Axioryでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

Axiory

Axioryでスキャルピングは可 ...

Axioryでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

Axioryの最大レバレッジは400倍でスプレッドがとても狭く、取引制限も緩いため、スキャルピングやデイトレードをするトレーダーにおすすめの業者です。

この記事では、Axioryでのスキャルピングの特徴や、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

Axioryでのスキャルピング

スキャルピングは、短期間での取引を繰り返す手法として多くのトレーダーに利用されています。

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くありますが、Axioryではスキャルピングが可能です。

また、EA(自動売買システム)を利用してのスキャルピングも行えます。

EAを使用したスキャルピングのメリット

  • 感情に振り回されず、冷静な取引が可能
  • 自動化されたプログラムが取引を行うため、操作が簡単で安心
  • 初心者でも簡単に利用できる
  • パソコンの前に常にいる必要がなく、時間を有効に活用できる

他のFX業者では、スキャルピングを認めていても、EA(自動売買システム)を使ったスキャルピングを禁止している業者もあります。

Axioryではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングが行えます。

Axioryでのスキャルピングの特徴

特徴

  • 業界最狭のスプレッド
  • 最大レバレッジ400倍で取引できる
  • 取引の透明性が高いNDD(ECN)方式を採用
  • cTraderが利用できる
  • 約定力が高く、データを公表している
  • ロスカット水準が20%と低め
  • ゼロカットシステムの採用で追証が発生しない

業界最狭のスプレッド

Axioryは、業界最狭のスプレッドが特徴です。

スプレッドが狭いほど、取引コストが低くなり、少ない価格変動でも利益を得やすくなります。

最大レバレッジ400倍で取引できる

Axioryでは、下記4つの口座タイプがあります。

  • スタンダード口座
  • ナノ口座
  • テラ口座
  • アルファ口座

アルファ口座以外は、最大レバレッジ400倍を利用できるため、少ない証拠金で大きな取引が可能です。

スタンダード口座ナノ口座テラ口座アルファ口座
最大レバレッジ 400倍400倍400倍1倍

特に資金効率を重視するスキャルピングトレーダーにとって大きなメリットです。

取引の透明性が高いNDD(ECN)方式を採用

Axioryのスタンダード口座以外では、トレーダーの注文が直接インターバンク市場に流れるNDD(ECN)方式を採用しています。

NDD(ECN)方式は、トレーダー間で直接取引が行われ、板情報が確認でき、FX業者によるレート操作の不正が排除されるため、取引の透明性が高いです。

また、スキャルピグにおていは、リクオート(約低拒否)が発生しにくく、約定するスピードが高いなどのメリットもあります。

スキャルピングでは、微小な価格変動を頻繁に利用するため、迅速な約定と約定拒否の少なさが利益増加に欠かせません。

この観点から、ECN方式はスキャルピングに適した取引スタイルと言えます。

cTraderが利用できる

cTraderは、マーケットに直接注文が通される「ECN方式」の専用プラットフォームです。

MT4よりも、短期間な取引に特化しており、スキャルピングやデイトレードに適しています。

cTraderでは、売買注文がどれだけ出ているのかという「板情報」を見ることができます。

そのため、FX業者が故意にレートをずらすことができないので、透明性の高い取引環境を提供しています。

また、AxioryのcTraderでは、約定力が非常に高く、公式サイトによれば約定率は99.99%とされています。

cTraderの主な利点は、以下の点があります。

cTraderのメリット

  • ECN方式を採用しているため、約定拒否が発生しにくい
  • MT4やMT5よりも約定スピードが速く、優れている
  • 0.0pips~の極めて狭いスプレッド
  • 複数のポジションを一度に決済できる
  • cTrader内で直接板情報を確認できる
  • 1クリック注文のカスタマイズができる
  • 日本時間への表示変更ができる

上記のメリットは、スキャルピングにおいて重要な約定力を高めるだけでなく、トレード環境をより快適かつ効率的にします。

MT4やMT5では板情報が確認できませんが、cTraderでは、市場の動きをリアルタイムで把握しやすく、迅速な取引が可能です。

また、cTraderのカスタマイズ性の高さは、経験が豊富なトレーダーから初心者まで幅広く対応しており、使い勝手の良さも特徴です。

約定力が高く、データを公表している

約定力が低いと望んだ価格で注文が成立しないなどの不具合が生じてしまいますが、Axioryでは、取引の安定性と信頼性を高めるために、EQUINIX社のデータセンターを利用して取引サーバーを運用しています。

世界中の主要な金融機関が採用しているEQUINIXのデータセンターは、その高度な安定性で知られており、Axioryの取引環境の信頼性を強化しています。

上記のような先進的なインフラへの投資により、Axioryは顧客に対して高い約定力を提供しています。

また、Axioryの公式サイトでは、約定の速さやスリッページの発生率など、毎月の約定実績が詳細に報告されています。

ロスカット水準が20%と低め

Axioryでは、ロスカット水準が20%と低めに設定されているため、高いレバレッジでスキャルピングを行った場合でも、持ちこたえて利益を出せる機会が増えます。

マージンコールロスカット水準
50%20%

ゼロカットシステムの採用で追証が発生しない

Axioryでは、ゼロカットシステムを採用しています。

一方でAxioryでは、取引中に大きな損失が出て有効証拠金にマイナスになった場合でも、損失分をAxioryが負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれます。

