Exnessは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

海外FX業者

Exness

Exnessは両建て可能?|禁止 ...

Exnessは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

両建ては、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有する取引方法ですが、メリットやデメリットがあります。

海外FX業者では両建てが禁止されている場合が多いですが、Exnessでは両建てが可能なのか、禁止事項やルールを詳しく解説していきます。

Exnessで両建ては可能?

Exnessでの両建て取引は、公式に認められています。

またExnessは、多くの海外FX業者とは異なり、両建て取引において非常に柔軟なルールを持っています。

両建てとは

両建てとは、同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を同時に保持し取引すること

買いポジションはロングポジション、売りポジションはショートポジションとも表現されます

しかし、Exnessで禁止されている両建て取引もあります。

ルールに反した両建て取引を行った場合、利益の取り消しや口座凍結などのペナルティーが課せられる可能性があるので注意が必要です。

Exnessの両建てルール

他の海外FX業者では両建てに厳しくルールを設けていることが多いですが、Exnessでは両建てにまつわるルールや禁止事項、制限が非常に少なく、両建て取引が得意なトレーダーにおすすめの業者です。
下記は他の海外FX業者で禁止されている両建て取引の一例です。

他社の禁止事項の例

  • イベントや経済指標発表時を狙った両建て
  • 複数口座での両建て
  • グループを組んでの両建て
  • 他社口座との両建て

Exnessでは、上記のような取引を禁止していないため、「Exnessの同じ口座内での両建て」や「複数口座間をまたぐ両建て」、「他社口座との両建て」取引が可能です。

また、EA(自動売買)を利用した両建ても認められています。

上記の認められている取引は、両建てを得意とするトレーダーにとって、Exnessは非常に魅力的な選択肢と言えます。

Exnessで可能な両建て

  • EA(自動売買)を利用した両建て
  • 複数口座での両建て
  • グループを組んでの両建て
  • 他社口座との両建て

両建ての詳細

  • 同一口座内での両建て: 一つの口座内で売買の両方のポジションを持つ方法
  • 複数口座間での両建て: Exnessの異なる口座間での両建て方法
  • 他社口座間での両建て: Exnessと他のFX業者の口座間での両建て方法

しかし、他社口座での両建ては、Exness以外の業者が両建てを禁止している場合が多いので、取引する前にしっかり確認する必要があります。

禁止事項とペナルティー

Exnessでは両建てにまつわる制限が非常に少いですが、唯一禁止されている両建て取引は「ゼロカットシステムを悪用した両建て」です。

Exnessで禁止されている両建て

  • ゼロカットシステムの悪用となる両建て

Exnessではゼロカットが採用されています。

ゼロカットシステムとは

トレーダーの資産を守る仕組みであるロスカットが間に合わず、残高がマイナスになってしまった際、損失分をFX業者が負担するシステム


両建て取引の場合、利益が出たと反対のポジションは、損失分がゼロカットシステムで補填され、トレーダーはリスクがない状態になります。

トレーダーはリスクがなく得をしますが、FX業者は高い確率で損失を受けてしまいます。

そのため、ゼロカットシステムを悪用した行為は禁止されています。

利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる場合があるので十分に注意してください。

両建てのメリット

両建て取引には下記のようなさまざまなメリットがあります。

メリット

  • 証拠金を減らさずにポジションを保有できる
  • 強制ロスカットを避ける
  • 長期的に相場を観察できる
  • 相場変動に強く損失を最小限に防げる

両建て取引では買いポジションと売りポジションの両方を保持するため、必要証拠金は差引きされ帳消しになり、証拠金を減らさずに新規ポジションの注文やつなぎ売買ができます。

また、両建てを利用することで、一時的に強制ロスカットを回避することが可能です。

買いと売りのポジション両方を保持すると、含み益と含み損を大きくせずに長期的に相場のトレンドを観察できます。

両建てのデメリット

両建て取引はメリットだけでなく、下記のようなデメリットがあります。

デメリット

  • マイナススワップの場合、損益が発生
  • スプレッドとスワップポイントの2倍コストがかかる

スワップポイントは日々変動するので、金利の高いポジションでの取引は、マイナススワップが発生し、ポジションを決済するまで損益が出る可能性があります。
また、両建てでは2ポジション保有するため、スワップポイントとスプレッドの取引手数料も2倍のコストが発生します。

Exnessでの両建ての注意点

Exnessでの両建て取引を行う際に注意しなければならないことがあります。

注意事項

  • 取引コストの増加
  • 複数口座で両建ては両方の口座で証拠金が必要
  • Exnessと他社ではロスカットの水準が異なる
  • 他社との両建てルールの違い

取引コストの増加

両建てを行うと、スプレッドやスワップポイントが2倍になる可能性があります。

複数口座で両建ては両方の口座で証拠金が必要

Exnessの同一口座内で両建てを行う場合の証拠金は、最初のポジション分だけで済みますが、複数口座での両建の場合、両方の口座に証拠金を入金する必要がり、2倍の証拠金が必要になります。

Exnessと他社ではロスカットの水準が異なる

Exnessではロスカット(ストップレベル)が0%に設定されており、証拠金がなくなるまで取引が可能ですが、他の海外FX業者では、20%〜50%に設定されていることが多く、片方のポジションではゼロカットが強制的に行われて両建てが解除されてしまうので注意が必要です。

他社との両建てルールの違い

Exness以外の業者での両建てが許可されているかを確認することが重要です。

まとめ

この記事では、Exnessで両建ては可能か、両建てにまつわる取引ルールや注意点について解説しました。
Exnessでは両建てが禁止されておらず、他のFX業者に比べても両建てにまつわるルールや禁止事項が非常に少ないので、両建てが得意なトレーダーにおすすめです。
しかし、両建てでは2ポジション分の手数料やコストが発生するデメリットがあります。
また、「ゼロカットを悪用する両建て」は禁止されているので、両建てを行う際は、十分注意して取引を行ってください。

Exnessの両建てに関するよくある質問と回答

Exnessは両建てを禁止していますか?

