OQtimaの基本情報|特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

海外FX業者

OQtima

OQtimaの基本情報|特徴・メ ...

OQtimaの基本情報|特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

OQtimaの基本情報

OQtima(オクティマ)は、キプロスのリマソールに本社を構える実績豊かな海外FX業者です。

30年を超える経験を積んだ業界のベテランたちが手を組み、揺るぎない取引環境を提供しています。

この信頼の企業の核となるのは、TMGMやICMarketsでその才能を磨いたプロフェッショナルたちです。

彼らは、その知識と情熱をOQtimaに注ぎ込んでいます。

さらに、サッカー界のレジェンドであり、元イタリア代表のジャンルイジ・ブッフォン氏がパートナーとして加わり、その名声をさらに高めています。

OQtimaの基本情報
運営会社CDE Global Markets Ltd
設立年2023年
会社住所Franklin Roosevelt 247, Limassol 3046, Cyprus
ライセンスモーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
セーシェル金融サービス(FSA)
キプロス証券取引委員会(CySEC)
顧客資産の管理分別管理
取引プラットフォームMeta Trader 4(MT4), Ctrader
対応端末Android用MT4
iOS用MT4
Android用 Ctrader
iOS用 Ctrader
カスタマーサポートメール:support@oqtima.com
日本語対応

OQtimaの金融ライセンス

金融ライセンスとは

金融ライセンスとは、金融監督機関(金融を管理するための公的機関)から与えられる金融商品取引業を営業する許可、認可、登録を指す

OQtimaは下記3つの金融ライセンスを取得しています。

  • モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)
  • セーシェル金融サービス(FSA)
  • キプロス証券取引委員会(CySEC)

金融ライセンスの種類はさまざまで、審査の厳しさや規制の緩さは国ごとに異なります。

金融ライセンスは、業者の状況やトレーダーの保護に関することなど厳しく審査されるため、金融ライセンスを取得するということは、金融監督機関が定める規定、規制に従う義務があることを意味します。

金融ライセンスを取得していないFX業者は、正当な理由がなく出金拒否されることもあるので、注意してください。

資金管理方法について

資金管理方法は、2種類「分別管理」と「信託保全」がありますが、OQtimaではトレーダーの資金をTier1レベルの銀行で分別管理し、企業資金とは別に保管されています。

分別管理とは、金融商品取引法で義務付けられた、トレーダーの資金は別々に区分して管理する方法のことです。

分別管理と信託保全

  • 分別管理:トレーダーの資金をFX業者の資金とは別に区分して管理する方法で、管理方法は外部機関でも社内管理でも良いとされている
  • 信託保全:トレーダーの資産をFX業者の資産と分別し、外部の信託銀行に預けて管理すること

OQtimaの取引環境の特徴

取引環境
最大レバレッジ500倍
スプレッド0.0〜
取引単位100,000通貨/1ロット
最小取引単位0.01ロット
ゼロカットシステム
マージンコール80%
ロスカット20%
取引プラットフォームMT4、Ctrader

スプレッド

OQtimaの最大の特徴は業界トップクラスのスプレッドの狭さです。

複数のLP(Liquidity Provider)から提供される価格を統合し、幅広い金融商品において、競争力のある狭いスプレッドと充実したマーケットデプスを提供しております。

下記の表から、OQtimaではECN+口座とOQTIMA ONE口座の2つの口座タイプで異なるスプレッドが設定されていることがわかります。

トレーダーは、自身の取引スタイルや頻度に応じて、最適な口座タイプを選択できます。

通貨ペアECN+口座 (Min)ECN+口座 (Avg)OQTIMA ONE口座 (Min)OQTIMA ONE口座 (Avg)
AUDUSD0.000.141.001.14
EURJPY0.000.801.001.80
EURUSD0.000.121.001.12
GBPCAD0.002.091.003.09
GBPJPY0.001.611.002.61
GBPUSD0.000.361.001.36
USDCHF0.000.601.001.60
NZDUSD0.000.401.001.40

※ MIN: 最小スプレッド, AVG: 平均スプレッド

特に、高頻度で取引を行うトレーダーにとっては、狭いスプレッドは大きな利点となります。

スプレッドは取引を行うたびに増えていくので、スキャルピングなどの短時間で取引を行う手法では、取引所を選定する際に非常に重要な指標です

レバレッジ

OQtimaでは、最大500倍のレバレッジをご利用いただけます。これにより、限られた資金でも、大規模な取引を実現することが可能です。

レバレッジとは

担保にした証拠金の何十倍にも相当する資金でFX取引ができる仕組みのこと

ゼロカットシステムの採用

OQtimaでは、ゼロカットシステムを採用しているため、追証が発生する心配はありません。

ゼロカットシステムとは

トレーダーの資産を守る仕組みであるロスカットが間に合わず、残高がマイナスになってしまった際、損失分をFX業者が負担すること

国内FXではゼロカットシステムは採用されておらず、入金額以上の損失が出た場合、追加証拠金という「追従」が発生し、損失分を支払わなければいけません。

しかし、OQtimaではゼロカットシステムにより万が一有効証拠金にマイナス分が出た場合でも、OQtimaが損失分を負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれます。

OQtimaの取扱銘柄

OQtimaの魅力は、その多彩な取引銘柄の豊富さにも表れています。

特に注目すべきは、103種類に及ぶ香港CFD株式のラインナップです。

これらは、中国系オーストラリア人のオーナーが独自の視点で厳選し、お客様に提供している特別な銘柄群です。

上記のようにして、OQtimaは投資家の皆様に独自性と深みのある取引体験をお届けしています。

取扱銘柄
FX通貨ペア80ペア
暗号資産44ペア
株式90社以上
株価指数(インデックス)14銘柄
貴金属3銘柄
エネルギー3種類
上場投資信託商品(ETF)93種類

