BigBossの禁止事項まとめ
海外FX業者情報

[object Object]

海外FX業者

BigBoss

BigBossの禁止事項まとめ| ...

BigBossの禁止事項まとめ|口座凍結・出金拒否にならないための注意点

出金拒否や口座凍結は、実際にはユーザー側の規約違反ので起きている場合が多いです。

BigBossは信頼性の高いFX業者であり、利用規約を守り禁止事項などを行わない限り、理不尽に出金が拒否されることは避けられます。

また、BigBossが不当に出金拒否をした場合、金融ライセンスは剥奪されるので、不当な理由で出金拒否することはありません。

この記事では、実際にBigBossで出金拒否が起こるのか、口座凍結にならないための注意点を解説していきます。

海外FXで出金拒否や口座凍結が起こる原因

海外FX 出金拒否 口座凍結 原因 BigBoss

出金拒否などのトラブルが起こる主な原因は下記のような事例が考えられます。

原因

  • 悪徳FX業者による詐欺
  • 海外FX業者の倒産
  • トレーダーによる利用規約違反などの行為
  • 海外FX業者側のシステムエラーなどのトラブル

悪徳FX業者の場合、非常にお得なキャンペーンなどを開催し、さまざまな手口で勧誘してきます。

しかし、実際に取引を始めてみるとボーナスの反映がされなかったり、正当な理由がなく出金拒否や口座凍結されるなどの被害を受け、利益の出金ができず泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

悪徳業者の被害例

  • 出金申請が理由もなくキャンセルされる
  • ボーナス特典が付与されない、キャンセルされる
  • 問い合わせをしても返信が一切来ない
  • 一方的にアカウントを凍結、削除される
  • 利益分を出金する際に追加入金を迫られる

安全性や信頼性の高い海外FX業者を選ぶには、運営歴や所在地など会社の情報がしっかりと公表されているか、資金管理の方法などを事前に確認することで自分の資産を守れます。

ポイント

  • 運営歴や会社の情報が細かく明記されているか
  • 金融ライセンスを保持しているか
  • トレーダーの資金管理方法はどのように行われているか

金融ライセンスは、各国の金融機関で企業の状態や顧客の保護にまつわる基準が設けられており、厳しい基準をクリアしなければ取得できません。

悪徳業者の場合、金融ライセンスを保持せず無許可で営業していることも多いため、安全な海外FX業者を選ぶ基準として、金融ライセンスを保持しているかなど、事前に公式サイトで記載があるか確認することをおすすめします。

BigBossの安全性

BigBoss 安全性 海外FX

BigBossは2013年に設立され、2023年現在で10年目の長い運営歴があります。

BigBossはセントビンセントおよびグレナディーン諸島で正式に登録されている国際金融サービス提供企業です。

金融ライセンスの種類はさまざまで、審査の厳しさや規制の緩さは国ごとに異なります。

しかし金融ライセンスは業者の状況やトレーダーの保護に関することなど厳しく審査されるため、金融ライセンスを取得することは安全性や信頼性を示す証拠になります。

BigBossでの資金管理方法は、分別管理を実施しています。

分別管理は、投資家から預かった資産とFX会社の自社資産と分けて管理する方法です。

また、BigBossでの取引方式はNDD方式を採用しています。

DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すので、約定拒否や注文の取次をしないなど、トレーダーが不利になることが行われる可能性があります。

しかし、NDD方式を採用しているBigBossではトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高いことが分かります。

Bigbossで出金拒否が起こる原因

Bigboss 出金拒否 原因 海外FX
  • 書類に不備がある
  • 出金した口座の名義が本人確認書類の名義と異なる
  • 出金不可の銀行口座
  • 不正取引や規約違反を行った
  • ボーナス条件が未達成
  • ボーナスやキャッシュバックの制限
  • クレジットカードで入金した金額より多く出金する

