OQtimaでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

OQtima

OQtimaでスキャルピングは可 ...

OQtimaでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

OQtima(オクティマ)は、キプロスのリマソールに本社を構える実績豊かな海外FX業者で、30年を超える経験を積んだ業界のベテランたちが手を組み、揺るぎない取引環境を提供しています。

また、OQtimaはECN方式を採用しており、狭いスプレッドと高速な注文執行、かつ透明な取引を実現しています。

この記事ではOQtimaでのスキャルピングについてや、スキャルピングのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

OQtimaでのスキャルピング

海外のFX業者の中でもOQtimaはスキャルピングに適している業者と言われており、スキャルピングに向いた取引環境を提供しています。

国内業者と比べるとハイレバレッジでの取引が魅力で、多くのトレーダーがスキャルピングで大きな利益を追求しています。

スキャルピングとは

数秒や数分の短い時間で何度も繰り返し売買して利益を積み重ねていく取引方法

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くあります。

また、他のFX業者では、スキャルピングトレードを認めていても、EA(自動売買システム)を使ってスキャルピングすることは禁止している業者もありますが、OQtimaではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも可能です。

OQtimaではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングトレードができます。

スキャルピングのメリット

  • 相場の変動に左右されにくい
  • リスクが少ない
  • 他の手法より上達しやすい

トレードは長期的であるほど相場の変動により利益が大きくなる可能性もあれば、損失が増えるリスクもあります。

しかし、スキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響を受けにくく、リスクが少ないです。

また、スキャルピングは短い時間で多くの回数の取引を繰り返し行うため、必然的に他の取引方法より取引経験が増えやすくなります。

短期的なチャートの変動に対し、傾向やコツをつかむとより勝率を上げることができます。

スキャルピングのデメリット

  • 通信環境が影響する
  • トレード回数が多い分、手数料が発生する
  • スリッページで損失が発生する可能性がある

通信環境が悪いとチャートの変動が確認できなかったり取引が不利になる可能性もあるので、スキャルピングを行う前に、事前に通信環境は整えておきましょう。

またスキャルピングでは取引回数を重ねるほど、スプレッドのコストがかかり利益が出せない場合があります。

スプレッドは取引する通貨ペアや業者によっても異なり、スプレッドが広がりやすい時間帯があります。

スキャルピングでは、注文レートと約定レートに差が生まれるスリッページによる損失にも注意が必要です。

OQtimaでスキャルピングを行うメリット

OQtimaでスキャルピング取引を行うメリットをご紹介します。

  • EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能
  • 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  • ECN方式を採用で高速な注文執行と取引の透明性が高い
  • OQtima ONE口座では取引手数料が無料

EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能

OQtimaはスキャルピングが公式に認められているだけでなく、EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能です。

EAを活用すると、市場の変動を24時間監視し、最適なタイミングで自動的に取引を行うことが可能になるため、特に忙しいトレーダーや複数の戦略を同時に実行したいトレーダーにとって非常に有効です。

業界トップクラスのスプレッドの狭さ

OQtimaの最大の特徴は業界トップクラスのスプレッドの狭さです。

複数のLP(Liquidity Provider)から提供される価格を統合し、幅広い金融商品において、競争力のある狭いスプレッドと充実したマーケットデプスを提供しております。

スプレッドの狭さは、特にスキャルピングにおいて重要な要素であり、トレーダーが少ない価格差で頻繁に取引を行うことを可能にします。

狭いスプレッドにより、利益を最大化しやすく、コストを最小限に抑えることができます。

ECN方式を採用で高速な注文執行と取引の透明性が高い

OQtimaはECN(エレクトロニック・コミュニケーション・ネットワーク)方式を採用しています。

ECN方式により、高速で確実な注文執行が可能となり、市場のリアルタイム価格に基づいた取引が実現します。

また、取引の透明性が高く、公正な取引環境を提供します。

OQtima ONE口座では取引手数料が無料

OQtimaのONE口座では、取引手数料が無料です。

トレーダーは取引コストを気にせず、小さな価格変動を利用したスキャルピングを行うえます。

OQtimaでスキャルピングを行うデメリットと注意点

OQtimaでスキャルピングを行う際に気をつけなければならない注意点とデメリットをご紹介します。

  • 口座タイプで異なるスプレッドが設定されている
  • ECN+口座では取引1回ごとに$3.50の手数料が発生

口座タイプで異なるスプレッドが設定されている

下記の表から、OQtimaではECN+口座とOQTIMA ONE口座の2つの口座タイプで異なるスプレッドが設定されていることがわかります。

通貨ペアECN+口座 (Min)ECN+口座 (Avg)OQTIMA ONE口座 (Min)OQTIMA ONE口座 (Avg)
AUDUSD0.000.141.001.14
EURJPY0.000.801.001.80
EURUSD0.000.121.001.12
GBPCAD0.002.091.003.09
GBPJPY0.001.611.002.61
GBPUSD0.000.361.001.36
USDCHF0.000.601.001.60
NZDUSD0.000.401.001.40

また、OQtimaのスプレッドは市場の状況に応じて変動するので注意が必要です。

ECN+口座では取引1回ごとに$3.50の手数料が発生

OQtimaのECN+口座を使用する場合、トレーダーは取引1回ごとに$3.50の手数料が発生することに注意が必要です。

キャルピングでは小さな価格変動を利用するため、手数料がトータルの利益に大きな影響を与える可能性があります。

取引回数が多いほど、手数料の総額も増加し、それが利益を減少させる原因となることがあります。

まとめ

この記事では、OQtimaでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

OQtimaではスキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。

OQtimaは、業界トップクラスの狭いスプレッド、ECN方式による高速取引と透明性の高さといった複数のメリットを提供します。

特に、OQtima ONE口座では取引手数料が無料であるため、頻繁な取引を行うスキャルピングにおいては大きな利点です。

一方で、異なる口座タイプでスプレッドが異なることや、ECN+口座で取引ごとに$3.50の手数料が発生することは、注意が必要なデメリットです。

OQtimaでスキャルピングを行う際は、上記のメリットを最大限活用すると同時に、デメリットに対する適切な対策を講じることが重要です。

適切な口座選択と戦略を策定し、コストと利益のバランスを考慮することで、スキャルピングでの成功を目指せます。

OQtimaのスキャルピングに関するよくある質問と回答

スキャルピングは、数秒や数分の短い時間で何度も繰り返し売買して利益を積み重ねていく取引方法ですが、魅力はなんでしょうか

ハイレバレッジでの取引が魅力で、多くのトレーダーがスキャルピングで大きな利益を追求しています。またスキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響を受けにくく、リスクが少ないのも魅力です。

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くあります。なぜOQtimaはスキャルピングができるのですか。

OQtimaは、スキャルピングに向いた取引環境を提供しているからです。

 OQtimaではスキャルピングトレードで、EA(自動売買システム)を使ってスキャルピングすることができますか。ペナルティはありませんか?

出来ます。OQtimaではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングトレードができます。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索