いいえ、両建て取引を禁止していません。

複数口座での両建ては禁止されていますか?

はい、複数口座での両建ても認められています。しかし、複数口座で大ロットの両建て取引を連続して行なうと、Exnessから連絡が来る場合があります。

他社口座を利用して両建ては可能ですか?

はい、他社口座を利用した両建ても認められています。しかし、もう片方のブローカーが他社口座との両建てを禁止している場合があります。

両建てとは何ですか?

両建てとは、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

禁止されている両建て取引はありますか?

Exnessでは両建てにまつわる制限が非常に少いですが、唯一禁止されている両建て取引は「ゼロカットシステムを悪用した両建て」です。
利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる場合があるので十分に注意してください。

EA(自動売買)を利用した両建ては禁止されていますか?

いいえ、ExnessではEA(自動売買)を利用した両建ては禁止されていません。

両建て取引のメリットは何ですか?

両建て取引のメリットは、相場変動に強く損失を最小限に防ぐことができ、証拠金を減らさずにポジションを保有できたり、長期的に相場の観察を行えます。

両建てのデメリットはありますか?

両建てをすると、2ポジション保有することになるので、スプレッドとスワップポイントも2倍のコストがかかります。スワップポイントは日々変動しているため、金利の高いポジションでの取引は、マイナススワップが発生する恐れがあり、ポジションを決済するまで損益が発生します。また、片方のポジションのみ決済する場合は、両建てをした際に相殺されていた必要証拠金が発生します。ロスカット水準に対してギリギリの証拠金維持率で両建てを解消すると、証拠金維持率が下がり強制ロスカットが起こる可能性があるので注意が必要です。

両建て取引中のポジションで、片方のみの決済はできますか?

はい、できます。しかし、売りポジションまたは買いポジションの片方のみを決済する場合、ポジションを決済した時点で両建て取引が解除され、取引量に併せた必要証拠金が発生します。

両建てをした際の証拠金計算はどうなりますか?

同一口座内で両建てを行った場合、証拠金は取引量に従って相殺されます。

Exnessの禁止事項に関するよくある質問と回答

Exnessで禁止されているトレード方法はありますか?

Exnessでは、サーバーエラーやレート遅延を意図的に利用したトレードや自己アフィリエイトによるトレードは禁止されています。

ExnessはEA(自動売買システム)を利用した取引は禁止されていますか?

いいえ、禁止されていません。ExnessではEA(自動売買システム)を使った取引も可能です。

Exnessから故意に口座凍結や出金拒否にあうことはありますか?

悪意を持った意図的なトレードをしない限り、Exnessが口座凍結や出金拒否をすることはありません。

両建て取引で禁止事項はありますか?

Exnessでは「ゼロカットシステムを悪用した両建て」が禁止されています。
利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる場合があるので十分に注意してください。

他社の口座とExnessの口座間での両建ては禁止されていますか?

Exnessでは「他社口座との両建て」取引が可能です。しかし、他社口座での両建ては、Exness以外の業者が両建てを禁止している場合が多いので、取引する前にしっかり確認する必要があります。

出金拒否や口座凍結となる禁止取引はどのようなものがありますか?

Exnessでは、自己アフィリエイトによる取引とサーバーエラーやレート遅延を故意に狙った取引は禁止されています。自分以外の人にアフィリエイトリンクを発行し、口座開設と取引を行って利益が出た場合、キャッシュバックをもらえますが、自分で自分のアフィリエイトリンクで得たキャッシュバックを受け取ることは禁止されています。また、Exnessでは災害時や重大な事態など、サーバーが混み合いレートの遅延が発生するタイミングを狙って取引することも禁止されています。意図的に取引を繰り返し利益を得ても、不正に得た利益とみなされ出金拒否や口座凍結などのペナルティーになるので注意が必要です。

入金方法とは異なる出金方法でも出金は可能ですか?

Exnessではマネー・ローンダリング(不正入手したお金の出所をわからなくするために他人の口座を経由させること)やテロ資金供与の対策として入金と出金の方法が同一である必要があります。他人の口座から入金し、自身の口座で出金した場合、入金資金が返金されたり、出金拒否のトラブルにつながりますので、注意が必要です。

自己アフィリエイトによる取引は認められていますか?

いいえ。自分以外の人にアフィリエイトリンクを発行し、口座開設と取引を行って利益が出た場合、キャッシュバックをもらえますが、自分で自分のアフィリエイトリンクで得たキャッシュバックを受け取ることは禁止されています。

クレジットカードでの出金が拒否されたのですが、なぜですか?

入金時にクレジットカードを利用した場合、出金時は返金として処理が行われるため入金額以上の出金はできず、入金日から90日以上経過している場合は他の出金方法を利用しなければいけません。

Exnessでの両建て取引にペナルティーはありますか?

利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる可能性があります。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索