FX取引におけるスキャルピングとは|スキャルピングのメリット・デメリットや国内FXと海外FXでのスキャルピングの比較を解説

海外FX業者

FXの基本知識

FX取引におけるスキャルピングと ...

FX取引におけるスキャルピングとは|スキャルピングのメリット・デメリットや国内FXと海外FXでのスキャルピングの比較を解説

スキャルピングは、短時間での小さな価格変動を利用して利益を得る取引方法です。

この記事では、スキャルピングの特徴やメリット・デメリット、国内FX業者と海外FX業者でのスキャルピングの比較について詳しく解説します。

スキャルピングとは

スキャルピングは、数秒や数分の短期間で何度も売買し、て利益を積み重ねていく取引方法です。

スキャルピングでは、短い時間内に細かい価格の変動を利用するため、一回の取引における利益の幅は比較的小さくなる傾向にあります。

しかし、スキャルピングは取引の頻度が高くなるため、トータルで見ると大きな利益を生み出す可能性があります。

また、効率的な取引の実現のためには、取引ツールの操作に熟練していることも重要です。

ポイント

  • 数秒から数分の間で売買を行う短期取引
  • 一回あたりの利益は小さく、頻繁な取引で利益を積み重ねる
  • 急な市場の変動に迅速に対応する能力が必要
  • 短期間の価格変動を正確に捉える分析力が必要

スキャルピングのメリット

  • 相場の変動に左右されにくい
  • リスクが少ない
  • 他の手法より上達しやすい

トレードは長期的であるほど相場の変動により利益が大きくなる可能性もあれば、損失が増えるリスクもあります。

しかし、スキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響を受けにくく、リスクが少ないです。

また、スキャルピングは短い時間で多くの回数の取引を繰り返し行うため、必然的に他の取引方法より取引経験が増えやすくなります。

短期的なチャートの変動に対し、傾向やコツをつかむとより勝率を上げることが可能です。

スキャルピングのデメリット

  • 通信環境が影響する
  • トレード回数が多い分、手数料が発生する
  • スリッページで損失が発生する可能性がある

通信環境が悪いとチャートの変動が確認できなかったり取引が不利になる可能性もあるので、スキャルピングを行う前に、事前に通信環境は整えておきましょう。

また、スキャルピングでは取引回数を重ねるほど、スプレッドや取引手数料のコストがかかり利益が出せない場合があります。

スプレッドは取引する通貨ペアや業者によっても異なり、スプレッドが広がりやすい時間帯があります。

スキャルピングでは、注文レートと約定レートに差が生まれるスリッページによる損失にも注意が必要です。

国内FX業者と海外FX業者でのスキャルピングの比較

国内FX業者と海外FX業者でのスキャルピングの違いは、以下のとおりです。

  • レバレッジの違い
  • スプレッドや取引環境の違い
  • 取引ツールと日本語サポートの違い
  • 安全性と信頼性の違い
海外FX国内FX
スプレッド(取引コスト)広い狭い
スワップポイント低い高い
スワップフリーあるない
レバレッジ数百~数千倍以上最大25倍
ボーナス口座開設・入金でもらえる取引量に応じてもらえる
(条件が厳しめで少額)
ロスカット水準0~20%50%~100%
追証ないある
ゼロカットシステムあるない
取引の透明性高い(NDD方式)やや低い(DD方式)
取扱い商品多い少ない
税金15%~55%一律で約20%
信頼性・安全性業者による
(一部の詐欺業者に注意)
高い
日本語サポート業者によるある

