TitanFXでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

TitanFX

TitanFXでスキャルピングは ...

TitanFXでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

TitanFXは2014年に創業し、狭いスプレッドと高い約定力で、取引環境を重視するトレーダーから高く評価されています。

さらに、口座残高が増加してもレバレッジが500倍で一定であり、年中無休で質の高い日本語サポートが提供されている点も評価されています。

この記事ではTitanFXでのスキャルピングについてや、スキャルピングのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

TitanFXでスキャルピング

TitanFX スキャルピング 海外FX

海外のFX業者の中でもTitanFXはスキャルピングに適している業者と言われており、スキャルピングに向いた取引環境を提供しています。

国内業者と比べるとハイレバレッジでの取引が魅力で、多くのトレーダーがスキャルピングで大きな利益を追求しています。

スキャルピングとは

数秒や数分の短い時間で何度も繰り返し売買して利益を積み重ねていく取引方法

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くあります。

また、他のFX業者では、スキャルピングトレードを認めていても、EA(自動売買システム)を使ってスキャルピングすることは禁止している業者もありますが、TitanFXではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも可能です。

TitanFXではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングトレードができます。

海外FXでのスキャルピングのメリット

TitanFX スキャルピング メリット 海外FX 1
  • トレード時間が短い
  • 相場の変動に左右されにくい
  • リスクが少ない
  • 他の手法より上達しやすい

トレードは長期的であるほど相場の変動により利益が大きくなる可能性もあれば、損失が増えるリスクもあります。

しかし、スキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響を受けにくく、リスクが少ないです。

また、スキャルピングは短い時間で多くの回数の取引を繰り返し行うため、必然的に他の取引方法より取引経験が増えやすくなります。

短期的なチャートの変動に対し、傾向やコツをつかむとより勝率を上げることができます。

海外FXでのスキャルピングのデメリット

TitanFX スキャルピング デメリット 海外FX 1
  • 通信環境が影響する
  • トレード回数が多い分、手数料が発生する
  • スリッページで損失が発生する可能性がある

通信環境が悪いとチャートの変動が確認できなかったり取引が不利になる可能性もあるので、スキャルピングを行う前に、事前に通信環境は整えておきましょう。

またスキャルピングでは取引回数を重ねるほど、スプレッドのコストがかかり利益が出せない場合があります。

スプレッドは取引する通貨ペアや業者によっても異なり、スプレッドが広がりやすい時間帯があります。

スキャルピングでは、注文レートと約定レートに差が生まれるスリッページによる損失にも注意が必要です。

TitanFXでスキャルピングを行うメリット

TitanFX スキャルピング メリット 海外FX 2

TitanFXでスキャルピング取引を行うメリットをご紹介します。

  • スキャルピングが公認されている
  • EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能
  • スプレッドが非常に狭い
  • 口座残高によるレバレッジ制限がない
  • 約定率が高い

スキャルピングが公認されている

TitanFXはスキャルピングを公式に認めており、トレーダーは規約違反や口座凍結のリスクを心配せずに取引できます。

EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能

TitanFXはスキャルピングが公式に認められているだけでなく、EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能です。

EAを活用すると、市場の変動を24時間監視し、最適なタイミングで自動的に取引を行うことが可能になるため、特に忙しいトレーダーや複数の戦略を同時に実行したいトレーダーにとって非常に有効です。

スプレッドが非常に狭い

TitanFXのスプレッドは、業界内でも非常に狭いことで有名です。

スプレッドの狭さは、特にスキャルピングにおいて重要な要素であり、トレーダーが少ない価格差で頻繁に取引を行うことを可能にします。

狭いスプレッドにより、利益を最大化しやすく、コストを最小限に抑えることができます。

口座残高によるレバレッジ制限がない

他のFX業者では、口座残高に基づくレバレッジ制限がありますが、TitanFXではレバレッジ制限が一切ない環境でトレードできます

トレーダーは自分の証拠金に応じたレバレッジを自由に設定が可能です。

約定力が高い

TitanFXは他の海外FX業者と比較しても約定力が高いです。

約定力は、トレーダーの注文がどれだけ迅速かつ正確に実行されるかを示す指標です。

特に、スキャルピングのような取引スタイルでは、約定力の高さが利益に直結する重要な要素です。

スキャルピングでは、わずかなpipsの差を利益として確保するため、注文価格と約定価格にズレがあると、予想された利益が大きく減少する可能性があります。

しかし、TitanFXでは「Zero Point」と称される先進的な科学技術とITシステムを用いて高い約定力を確保しており、トレーダーはより正確で迅速な取引を行うことが可能になります。

ストップレベルがゼロ

TitanFXでは、ストップレベルがゼロに設定されています。

ストップレベルとは、トレーダーが現在の価格からどれだけ離れた値で注文を設定しなければならないかを示す値幅です。

スキャルピングでは、小さな価格変動を利用するため、ストップレベルの存在は取引の柔軟性を損なうことがあります。

他の海外FX業者では、ストップレベルが設定されている業者もあるため、スキャルピングには不向きかもしれませんが、スプレッドや約定力を考慮した場合、TitanFXはスキャルピングに適した環境を提供する業者として、総合的にトップクラスに位置付けられます。

TitanFXでスキャルピングを行うデメリット

TitanFX スキャルピング デメリット 海外FX

TitanFXでスキャルピングを行う際に気をつけなければならない注意点とデメリットをご紹介します。

  • 最大レバレッジが控えめ
  • cTraderは非対応
  • ボーナスキャンペーンが少ない

最大レバレッジが控えめ

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座では、最大レバレッジが500倍に設定されています。

他の海外FX業者の中では比較的低い部類に入り、特に高いレバレッジを求めるトレーダーにとっては不満足なポイントとなるかもしれません

cTraderは非対応

TitanFXはMT4・MT5ウェブトレーダーには対応していますが、スキャルピングに適したcTraderには対応していません。

スキャルピングトレーダーにとって、cTraderのサポートは重要な点であり、その非対応はデメリットとなる可能性があります。

ボーナスキャンペーンが少ない

TitanFXでは、常時開催されるボーナスキャンペーンがなく、キャンペーンは不定期に実施されています。

多くのボーナスを利用することを好むトレーダーにとっては、デメリットと感じられる可能性があります​​。

TitanFXでスキャルピングを行う際の注意点

TitanFX スキャルピング 注意点 海外FX

TitanFXでスキャルピングを行う際は、下記の禁止行為に注意し、規約に従った取引を心掛けることが重要です。

  • 裁定取引(アービトラージ)の禁止
  • レートエラーを利用した取引の禁止
  • 複数口座間での両建て取引の禁止

裁定取引(アービトラージ)の禁止

これは、価格の遅延を利用して確実な利益を得る手法ですが、多くの海外FX業者では不正行為とみなされています。

レートエラーを利用した取引の禁止

このような取引は、レートエラーを利用して不当な利益を得るもので、違反が発覚した場合、口座凍結などのペナルティが課される可能性があります。

複数口座間での両建て取引の禁止

これは、異なる口座間で逆のポジションを取ることでリスクを回避しようとする行為ですが、不公平な取引と見なされ、禁止されています。

TitanFXでのスキャルピングのまとめ

TitanFX スキャルピング まとめ 海外FX

この記事では、TitanFXでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

TitanFXではスキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。

TitanFXは、業界内でもスプレッドが狭く、高い約定力があります。

一方で、スキャルピングに適したcTraderは対応していなかったり、レバレッジが他の海外FX業者に比べて高くないなどのデメリットがあります。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索