書類に不備がある・名義が異なる

出金手続きに必要な書類に不備があったり、出金先の名義とBigBossの口座名義が異なる場合は出金が拒否されることがあります。

出金不可の銀行口座

SWIFTコードの登録がない銀行からの出金は受け付けられません。

不正取引や規約違反を行った

トレーダーの取引方法によっては、BigBossの判断で出金拒否が発生することがあります。

例として、大量のスキャルピング取引などが挙げられます。

ボーナス条件が未達成

BigBossが提供するボーナスには条件があり、条件を満たしていない場合も出金が拒否がおこる場合があります。

ボーナスを受け取る際には、条件を注意深く確認しましょう。

ボーナスやキャッシュバックの制限

BigBossでは、ボーナスやキャッシュバックキャンペーンを利用すると、一時的に出金が制限される場合があります。

クレジットカードで入金した金額より多く出金する

BigBossでは、クレジットカードでの出金は入金額と同額までとなっています。

クレジットカードでの出金は、入金額以上の金額は出金できず利益分は別の方法で出金しなければいけません。

BigBossで出金拒否の原因となる禁止事項

BigBoss 出金拒否 原因 禁止事項 海外FX

BigBossは、取引の公平性や安全性を確保するために、独自のルールや禁止事項を設けています。

下記のような禁止事項に該当する行為をすると、出金拒否や口座凍結などのペナルティーを受ける可能性があるため注意が必要です。

禁止事項

  • 自己を偽った本人確認書類を提出する
  • 複数口座間での両建て取引
  • 同一口座を複数人で利用する
  • EA(自動売買)を用いて過度な注文とキャンセルを繰り返す取引
  • 経済指標発表時のみを狙った取引
  • サーバーダウンやレートの遅延を狙った取引
  • ボーナスの不正取得

自己を偽った本人確認書類の提出

トレーダーが偽造や他人の身分証明書を使用してアカウントを開設する行為です。

偽造や他人の身分証明書の使用は、不正アクセスやマネーロンダリングのリスクを高めるため禁止されています。

複数口座間での両建て取引

一人のトレーダーが複数のアカウントを持ち、それらのアカウント間で相反する取引を行うことです。

相反する取引は、リスクを回避する目的での取引が行われる可能性がある。

同一口座を複数人で利用する

一つのアカウントを複数の人が共有して取引を行う行為です。

アカウントの共有は、アカウントの安全性を損なう可能性があります。

EA(自動売買)を用いた過度な注文とキャンセル

EAを使用して、短時間に多数の注文やキャンセルを繰り返す取引です。

多数の注文やキャンセルは、市場の流動性や安定性が損なわれる可能性があります。

経済指標発表時のみを狙った取引

重要な経済指標が発表される直前や直後の短時間だけを狙って取引を行う行為です。

経済指標発表時の取引は、市場の不安定性を利用したスキャルピングの一形態とみなされることがあります。

サーバーダウンやレートの遅延を狙った取引

BigBossのサーバーや通信環境に問題が発生している時を狙っての取引です。

サーバーや通信環境の問題を利用した取引は、他のトレーダーに不利益をもたらす行為として禁止されています。

ボーナスの不正取得

プロモーションやキャンペーンを悪用して、不正にボーナスを取得する行為です。

禁止事項に違反すると、出金の拒否や口座の凍結などのペナルティーが課される可能性があります。

トレーダーとしては、ルールを遵守し、安全かつ公平な取引を心がけることが重要です。

出金拒否が起こりにくい海外FX業者を選ぶポイント

出金拒否 海外FX ポイント 選び方

海外FX業者でトレードを始める際に、利用する業者が悪徳業者ではないか、FX業者の信頼性や安全性を見分けるポイントをご紹介します。

ポイント

  • 運営歴や会社概要の詳細が明記されているか
  • 金融ライセンスを取得しているか
  • トレーダーの資産の管理方法はどのように行われているか

安全性や信頼性の高い海外FX業者を選ぶには、運営歴や所在地など会社の情報がしっかりと公表されているか、資金管理の方法などを事前に確認することで自分の資産を守れます。