レバレッジの違い

海外FX業者では、数百倍から数千倍などの非常に高いレバレッジが設定されていることが多く、少額の資金で大規模な取引が可能です。

高いレバレッジは大きな利益を生み出す機会を提供しますが、同時に高いリスクも伴います。

  • 海外FX業者の最大レバレッジ:数百倍から数千倍以上
  • 国内FX業者の最大レバレッジ:25倍まで

スプレッドや取引環境の違い

海外FX業者はスキャルピングを積極的に許可しており、口座タイプによっては、低いスプレッドを提供しており、トレーダーは小さな価格変動から利益を得やすくなります。

一方、国内FX業者ではスキャルピングに対する制限が多いです。

  • 海外FX業者:スキャルピングを積極的に許可し、低いスプレッドを提供
  • 国内FX業者:スキャルピングに対する制限が多い

取引ツールと日本語サポートの違い

海外FX業者は、MT4・MT5などの高度な取引ツールや分析ツールを提供し、トレーダーがより効果的に市場を分析し取引するのを支援します。

一方で、国内FX業者は日本語サポートが充実しており、初心者でも扱いやすいツールを提供しています。

  • 海外FX業者:先進的な取引ツールや分析ツールを提供することが多い
  • 国内FX業者:日本語サポートが充実しており、初心者にも扱いやすい

安全性と信頼性の違い

海外FX業者の中には、詐欺や出金拒否のリスクが存在する場合もあり、信頼性の面で懸念があります。

一方、国内FX業者は金融庁の規制の下で運営されており、信託保全などの安全対策が整っています。

  • 海外FX業者:一部に詐欺や出金拒否のリスクがある
  • 国内FX業者:金融庁の規制下で運営され、信託保全などの安全対策が整っている

国内FX業者でのスキャルピングの特徴

国内FX業者でのスキャルピングは、特有の環境と規制の枠組みの中で行われます。

特徴

  • 海外FX業者と比較するとスプレッドが狭い
  • 信託保全があり、出金拒否の心配が少ない
  • 日本語サポートが充実
  • 最大レバレッジ25倍までと制限がある
  • 追証が発生する
  • 一部の国内FX業者ではスキャルピングに対して制限がある

海外FX業者と比較するとスプレッドが狭い

国内FX業者では、海外FX業者と比較すると、スプレッドが狭い傾向にあります。

スプレッドが狭いほど、取引コストが低くなり、少ない価格変動でも利益を得やすくなります。

信託保全があり、出金拒否の心配がない

海外FX業者では、日本の金融ライセンスを取得していない場合が多く、万が一倒産した場合、証拠金が返還されないことがあります。

国内のFX業者は金融庁による許可や登録を受けて運営しているため、規制や監督の下で業務を行っており、何か問題が発生した場合、証拠金は返還されるため、安心してスキャルピングを行えます。

レバレッジや取引に制限がある

また、海外FX業者ではゼロカットシステムが適用され、損失が証拠金を超えても業者がその超過分を負担し、口座残高をゼロに戻しますが、国内FX業者では、追証(追加証拠金)による追加の資金を用意する必要があります。

国内FX業者でスキャルピングを行う際には、業者ごとの規約や取引条件をよく理解し、適切なリスク管理を行うことが重要です。

海外FX業者でのスキャルピングの特徴

海外FX業者の多くでは、スキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも許可されている業者があります。

特徴

  • 高いレバレッジが利用できる
  • ゼロカットシステムを採用
  • 取引環境の柔軟性
  • EA(自動売買)が利用できる
  • スプレッドが変動性
  • トラブルのリスク

高いレバレッジが利用できる

海外FXでは通常、数百倍や数千倍の非常に高いレバレッジを利用できます。

少額の資金でも大きな取引が可能になり、スキャルピングでの利益機会が拡大します。

ゼロカットシステムを採用

外海FX業者ではゼロカットシステムが適用され、損失が証拠金を超えても業者がその超過分を負担し、口座残高をゼロに戻してもらえます。

取引環境の柔軟性

多くの海外FX業者はスキャルピングを許可しており、トレーダーは自由に短期取引を行えます。

また、EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングも広く認められており、効率的かつ精度の高い取引が可能です。

スプレッドの変動性

海外FX業者ではスプレッドが変動制であることが多く、市場状況に応じてスプレッドが変わるので注意が必要です。

トラブルのリスク

海外FX業者は日本の金融庁の管轄外にあるため、トラブル時のリスク管理に注意が必要です。

海外FX業者でのスキャルピングは、ハイレバレッジや取引の柔軟性など多くのメリットがありますが、それに伴うリスクも理解し、慎重に取引を行うことが重要です。

海外FX業者でのスキャルピングのメリット

  • 多くの海外FX業者でスキャルピングを許可している
  • ゼロカットシステムにより追従が発生しない
  • ボーナスを利用したスキャルピングが可能
  • レバレッジが国内FX業者より高い