取引ツール

取引をサポートするツールとして、使いやすく高機能なメタトレーダー4 (MT4) とCtraderの2種類を提供しています。

MT4は、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームです。

MT4のプラットフォームを使用することで、リアルタイムで市場の動向を確認し、取引を行うことができます。

OQtimaの口座タイプと手数料

OQtimaの口座タイプはトレーダーのニーズに合わせて下記の2種類を提供しています。

  • OQtima ECN+口座
  • OQtima ONE口座

OQtimaの口座タイプの詳細

OQtima ECN+口座OQtima ONE口座
スプレッド0.0 ピップ1.0 ピップ
手数料$3.50 取引1回ごと手数料無料
最低入金額$20$20
最大レバレッジ1:5001:500
ヘッジ取引
EA・スキャルピング取引
基準通貨USD
EUR
JPY
GBP
CAD
CHF
SGD
ZAR
USD
EUR
JPY
GBP
CAD
CHF
SGD
ZAR
入金手数料$0$0
出金手数料$0$0
取引対象市場77
取引が可能な銘柄数300+300+

手数料

ECN+口座でのみ、取引ごとの手数料が発生します。

取引口座通貨FX通貨ペア(100,000通貨)
USD$ 3.50/片道取引
EUR€ 3.50/片道取引
GBP£ 3.00/片道取引
CHF₣ 3.50/片道取引
SGDS$ 4/片道取引
JPY¥500/片道取引
CADCan$ 4.50/片道取引
ZARR 60/片道取引

OQtimaのデモ口座

OQtimaでは、デモ口座の開設ができ、実際に取引を行う前に取引の練習やプラットフォームの操作方法を学べます。

デモ口座は、自分にあった口座タイプを見つけたい方や、高いレバレッジを試すことができる仮想の取引口座です。

デモ口座の利点

  • 自分にあった口座タイプを見つけられる
  • 高いレバレッジを試せる
  • 実際の資金を使わずにリアルなトレード環境で取引の練習ができる
  • プラットフォームの操作方法を学べる

OQtimaには2種類の口座タイプがあり、口座ごとに手数料やスプレッドなどが異なるため、デモ口座を利用することにより自身の取引スタイルにあった口座を事前に確認できます。

また、OQtimaでは最大500倍のレバレッジで取引できるので、少ない投資資金でも大きな利益を狙うことができます。

しかし、初めから取引口座でトレードすると大きな損失が出る可能性があります。

そのため、高いレバレッジをかけたい方は、デモ口座でしっかり練習してから実際に取引口座でトレードする方法がおすすめです。

OQtimaの入金方法と出金方法

入金方法

OQtimaの入金方法は下記の3つです。

決済方法処理時間最小入金額手数料利用可能通貨
クレジット(デビット)カード即時 $20なしUSD
BRL
EUR
AUD
CHE
JPY
CNY
CAD
e-wallet即時 $20なしUSD
BRL
EUR
AUD
CHE
JPY
CNY
CAD
銀行送金1-3日$20なし USD
BRL
EUR
AUD
CHE
JPY
CNY
CAD

出金方法

OQtimaの出金方法は下記の3つです。

決済方法処理時間最小出金額手数料
クレジット(デビット)カード1-3日$20なし 
e-wallet1-3日$20なし 
銀行送金1-3日$20なし 

OQtimaのメリット

メリット

  • 業界トップクラスのスプレッドの狭さ
  • 複数の金融ライセンスを持ち信頼性がある
  • 取扱商品数が多く、香港の株式は103種類と豊富

業界トップクラスのスプレッドの狭さ

海外FX業者の中でも、トップクラスでスプレッドが狭いとされているThreeTrader(スリートレーダー)と同様に、OQtimaのスプレッドは0.0pipsからと非常に低いため、取引コストを抑えられます。

複数の金融ライセンスを持ち信頼性がある

OQtimaは、モーリシャス共和国金融サービス委員会(FSC)、セーシェル金融サービス(FSA)、キプロス証券取引委員会(CySEC)の3つの金融ライセンスを保持しており、トレーダーは安心して取引を行うことができます。

取扱商品数が多く、香港の株式銘柄数は103銘柄と豊富

中国の株式市場は、「中国本土市場」と「香港市場」に大きく2分類されます。

香港と中国本土との経済的な関係性は非常に深いため、中国経済の動きは香港の株式市場にも大きな影響を持ちます。

現在の香港の株式市場は下落傾向にあるものの、中国政府は経済成長を重視していて、2023年には経済の回復が期待されており、香港の市場にも好影響をもたらす可能性があります。

また、中国の株式市場が好調であれば、香港の市場もそれに引きずられて上昇する可能性が考えられます。

このような状況の中、OQtimaは香港の株式銘柄数が103銘柄と非常に豊富に取り扱っているため、投資家にとっては多様な選択肢を持つことができる大きなメリットとなります。

OQtimaのデメリット

デメリット

  • ECN+口座でのみ取引ごとの手数料が発生

手数料は取引の都度発生するため、取引頻度が高いトレーダーにとってはコストが増加する可能性があります。

まとめ

この記事を通じて、OQtimaの際立つ特徴、その利点と欠点を深掘りしてきました。

幅広い取引銘柄の選択肢と、業界をリードする狭いスプレッドで注目を浴びるOQtima。

その進化と市場での動きに、これからも目を光らせていきましょう。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索