金融ライセンスについて

金融ライセンスとは

世界各国の金融機関ごとに決められた基準を満たすと、金融や投資を事業として扱うことが許可される資格のこと

金融ライセンスは、各国の金融機関で企業の状態や顧客の保護にまつわる基準が設けられており、厳しい基準をクリアしなければ取得できません。

金融ライセンスは業者の状況やトレーダーの保護に関することなど厳しく審査されるため、金融ライセンスを取得することは安全性や信頼性を示す証拠になります。

金融ライセンスを取得していないFX業者は、悪徳業者である可能性が高く、正当な理由がなく出金拒否されることもあるので注意してください。

資金管理方法について

FX取引のトレーダーの資金管理方法は「分別管理」と「信託保全」の2種類あります。

資金管理の方法

  • 分別管理:トレーダーの資金をFX業者の資金とは別に区分して管理する方法で、管理方法は外部機関でも社内管理でも良いとされている
  • 信託保全:トレーダーの資産をFX業者の資産と分別し、外部の信託銀行に預けて管理すること

分別管理は、投資家から預かった資産とFX会社の自社資産と分けて管理する方法ですが、必ずしも全ての業者が外部の機関で資金を管理しているわけではありません。

しかし、安全性のあるFX業者であれば、分別管理か信託管理のどちらかを採用しているので、FX業者を選ぶ際は資金管理方法もチェックしてみてください。

BigBossの禁止事項に関するよくある質問と回答

Bigbossで出金拒否が起こる原因を教えてください。

出金手続きに必要な書類に不備があったり、不正な取引や規約違反を行うと、BigBossは出金を拒否することがあります。また、BigBossが提供するボーナスには条件があり、条件を満たしていない場合も出金が拒否がおこる場合があります。クレジットカードでの出金は、入金額以上の金額は出金できず、利益分は別の方法で出金しなければいけません。

BigBossで出金拒否や口座凍結はおこりますか?

BigBossでは、利用規約を守り禁止事項などを行わない限り、理不尽に出金が拒否されることはありません。

友人と一緒に1つの口座を利用して取引することは認められていますか?

いいえ、BigBossでは同一口座を複数人で利用することは禁止されています。

経済指標発表時のみを狙った取引は禁止行為ですか?

はい、BigBossでは経済指標発表時のみを狙った取引が禁止されており、違反した場合は出金拒否や口座凍結などのペナルティーの対象になります。

EA(自動売買システム)を利用したスキャルピング取引は禁止されていますか?

いいえ、BigBossではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことが認められています。

両建ては禁止されていますか?

同一口座での両建ては許可されていますが、「複数口座での両建て」「他のFX業者の口座との両建て」「経済指標発表時の両建て」は禁止されています。

複数口座間での両建ては認められていますか?

いいえ、同一口座での両建ては許可されていますが、異なる口座での両建ては禁止されています。

例えば、他の口座でポジションを保有していることを忘れ、誤って両建てを行ってしまった場合や、裁量取引や自動売買で保有したポジションが両建てになってしまった場合も禁止事項に違反するため、注意が必要です。

禁止事項に違反した場合、口座凍結や利益を没収される可能性があるため、注意してください。

海外FXで出金拒否や口座凍結が起こる原因を教えてください。

出金拒否などのトラブルが起こる主な原因は下記のような4つの事例が考えられます。
①悪徳FX業者による詐欺②海外FX業者の倒産③トレーダーによる利用規約違反などの行為④海外FX業者側のシステムエラーなどのトラブル。
悪徳FX業者の場合、非常にお得なキャンペーンなどを開催し、さまざまな手口で勧誘してきます。
しかし、実際に取引を始めてみるとボーナスの反映がされなかったり、正当な理由がなく出金拒否や口座凍結されるなどの被害を受け、利益の出金ができず泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

BigBossでのボーナスの不正取得はどのようなものを指しますか?

BigBossが提供するボーナスには条件があり、その条件を満たしていない場合や、不正な手段でボーナスを取得しようとする行為を指します。

出金不可の銀行口座はありますか?

SWIFTコードの登録がない銀行からの出金は受け付けられません。

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索