多くの海外FX業者でスキャルピングを許可している

そのため、スキャルピングを行いたいトレーダーは、限られた選択肢の中から適切な業者を見つける必要があります。

一方、海外FX市場ではスキャルピングを許可している業者が多数存在しています。

多くの海外FX業者は、短期売買に最適な条件を備えた低スプレッド口座を提供しており、トレーダーは自身の好みに合わせて業者を選ぶことが可能です。

ただし、一部の業者では特定の取引条件に制限が設けられていることもありますが、全体的に見ると海外FX市場はスキャルピングに対して比較的柔軟な姿勢を取っています。

ゼロカットシステムにより追従が発生しない

海外FX業者には、ゼロカットシステムと呼ばれる独自の制度が設けられています。

ゼロカットシステムは、トレーダーの損失が証拠金を超えた場合、その超過分を業者が負担するというものです。

海外FXでは高いレバレッジを使った取引が可能ですが、それに伴い損失が拡大するリスクもあります。

しかし、ゼロカットシステムのおかげで、証拠金以上の損失を心配する必要がないのが、海外FXの大きな利点です。

ボーナスを利用したスキャルピングが可能

国内FX業者では、日本の法律によりプロモーション活動に一定の制限を受けていますが、海外FX業者は、国内FX業者と比較して類を見ないほど魅力的なボーナスキャンペーンを提供しています。

例えば「口座開設ボーナス」や「入金ボーナス」などがあり、ボーナスは証拠金として取引に使用できます。

特に口座開設ボーナスは、口座を開設するだけで無料で受け取ることができるため、自己資金を追加せずスキャルピングを行えます。

レバレッジが国内FX業者より高い

日本国内のFX市場では、法律によって最大レバレッジが25倍に制限されており、スキャルピングでの大規模な利益獲得は難しい状況があります。

一方、海外FX市場では、業者ごとにレバレッジが設定されており、何千倍などの高いレバレッジを活用できます。

高いレバレッジにより、海外FXでは少ない資金でも効率的に大きな取引を行い、より大きな利益を得るチャンスが広がります。

海外FX業者でのスキャルピングのデメリットと注意点

  • スキャルピングが許可されていても禁止されている取引がある
  • 取引コストがかかる
  • 詐欺・出金拒否の可能性
  • 日本の金融庁の管理外

スキャルピングが許可されていても禁止されている取引がある

海外FX業者においてスキャルピングが許可されている場合でも、業者の規約によっては特定の取引方法が禁止されていることがあります。

禁止取引の一例

  • 複数の口座を利用した両建て取引
  • 経済指標発表時のハイレバレッジ取引
  • 窓埋めを目的とした取引
  • 裁定取引(アービトラージ)

取引コストがかかる

スキャルピング取引では、短期間に頻繁に取引を行うことが多いため、各取引で発生するスプレッドが積み重なり、大きなコストとなることがあります。

利益を最大化するためには、スプレッドが狭い海外FX業者の選択が重要ですが、低スプレッドを提供する業者や口座では取引手数料が発生することもあり、結果として全体の取引コストに大きな差は生じない場合もあります。

詐欺・出金拒否の可能性

海外FX会社からの資金出金時には、トラブルが発生することがあります。

例えば、利益を出金しようとした際に、業者との連絡が途絶える詐欺的な状況が生じることがあります。

また、出金が認められたとしても、高額な手数料が請求され、振込までに数週間から数ヵ月を要するケースもあります。

日本の金融庁の管理外

海外FX会社とのトラブルに際して、公的機関による介入は困難です。

その主な理由は、多くの海外FX会社が日本の金融庁に登録されていないため、日本の法律に基づく正式な苦情提出ができないからです。

個人的に弁護士を雇い対処することは可能ですが、問題解決が困難なケースが多いため、注意が必要です。

海外FX業者を利用する際は、このようなリスクを十分に理解し、慎重に対応することが重要です。

まとめ

スキャルピングは、数秒から数分の短い時間で取引を繰り返す方法で、小さな価格変動を利用して利益を得ることを目指します。

国内FX業者でのスキャルピングは、狭いスプレッドによる低い取引コストが魅力ですが、レバレッジ制限により大きな資金が必要になる場合があります。

一方で、海外FX業者は高いレバレッジにより大きな利益を狙えるものの、スプレッドが広く取引コストが高くなる可能性があります。

中には、スプレットが狭い口座タイプを用意している業者もありますが、トレーダーは自身の取引スタイルとリスク許容度に応じて適切な業者を選択することが重要です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索