FX取引におけるロットとポジションとは|最大ロット数や制限について徹底解説

FXの始め方

FXの基本知識

FX取引におけるロットとポジショ ...

FX取引におけるロットとポジションとは|最大ロット数や制限について徹底解説

最大ロット数や最大ポジション数はFX業者により異なります。

制限や利用規約を守らず取引した場合、利益没収や口座凍結などのペナルティーを受ける可能性があるため、取引条件は事前に把握しておく必要があります。

この記事ではFX取引でのロット数やポジション数について詳しく解説します。

ポジション数とは

FX取引では、まず「ポジション」を持ち取引を始めます。

ポジションとは、「米ドル/円」などの通貨ペアを購入し保持したり、売りに出している状況のことを表し、ポジション数は口座で保持している未決済の注文数を表します。

また、最大ポジション数は、1口座ごとの注文数の上限を表した数値のことで、FX業者や口座タイプ、取引プラットフォームごとで保持できる最大ポジション数が異なります。

注意点として、最大ポジション数は、証拠金残高が十分にあったとしても、制限数を超えて新規のエントリーを行うことはできないので注意してください。

また、過剰なポジションを持つと、サーバーに負荷がかかり、口座凍結の原因となる可能性があるため、注意が必要です。

ポジション数の計算方法

ポジション数は、指値注文の数も含まれます。

ポジション数の計算方法は、保有しているポジションと指値注文(予約注文)を含めた注文数です。

計算方法

指値注文数+現在保有しているポジション数

ロット(Lot)数とは

ロットは、FX取引をする通貨の取引量を表す単位のことで、FXの取引単位には「ロット」が主に用いられます。

国内FX業者と海外FX業者では、このロットの定義が異なります。

日本国内のFX業者では、1ロット=10万通貨が標準的な設定ですが、一部のFX業者では、0.01ロット=1,000通貨のように、より小さなロットサイズを提供している場合があります。

  • 国内FX業者:1ロット = 1万通貨
  • 海外FX業者:1ロット = 10万通貨

また、ロット数はFX業者によって異なる取引量が定められており、同じ業者でも口座タイプごとによっても異なる場合があります。

トレードを行う際、ロット数を指定することで取引の量を決めますが、取引数量であるロット数が多いほど、利益が増える可能性は大きくなる一方で、損失も大きくなる可能性があります。

海外FX業者でのロット数

海外FX業者での取引は、一般的に1ロットの単位は10万通貨とされています。

  • USD/JPY(ドル円):10万通貨=10万ドル=約1,400万円
  • EUR/JPY(ユーロ円):10万通貨=10万ユーロ=約1,600万円

  (※1ドル=140円・1ユーロ=160円の場合)

しかし、これだけの大量の通貨を直接取引するのは資金的にも困難です。

そこで利用されるのがレバレッジです。

レバレッジを用いることで、少ない資金で大きな取引を行うことが可能になります。

外国為替市場では「ロット」という単位と「レバレッジ」という仕組みを駆使して、多額の通貨取引を行います。

これにより、投資家は少ない資金で大きな利益を目指すことができます。

国内FX業者でのロット数

国内のFX業者と海外のFX業者では、取引単位に大きな違いがあります。

国内では、一般的に1ロットが1万通貨とされていますが、海外FX業者では1ロットが10万通貨となっており、これは国内FX業者の10倍の量です。

  • 国内FX業者:1ロット=1万通貨=1万ドル=約140万円
  • 海外FX業者:1ロット=10万通貨=10万ドル=約1,400万円

  (※1ドル=140円の場合)

また、国内FX業者では、取引に安全性をもたらすために金融庁によってレバレッジは最大25倍に制限されています。

レバレッジの制限は、投資家を過度なリスクから守るための措置です。

最大ロット数の種類

海外FXにおける「最大ロット数」には、2つの異なる意味があります。

  • 1ポジションでの最大ロット数
  • 全取引で保有できる最大ロット数

1ポジションでの最大ロット数

「1ポジションでの最大ロット数」とは、1回の注文で保有できる最大ロット数のことです。

例えば、ある業者が1ポジションの最大ロット数を100ロットに設定している場合、トレーダーは1回の注文で最大100ロットまで取引できることになります。

多くの海外FX業者が設定している最大ロット数は、50ロットから1,000ロットの範囲です。

全取引で保有できる最大ロット数

「全取引で保有できる最大ロット数」はトレーダーが同時に保有できる全ポジションのロット数の合計上限を指します。

例えば、ある業者が一度に保有できるポジション数を200と設定し、各ポジションの最大ロット数を50としている場合、全ポジション合計で最大1万ロットまで取引することが可能です。

最大ロット数の制限は、投資家がリスクを管理し、資金を効率的に運用するためのガイドラインとして機能します。

また、業者によってこれらの数値は異なるため、取引を開始する前に各業者の規定を確認し、自身の取引スタイルや戦略に合った業者を選ぶことが重要です。

海外FXの最大ロットの注意点

  • 最大ロット数とレバレッジ制限
  • 口座タイプ別のロット数設定の違い
  • FX業者によりCFD取引での最大ロット数が異なる

最大ロット数とレバレッジ制限

最大ロット数を活用する際は、レバレッジの制限も考慮する必要があります。

一定の取引量を超えるとレバレッジが制限される場合が多いです。

取引量レバレッジ制限の一例
30万ドル未満2,000倍
30万ドル~100万ドル1,000倍
100万ドル~200万ドル500倍
200万ドル~300万ドル200倍
300万ドル~500万ドル100倍
500万ドル以上50倍

口座タイプ別のロット数設定の違い

海外FX業者の取引では、提供される口座タイプによって最大ロット数が異なる場合があります。

例えば、同じFX業者でも、A口座では最大200ロット、B口座では最大100ロットまでなどに設定されていることがあるので、口座開設を行う前に確認しておくことをおすすめします。

口座タイプ最大ロット数の制限の一例
A口座200ロット
B口座100ロット
C口座50ロット

FX業者によりCFD取引での最大ロット数が異なる

エネルギー、株価指数など、銘柄によって最大ロット数が大きく異なるため、取引前には各銘柄の条件を確認し、適切な取引計画を立てることが求められます。

まとめ

この記事では、FX取引におけるポジション数とロット数について詳しく解説しました。

最大ポジション数や最大ロット数はFX業者によって異なるため、取引を行う前にこれらの制限を理解し、遵守することが重要です。

また、レバレッジの制限や口座タイプによるロット数の違い、さらにCFD取引における最大ロット数の違いにも注意が必要です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索