そのため、追加で証拠金を支払う必要はなく、Axioryでは入金額以上の損失が生じることはありません。

Axioryでのスキャルピングのメリット

  • ナノ口座:スキャルピングに特化したcTraderが利用できる
  • テラ口座:約定力が高いMT5が利用できる

ナノ口座:スキャルピングに特化したcTraderが利用できる

Axioryのスタンダード口座以外では、トレーダーの注文が直接インターバンク市場に流れるECN方式を採用しており、取引の透明性が高いという特徴があります。

また、ECN方式を採用した口座タイプ(ナノ口座・テラ口座・アルファ口座)の中でも、ナノ口座のみECN方式専用に開発された取引プラットフォーム「cTrader」が利用できます。
cTraderは、MT4やMT5と比較しても多くの優れた機能を備えています。

そのため、Axioryでのスキャルピングは、ECN方式を採用かつcTraderが利用できるナノ口座がおすすめです。

口座タイプスタンダード口座ナノ口座テラ口座アルファ口座
最大レバレッジ400倍400倍400倍1倍
約定方式STP方式ECN方式ECN方式ECN方式
取引手数料なし片道3ドル片道3ドル各銘柄で変動
プラットフォームMT4
cTrader
MT4
cTrader
MT5MT5

テラ口座:約定力が高いMT5が利用できる

MT5はMT4を基に開発された進化版プラットフォームで、特にスキャルピングのような迅速な取引が求められる場面で性能を発揮します。

テラ口座では、MT5を専用の取引ツールとして採用しており、高速な約定スピードと多機能性がスキャルピングに最適です。

Axioryでのスキャルピングのデメリットと注意点

  • スリッページに注意
  • 取引手数料がかかる
  • レバレッジに制限がある

スリッページに注意

インターバンク市場でのオークション方式による注文処理では、市場の注文量が多い時にスリッページが発生することがあります。

Axioryでは、スリッページの発生状況を透明に公開しており、大部分の注文が±0.3pips以内で約定していますが、まれに3pips以上のスリッページが生じることもあります。

取引手数料がかかる

ECN方式を採用しているため、注文は直接インターバンク市場へ流れ、FX業者が介入することはありません。

AxioryのようにECN方式を採用する海外FX業者は、取引手数料を収益源としています。

スキャルピングを行う際には、スプレッドだけでなく、取引手数料も考慮に入れて全体のコストを計算することが重要です。

ただし、Axioryは業界内でも比較的低いスプレッドを提供しているため、手数料が発生しても全体の取引コストは抑えられる傾向にあります。

レバレッジに制限がある

Axioryでは、口座残高によるレバレッジ制限があります。

口座残高最大レバレッジ
1,000万円未満400倍
1,000万円以上300倍
2,000万円以上200倍
3,000万円以上100倍

口座残高が1,000万円以上で最大レバレッジ300倍、2,000万円以上では最大レバレッジ200倍、3,000万円以上になると最大レバレッジは100倍に制限されます。

Axioryでのスキャルピングにおすすめの口座タイプ

  • ナノ口座
  • ラテ口座

ナノ口座とテラ口座がスキャルピングに特におすすめです。

ナノ口座はMT4とcTraderに対応し、テラ口座はMT5専用口座です。

どちらも狭いスプレッドと高い約定力を持ち、取引の透明性が高いECN方式を採用しています。

裁量取引に重点を置く場合はテラ口座が、EA(自動売買)を重視する場合はナノ口座がおすすめです。

まとめ

この記事では、Axioryでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

Axioryではスキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。
Axioryはスキャルピングに適した特徴を多く持ち、特にナノ口座とテラ口座はスキャルピングトレーダーにとって魅力的な選択肢です。

しかし、レバレッジ制限などのデメリットも理解し、戦略を慎重に立てることが重要です。

Axioryのスキャルピングに関するよくある質問と回答

Axioryでは、スキャルピング(短期間での取引を繰り返す手法)が利用できますか。

はい、Axioryではスキャルピングが可能です。また、EA(自動売買システム)を利用してのスキャルピングも行えます。

Axioryでのスキャルピングにお薦めな口座タイプは何ですか。

ナノ口座とテラ口座です。

Axioryでのスキャルピングで注意しなければならない点は何ですか。

1.市場の注文量が多い時に発生することがあります。、
2.Axioryのナノ口座とテラ口座を利用する際には、往復で6ドルの取引手数料が発生します。
3.Axitoryでは400倍のレバレッジを提供していますが、口座残高が1000万円を超えるとレバレッジ制限が適用されます。

Axioryの基本情報に関するよくある質問と回答

万が一、Axioryが経営破綻する事態が発生した時のトレーダーの資金返還保証はありますか?

Axioryでは、顧客の資金は「Doha Bank」にて厳重に保管されており、トレーダーの資金を会社の運営資金とは別々に分別管理しています。
返還対象となる資金は、トレーダーの入金額や確定した運用損益、さらには未決済の評価損益までを含む全額です。
徹底した資産保護体制は、国内のFX業者と変わらないレベルであり、海外FX業者の中でもAxioryの安全性は特に高いと評価されています。

日本でのカスタマーサポートはどうなっていますか?

メールやライブチャットによる日本語でのサポートがあります(電話は日本語未対応)。
対応は迅速で、詳細かつ具体的な回答を提供しています。テクニカルな問題だけではなく、法務、経営に関する高度な質問にも対応可能な上級オペレーターが配置されています。

Axioryの取扱銘柄は豊富ですか?

62銘柄の通貨ペアを提供しています。この数は業界平均的な数ですが、例えばトルコリラ円や南アフリカランド円など、主要なものは網羅しており、これらの通貨ペアを取り扱う海外FX業者は少ないため、AXIORYの提供するラインナップは特筆すべき点です。
さらに、貴金属4銘柄、エネルギー5銘柄、株価指数10銘柄、そして株式CFD157銘柄の取引も可能です。
最近では、アルファ口座を通じて現物株式122銘柄やETF69銘柄の取引が追加され、これによりAxioryは競合他社との間に顕著な差別化を実現し、業界内での優位性をさらに強化しています。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索