニュー

アプリでもパソコンと同様に各通貨ペアのチャートを見て売買ができます。

しかし、スマホの画面は小さいので細かな動きを見るのは難しいです。

インジケーターは以下の4つが利用できます。

取引メニュー

  • ボリンジャーバンド
  • 移動平均線
  • 取引シグナル
  • パラボリック

上記の取引メニューで最低限のチャート分析を行うことができます。

ただし、インジケーターの種類が限られているため、スマホでの詳細な分析はお勧めできません。

マーケットメニュー

アプリ内で経済イベントや最新ニュースを閲覧できるので、取引の判断材料として利用できます。

また、ボラティリティ順に通貨ペアを並べ替えることも可能です。

パフォーマンスメニュー

パフォーマンスメニューでは以下の項目を見ることができます。

パフォーマンスメニュー

  • 利益
  • 損失
  • 総注文数
  • 有効証拠金
  • 取引量

MT4やMT5でもトレードの損益を見れますが、Exnessのアプリではグラフで確認できます

また、グラフは任意の期間を指定して見ることができます。

Exnessのアプリは独自の豊富な機能が魅力ですが、グラフの表示はMT5のみ可能なので、口座開設をする際にはMT4ではなくMT5を選ぶようにしましょう。

まとめ

この記事では、Exnessのアプリの使い方やアプリのダウンロード方法について詳しく解説しました。

Exnessでは3種類のアプリ「MT4」「MT5」「Exnessトレードアプリ」を提供しています。

MT4・MT5アプリはMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームで、テクニカル分析ツールやチャート、注文管理ツールなど、取引に必要な多くの機能を提供しています。

Exnessトレードアプリは、Exnessが独自に開発したモバイルアプリで、口座残高や保有しているポジション、現在の損益などを確認に加えて、入金や出金、資金移動がアプリで完結できます。

MT4やMT5でもトレードの利益や損失は把握することが可能ですが、Exnessのアプリではトレードの損益を特定の期間を選択しグラフで確認することができるので、自身の取引のトレンドを簡単に把握できます。

ただし、このグラフ表示機能はMT5でのみ利用できるので、口座を開設する際にはMT4ではなく、MT5を選択することを忘れないようにしましょう。

Exnessのアプリに関するよくある質問と回答

Exnessのアプリは何種類ありますか?

Exnessでは、3種類のアプリ「MT4」「MT5」「Exnessトレードアプリ」を提供しています。

Exnessトレードアプリとは何ですか?

Exnessトレードアプリとは、Exnessが独自に開発したモバイルアプリで、口座残高や保有しているポジション、現在の損益などを確認に加えて、入金や出金、資金移動がアプリで完結できます。また、Exnessのアプリではトレードの損益を特定の期間を選択しグラフで確認することができるので、自身の取引のトレンドを簡単に把握できます。

MT4・MT5とは何ですか?

MT4アプリとMT5アプリは、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームで、BigBoss QuickOrderアプリは、BigBossが独自に開発したモバイルアプリです。

Exnessのアプリのメニューはどのような機能がありますか?

Exnessのアプリのメニューでは、口座メニュー、取引メニュー、マーケットメニュー、パフォーマンスメニューがあります。口座メニューは資金の入出金や口座間の資金転送、ポジションの管理が可能です。取引メニューは各通貨ペアのチャートを見ることができ、売買も可能です。マーケットメニューは経済イベントや最新ニュースを閲覧できます。パフォーマンスメニューは自身のトレードの利益と損失の確認ができます。

MT4・MT5の違いを教えてください。

MT4は、多くのトレーダーに長年利用されており、多様なインジケーターやEA(自動売買)の種類が豊富です。しかし、MT4の公式サポートは既に終了しており、重大なエラーが発生してもサポートを受けることはできません。一方で最新の後継機としてMT5は豊富な時間足やテクニカル指標の種類が標準で用意されており、軽快な取引が可能なアプリの軽さも魅力と言えます。しかし、MT5は対応している外部のインジケーターやEA(自動売買)の種類がまだ少なく、MT4を使い慣れているユーザーが多いので、MT5への移行がしにくいと感じるユーザーもいるため、MT5の普及は進んでいません。

メタトレーダーの機能では何がありますか?

MT4・MT5アプリのプラットフォームはテクニカル分析ツールやチャート、注文管理ツールなど、取引に必要な多くの機能を提供しています。

MT4・MT5はどこの会社が提供していますか?

MT4アプリとMT5アプリは、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームです。

MT4の主なメリットは何ですか?

MT4は自由度の高いカスタマイズが可能で、多くのインジケーターやEA(自動売買)が利用できます。

MT5の主なメリットは?

MT4よりも多機能で、多くの金融商品の取引に対応しており、高度なテクニカル分析ツールを提供しています。

MT4のデメリットは何ですか?

MT4は古いバージョンのため、表示制限やテクニカル指標の種類がMT5に比べて少ないです。また、MT4のプログラム言語MQL4に制約があり、高度なプログラムの開発に限界があります。

Exnessの口座開設に関するよくある質問と回答

Exnessの口座開設にかかる時間はどれくらいですか?

Exnessの口座開設フォームの入力は2~3分、口座を有効化するための書類提出に5分、書類の承認には最短10分ほどかかります。

Exnessの口座開設に必要な書類は何ですか?

本人確認書類と住所確認書類が1点ずつ必要です。

デモ口座は開設できますか?

Exnessではデモ口座を開設できます。

未成年でも口座開設できますか?

18歳以上であればExnessの口座開設は可能です。

口座開設に費用はかかりますか?

いいえ、Exnessの口座開設では費用や手数料は一切かからず、無料で開設できます。

口座開設の際に親の同意書は必要ですか?

Exnessの口座開設は18歳以上であれば誰でも口座開設が可能で、未成年であっても親の承諾や同意書、サインは不要です。

何種類の口座タイプがありますか?

Exnessは、スタンダード口座、スタンダードセント口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座の5つの口座タイプを提供しています。
全ての口座タイプでレバレッジ無制限の取引が可能、スワップフリーでポジションを保有できます。また、ゼロカットシステムを採用しており、口座残高がマイナスになることはなく、ロスカット水準は0%に設定されているため、口座残高の全額取引に使えます。

口座開設は日本語で行なえますか?

はい、Exnessでの新規口座開設の手続きは日本語で行えるため、英語が苦手な方でも安心して口座開設が可能です。

デモ口座とは何ですか?

デモ口座とは、リアルタイムの市場環境をシミュレートしており、実際の資金をいれずに仮想の資金で取引が体験できます。

取引口座を開設するとデモ口座も開設されますか?

はい、Exnessでアカウントを登録すると、自動的にデモ口座が開設されます。
また、Exnessのデモ口座は、アカウントを持っている方なら誰でも最大200口座まで開設可能で、口座残高や最大レバレッジを自由に調整できます。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索