Exnessでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

Exness

Exnessでスキャルピングは可 ...

Exnessでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

Exnessは複数の企業により構成されたグループ会社で、世界各国でトレーディングプラットフォーム事業を展開するFX業者です。

2008年に設立後、一時的に日本から撤退しましたが、2020年に日本語サポートを充実させ再びサービスを開始し注目を集めています。

この記事ではExnessでのスキャルピングについてや、スキャルピングのメリット、デメリットについて詳しく解説します。

スキャルピングとは

Exnessでは公式にスキャルピングが認められています。

海外のFX業者の中でもスキャルピングに適している業者と言われており、スキャルピングに向いた取引環境を提供しています。

国内業者と比べるとハイレバレッジでの取引が魅力で、多くのトレーダーがスキャルピングで大きな利益を追求しています。

スキャルピングとは

数秒や数分の短い時間で何度も繰り返し売買して利益を積み重ねていく取引方法

スキャルピングは、サーバーへの負担が大きくなるため禁止している業者が多くあります。

また、他のFX業者では、スキャルピングトレードを認めていても、EA(自動売買システム)を使ってスキャルピングすることは禁止している業者もありますが、ExnessではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも可能です。

Exnessではスキャルピング取引を行って出金拒否や口座凍結などのペナルティーが課せられることがないので、安心してスキャルピングトレードができます。

スキャルピングのメリット

  • 相場の変動に左右されにくい
  • リスクが少ない
  • 他の手法より上達しやすい

トレードは長期的であるほど相場の変動により利益が大きくなる可能性もあれば、損失が増えるリスクもあります。

しかし、スキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響を受けにくく、リスクが少ないです。

また、スキャルピングは短い時間で多くの回数の取引を繰り返し行うため、必然的に他の取引方法より取引経験が増えやすくなります。

短期的なチャートの変動に対し、傾向やコツをつかむとより勝率を上げることができます。

スキャルピングのデメリット

  • 通信環境が影響する
  • トレード回数が多い分、手数料が発生する
  • スリッページで損失が発生する可能性がある

通信環境が悪いとチャートの変動が確認できなかったり取引が不利になる可能性もあるので、スキャルピングを行う前に、事前に通信環境は整えておきましょう。

またスキャルピングでは取引回数を重ねるほど、のコストがかかり利益が出せない場合があります。

スプレッドは取引する通貨ペアや業者によっても異なり、スプレッドが広がりやすい時間帯があります。

スキャルピングでは、注文レートと約定レートに差が生まれるスリッページによる損失にも注意が必要です。

Exnessでスキャルピングにおすすめな通貨ペアと口座タイプ

おすすめの通貨ペア

Exnessでは主要通貨ペアのスプレッドが狭く設定されているため、スキャルピング取引をする際には、下記の通貨ペアがおすすめです。

おすすめの通貨ペア

  • USD/JPY
  • EUR/JPY
  • GBP/JPY
  • EUR/USD
  • GBP/USD

おすすめの口座タイプ

Exnessの口座タイプの中でも、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座がスキャルピング取引におすすめです。

ロースプレッド口座は、全ての通貨ペアのスプレッドが平均的に狭く、マイナーな通貨などを含む幅広い銘柄でスキャルピングができます。

ゼロ口座では、メジャーな通貨ペア30銘柄を0スプレッドでスキャルピングが可能です。

プロ口座は、注文方式で即時約定を採用しているので、注文時にレートが滑ることがなく、スリッページが起きる心配がないため、高い約定力を求めるトレーダーにおすすめな口座です。

おすすめの口座タイプ

  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • プロ口座

Exnessでスキャルピングを行うメリット

Exnessでスキャルピング取引を行うメリットをご紹介します。

  • EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能
  • レバレッジが無制限
  • ロスカット水準が0%
  • スプレッドが狭い
  • ストップレベルが0pips

Exnessはスキャルピングが公式に認められているだけでなく、EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングが可能です。

また、が無制限でスキャルピングが行え、ロスカット水準が0%に設定されているため、口座残高がなくなってもロスカットされず、最後まで取引が継続できます。

Exnessの口座タイプの中でも、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座はスプレッドが狭く、特にプロ口座は手数料が発生しないので、取引コストを抑えたスキャルピングが可能です。

ストップレベルは全銘柄0に設定されており、精密な注文が要求されるスキャルピングではとても有利な条件です。

Exnessでスキャルピングを行うデメリットと注意点

Exnessでスキャルピングを行う際に気をつけなければならない注意点とデメリットをご紹介します。

  • サーバーが安定していない
  • 複数口座間での両建ては禁止
  • スプレッドが広がる時間帯がある
  • 口座残高によりレバレッジに制限がかかる

サーバーが安定していない

一部のトレーダーからは、サーバーの安定性や約定スピードに関する不安の声が上がっています。

複数口座間での両建ては禁止

Exnessではスキャルピングトレードが認められていますが、Exnessと他の業者間で両建ては禁止されており、保有している通貨ペアが両建てにならによう、気をつける必要があります

スプレッドが広がる時間帯がある

早朝や週末、経済指標の発表時の前後や年末年始などはスプレッドが広がる時間帯があるので、スキャルピングで取引する時間帯には注意が必要です。

口座残高によりレバレッジに制限がかかる

レバレッジは、口座残高により下記のような制限が設けられています。

口座残高(有効証拠金)最大レバレッジ
$0~999無制限
$0~4,9992,000倍
$5,000~29,9991,000倍
$30,000以上500倍

高いレバレッジをかけてスキャルピングを行いたい方は、入金する額を少なめにしておく必要があります。

しかし、Exnessではポジションを保有中でも資金移動や出金することが認められているので、別口座に資金移動したり、出金することでレバレッジに制限がかからないよう対策ができます。

まとめ

この記事では、Exnessでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

Exnessではスキャルピングが可能で、スキャルピングに適した海外FX業者の一つです。

EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。

また、Exnessは狭いスプレッド狭く、レバレッジが無制限に設定されているので、スキャルピングでも高いレバレッジをかけて取引できます。

しかし、口座残高によりレバレッジには制限がかかるので、レバレッジに制限をかけたくない方は、資金移動や出金をし対策する必要があります。

Exnessでスキャルピング取引をする場合は、手数料がかからず狭いスプレッドで取引できる、プロ口座での取引がおすすめです。

Exnessのスキャルピングに関するよくある質問と回答

Exnessはスキャルピングを禁止していますか?

