国内FXと海外FXのレバレッジの違いや比較、メリット・デメリットを徹底解説!

FXの始め方

海外FXと国内FX

国内FXと海外FXのレバレッジの ...

国内FXと海外FXのレバレッジの違いや比較、メリット・デメリットを徹底解説!

FXには、資金を何十倍も増やして取引できる「レバレッジ」というシステムが存在します。

レバレッジをかけると、自分の口座にある資金を担保に、その数十倍の金額での取引ができます。

国内FX業者には25倍までの制限が設けられていますが、海外FX業者では、業者ごとにレバレッジが異なり、最大1,000倍や無制限で取引ができる業者もあり、特に制約は設けられていません。

少ない資金でも、レバレッジを活用することで大きな取引ができます。

この記事では、国内FXと海外FXのレバレッジの違いや特徴、メリット・デメリットなどについて詳しく解説します。

国内FXのレバレッジの特徴

国内FX業者は、金融庁の規制により、レバレッジの上限が25倍までと定められています。

金融庁の規制は、過去の経験から投資家を過度なリスクから守るための措置として導入されました。

国内FX取引は、投資家の資産の安全を最優先としています。

そのため、国内FX業者は厳しい資本基準や顧客資産の分別管理などのルールを守る必要があります。

国内FX業者で取引を行う際、投資家が最も気をつけるべきリスクの一つが、証拠金を超える損失が発生する「追証」のリスクです。

国内FXでは追証のリスクがありますが、海外FXではゼロカットシステムによりそのリスクが軽減されています。

追証とは

追証は、FX取引での損失が証拠金を超えた場合、その差額を業者に追加で支払う必要が生じることを指します。

例えば、100万円の証拠金で取引を行っている場合、その損失が110万円になったとすると、10万円の追証が発生します。

日本のFX業者では、市場の急激な変動などにより、証拠金を超える損失が発生する場合、追証が発生する可能性があります。

海外FXのレバレッジの特徴

海外FX業者は、特定の国や地域の規制を受けないため、500倍、1,000倍といった非常に高いレバレッジを提供できます。

また、多くの海外FX業者で「ゼロカットシステム」を採用しており、追証のリスクが発生しないようになっています。

高いレバレッジを利用することで、大きな利益を狙うことができますが、同時に大きな損失を被るリスクも増大します。

取引を行う際には十分なリスク管理が必要です。

また、海外FXを利用する際には、不正な業者も存在するため、選定には十分な注意が必要です。

業者の信頼性やサービス内容、取引条件などをしっかりと確認することが重要です。

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムは、証拠金を超える損失が発生した場合、自動的に全てのポジションを決済し、損失を証拠金の額までに制限するシステムです。

ゼロカットシステムにより、投資家は証拠金以上の損失を被るリスクがなくなります。

国内FXのレバレッジのメリット・デメリット

メリット

  • 金融庁の厳しい規制のもとで運営されているため、安全性が高い。
  • 初心者や安全を重視する投資家に向いている。

国内FXのレバレッジは、金融庁の規制により、最大25倍までのレバレッジが設定されているため、過度なリスクを取ることが抑制されます。

また、国内FX業者は厳しい資本基準や顧客資産の分別管理などのルールを守る必要があり、投資家の資産の安全が保たれます。

デメリット

  • 取引の制限がある

レバレッジが25倍までと制限されているため、大きな取引を望む投資家には物足りない場合があります。

海外FXのレバレッジのメリット・デメリット

メリット

  • 高いレバレッジを利用することで、大きなリターンを狙うことができる。
  • 取引の自由度が高く、さまざまな投資戦略を試すことができる。

海外FXのレバレッジでは、500倍、1,000倍、無制限といった非常に高いレバレッジを提供する業者も存在し、大きな利益を狙うことが可能です。

また、特定の国や地域の規制を受けないため、取引の自由度が高いです。

デメリット

  • 高いレバレッジにより、大きな損失のリスクも増大する。
  • 業者によっては信頼性が低い場合があり、リスクが高まる。

高いレバレッジを利用することで、損失のリスクも大きくなります。

また、不正な業者も存在するため、業者選びには十分な注意が必要です。

国内FXと海外FXのおすすめポイント

国内FX

国内FXは安全性を重視し、リスクを抑えるためのレバレッジ規制があります。

初心者や安全を求めるトレーダーに向いています。

海外FX

海外FXは自由度が高く、高いレバレッジを活用して大きな利益を狙うことができますが、それに伴うリスクも高まります。

経験が豊富なトレーダーや高リスクを受け入れることができるトレーダーに向いています。

海外FX業者の選び方とポイント

FXの取引を進める上で、信頼できる業者の選定は非常に重要です。

特に、海外FX業者には数多くのオプションが存在し、どれが最適かを判断するのは難しい場面もあります。

海外FX業者を選ぶ際のポイントを5つ紹介します。

  • 規制とライセンス
  • 取引条件
  • ゼロカットシステムの有無
  • サポート体制
  • 取引プラットフォーム

規制とライセンス

業者がどの国や地域の規制を受けているかを確認しましょう。

例えば、英国のFCAやキプロスのCySECなど、信頼性の高い規制当局からのライセンスは、業者の信頼性を示す指標となります。

また、ライセンス番号の確認も重要です。

公式サイトに記載されているライセンス番号を、規制当局の公式サイトで確認することで、その業者が正当なライセンスを持っているかを確かめることができます。

取引条件

取引コストとしてのスプレッドの狭さを確認しましょう。

狭いスプレッドは、取引コストを抑えることができます。

また、高いレバレッジは大きな利益のチャンスですが、リスクも高まります。

自身のリスク許容度に合わせて適切なレバレッジを選べる業者を探しましょう。

一部の業者では、取引手数料を取る場合があります。

隠れたコストがないか、明確に手数料が表示されているかを確認してください。

ゼロカットシステムの有無

ゼロカットシステムを採用している業者は、証拠金を超える損失が発生した場合でも、追加の支払い義務が発生しないため、投資家の資産を守ることができます。

サポート体制

日本語サポートが提供されているかは、トラブル時のコミュニケーションをスムーズにするために重要です。

24時間サポートを提供している業者や、日本時間でのサポート時間を明確にしている業者を選ぶと安心です。

また、電話、メール、チャットなど、多様な方法でのサポートが提供されているかを確認しましょう。

取引プラットフォーム

プラットフォームの使いやすさや、直感的な操作が可能かどうかをデモ取引で確認することが推奨されます。

必要なチャートツールやテクニカル分析ツールが備わっているか、注文方法のバリエーションが豊富かなど、取引に必要な機能がそろっているかを確認しましょう。

まとめ

レバレッジをかけた取引は、高いリターンを目指すことができる反面、リスクも増大します。

特に、海外FXでは非常に高いレバレッジを利用することができるため、取引を行う際には十分な注意が必要です。

国内FXは安全性が高い一方で、レバレッジの上限があるため、取引の幅が狭まることがあります。

どちらの取引を選ぶかは、投資家のリスク許容度や取引の目的によって異なりますが、十分な情報収集と計画をもとに、安全な取引を心がけることが大切です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索