Threetraderでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

ThreeTrader

Threetraderでスキャル ...

Threetraderでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

Threetraderは、2021年5月にサービスを開始した新興ブローカーとして、日本市場での注目度が高まっています。

この記事では、Threetraderでのスキャルピングの特徴や、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

Threetraderでのスキャルピング

スキャルピングは、短期間での取引を繰り返す手法として、多くのトレーダーに利用されています。

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くありますが、Threetraderではスキャルピングが可能です。

また、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うこともできます。

他のFX業者では、スキャルピングを認めていても、EA(自動売買システム)を使ってスキャルピングすることは禁止している業者もあります。

Threetraderではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングが行えます。

Threetraderでのスキャルピングの特徴

特徴

  • 業界最狭のスプレッド
  • 最大レバレッジ500倍で取引できる
  • 口座残高によるレバレッジ制限がない
  • ゼロカットシステムの採用で追証が発生しない
  • ロスカット水準が20%と低め

業界最狭のスプレッド

Threetraderは、業界最狭のスプレッドが特徴です。

スプレッドが狭いほど、取引コストが低くなり、少ない価格変動でも利益を得やすくなります。

最大レバレッジ500倍で取引できる

Threetraderでは、下記2つの口座タイプがあります。

  • Pureスプレッド口座
  • Rawゼロ口座

2つの口座タイプで、最大レバレッジ500倍を利用できるため、少ない証拠金で大きな取引が可能です。

Pureスプレッド口座Rawゼロ口座
最大レバレッジ500倍500倍

特に資金効率を重視するスキャルピングトレーダーにとって大きなメリットです。

口座残高によるレバレッジ制限がない

多くの海外FX業者では、口座の残高が増えるとレバレッジが制限されます。

一方で、Threetraderでは口座残高に関係なく常に最大500倍のレバレッジが利用できるため、利益が増えても変わらず高いレバレッジでの取引が可能です。

ゼロカットシステムの採用で追証が発生しない

Threetraderでは、ゼロカットシステムを採用しています。

一方でThreetraderでは、取引中に大きな損失が出て有効証拠金にマイナスになった場合でも、損失分をThreetraderが負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれます。

そのため、追加で証拠金を支払う必要はなく、Threetraderでは入金額以上の損失が生じることはありません。

ロスカット水準が20%と低め

Threetraderの口座タイプ(Pureスプレッド口座・Rawゼロ口座)では、ロスカット水準が20%と低めに設定されているため、高いレバレッジでスキャルピングを行った場合でも、持ちこたえて利益を出せる機会が増えます。

Pureスプレッド口座Rawゼロ口座
ロスカット水準20%20%

Threetraderでのスキャルピングのメリット

  • 取引の透明性が高いECN方式を採用
  • 入出金に関する手数料がかからない
  • 金融ライセンスによる信頼性と安全性
  • 日本語サポート

取引の透明性が高いECN方式を採用

Threetraderでは、トレーダーの注文が直接インターバンク市場に流れるECN方式を採用しており、約定拒否がおこらないためスキャルピングに最適です。

入出金に関する手数料がかからない

Threetrader側での、入出金に関連する手数料が一切かかりません。

また、出金後の資金反映が1〜3営業日と迅速である点も魅力的です。

以前は、同月内に3回以上の出金を行う場合、一律2.5%の手数料がかかっていましたが、制限が撤廃されたことで、頻繁な出金が容易になりました。

注意点として、出金の際に国内銀行送金を選択された場合、中継銀行によりお客様負担の手数料が発生する場合はございます。

金融ライセンスによる信頼性と安全性

Threetraderでは、バヌアツの金融ライセンス取得しています。

バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)はかつて取得しやすいオフショアライセンスとして知られていましたが、2019年3月以降、規制を強化しました。

VFSCによる規制の厳格化は将来的にも続くことが予想されており、金融機関の中でも、特に安全性の強化に力を入れています。

日本語サポート

Threetraderでは、迅速かつ丁寧な日本語サポートを提供しており、トレーダーはホームページのライブチャット機能を通じて、疑問や問題をすぐに解決できます。

また、ThreetraderではTwitterのダイレクトメッセージを通じたサポートも行っているため、スキャルピング取引中に生じるさまざまな疑問や不明点に対して、気軽に相談できます。

Threetraderでのスキャルピングのデメリットと注意点

Threetraderでスキャルピングを行う際に気をつけなければならないデメリットと注意点をご紹介します。

  • 最低入金額が高めに設定されている
  • ボーナスキャンペーンが少ない
  • MT5に非対応

最低入金額が高めに設定されている

Threetraderでスキャルピングを行うためには、一定額の証拠金の入金が必要ですが、Threetraderの最低入金額は他の海外FX業者と比較してやや高めに設定されています。

国内銀行のオンラインバンキングを利用する場合は5,000円から、bitwalletや仮想通貨では10,000円に設定されています。

ボーナスキャンペーンが少ない

他の海外FX業者では、新規口座開設や入金に対してボーナスが付与されることが一般的で、トレーダーは追加の資金を投入せずにスキャルピングを開始できます。

ただし、Threetraderでは口座開設ボーナスの代わりに、取引に応じて独自のポイントがたまるキャンペーンを実施しています。

ポイントは、iPhoneやApple WatchなどのApple製品をはじめとする豪華賞品と交換が可能で、日々のスキャルピング活動を通じてためたポイントで、魅力的な商品を手に入れることができます。

MT5に非対応

Threetraderは、現在のところ取引ツールMT5には対応しておらず、スキャルピング取引はMT4を通じて行う必要があります。

MT5を使用しているトレーダーにとっては、不便に感じられるかもしれません。

まとめ

この記事では、Threetraderでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

Threetraderではスキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。

Threetraderは、業界最狭のスプレッドが特徴で、口座残高によるレバレッジの制限がなく、最大500倍のレバレッジで取引を行えます。

上記のように、スキャルピングに適した多くのメリットを提供していますが、MT5の非対応やボーナスの不足などのデメリットもあります。

これらの特徴を踏まえ、自身の取引スタイルに合わせてThreetraderでのスキャルピングを検討することが重要です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索