いいえ、Exnessではスキャルピングを公式に認めています。

ExnessはEA(自動売買システム)を使ったスキャルピングトレードをしても問題ありませんか?

はい、ExnessではEA(自動売買システム)の利用も認められているため、スキャルピングトレードをしても問題ありません。

レバレッジ無制限でスキャルピングをすることはできますか?

はい、条件を満たしていればレバレッジ無制限でスキャルピングトレードが可能です。

スキャルピングとは何ですか?

数秒〜数分程度の短い時間で何度も売買を繰り返し利益を積み重ねていくトレード手法です。

スキャルピングのメリットを教えてください。

スキャルピングは数秒から数分などの短い時間で取引を行うので相場の変動の影響が受けにくく、リスクが少ないです。また、スキャルピングは短い時間で多くの回数の取引を繰り返し行うため、必然的に他の取引方法より取引経験が増えやすく、上達しやすいというメリットがあります。

スキャルピングのデメリットはありますか?

スキャルピングのデメリットは、トレードを繰り返す分、手数料が発生したり、注文レートと約定レートに差が生まれるスリッページによる損失にも注意が必要です。

スキャルピングをする際に、どのような取引戦略がおすすめですか?

スキャルピングには、テクニカル分析を活用したトレード戦略がおすすめです。また、取引時間が短いため、トレードのエントリーやエグジットのタイミングを正確に把握することが重要とされています。

スキャルピングで利益を出す方法を教えて下さい。

スキャルピングにおいて利益を得るためには、利益確定や損失確定の判断を迅速に行うことや、スプレッドの狭い口座を選択することが肝心です。

スキャルピングではどのようなコストがかかりますか?

スキャルピングは取引の度にスプレッド、手数料、スリッページといったコストが発生します。

スキャルピングの取引目安はどれくらいがおすすめですか?

FXでは通貨ペアによって利益幅が変動するため利益に対する金額ではなくpipsで定めるのが理想です。

Exnessの禁止事項に関するよくある質問と回答

Exnessで禁止されているトレード方法はありますか?

Exnessでは、サーバーエラーやレート遅延を意図的に利用したトレードや自己アフィリエイトによるトレードは禁止されています。

ExnessはEA(自動売買システム)を利用した取引は禁止されていますか?

いいえ、禁止されていません。ExnessではEA(自動売買システム)を使った取引も可能です。

Exnessから故意に口座凍結や出金拒否にあうことはありますか?

悪意を持った意図的なトレードをしない限り、Exnessが口座凍結や出金拒否をすることはありません。

両建て取引で禁止事項はありますか?

Exnessでは「ゼロカットシステムを悪用した両建て」が禁止されています。
利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる場合があるので十分に注意してください。

他社の口座とExnessの口座間での両建ては禁止されていますか?

Exnessでは「他社口座との両建て」取引が可能です。しかし、他社口座での両建ては、Exness以外の業者が両建てを禁止している場合が多いので、取引する前にしっかり確認する必要があります。

出金拒否や口座凍結となる禁止取引はどのようなものがありますか?

Exnessでは、自己アフィリエイトによる取引とサーバーエラーやレート遅延を故意に狙った取引は禁止されています。自分以外の人にアフィリエイトリンクを発行し、口座開設と取引を行って利益が出た場合、キャッシュバックをもらえますが、自分で自分のアフィリエイトリンクで得たキャッシュバックを受け取ることは禁止されています。また、Exnessでは災害時や重大な事態など、サーバーが混み合いレートの遅延が発生するタイミングを狙って取引することも禁止されています。意図的に取引を繰り返し利益を得ても、不正に得た利益とみなされ出金拒否や口座凍結などのペナルティーになるので注意が必要です。

入金方法とは異なる出金方法でも出金は可能ですか?

Exnessではマネー・ローンダリング(不正入手したお金の出所をわからなくするために他人の口座を経由させること)やテロ資金供与の対策として入金と出金の方法が同一である必要があります。他人の口座から入金し、自身の口座で出金した場合、入金資金が返金されたり、出金拒否のトラブルにつながりますので、注意が必要です。

自己アフィリエイトによる取引は認められていますか?

いいえ。自分以外の人にアフィリエイトリンクを発行し、口座開設と取引を行って利益が出た場合、キャッシュバックをもらえますが、自分で自分のアフィリエイトリンクで得たキャッシュバックを受け取ることは禁止されています。

クレジットカードでの出金が拒否されたのですが、なぜですか?

入金時にクレジットカードを利用した場合、出金時は返金として処理が行われるため入金額以上の出金はできず、入金日から90日以上経過している場合は他の出金方法を利用しなければいけません。

Exnessでの両建て取引にペナルティーはありますか?

利益の発生の仕方が明らかに不自然だったり、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収や口座凍結などのペナルティーが課せられる可能性があります。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索