Axiのスプレッド|各商品のスプレッド一覧から手数料などまで徹底解説!

海外FX業者

Axi

Axiのスプレッド|各商品のスプ ...

Axiのスプレッド|各商品のスプレッド一覧から手数料などまで徹底解説!

Axiはオーストラリアで設立され、2022年8月に日本向けサービスを開始した海外FX業者です。

その魅力として、スキャルピングに適した低スプレッドや大手LP提携による迅速な約定、そして最大1,000倍のレバレッジが挙げられます。

Axiの特徴

  • ASICライセンス取得の親会社
  • 高い約定力と透明性
  • 狭いスプレッド
  • ストップレベルゼロ
  • 最大1,000倍のハイレバレッジ

ASICライセンス取得の親会社

Axiの運営母体はオーストラリアのAxiCorp Financial Services Pty Ltdで、高い権威性を持つASICの金融ライセンスを取得しています。

高い約定力と透明性

Axiは多くの大手LPと提携しており、A-bookを全面的に採用しているため、高い約定力と透明性を確保しています。

狭いスプレッド

Axiのスプレッドは他の多くの業者と比べても非常に狭いです。

特にスタンダード口座は、他の業者の口座と比較してもコストが低いです。

ストップレベルゼロ

全銘柄においてストップレベルがゼロに設定されているため、指値や逆指値を自由に置けます。

最大1,000倍のハイレバレッジ

国内FX業者の25倍と制限がありますが、Axiでは最大レバレッジ1,000倍と非常に高いです。

Axiの注意点

  • ゼロカットは申請が必要
  • 取引ツールはMT4のみ
  • 最低入金額が設定されている

ゼロカットは申請が必要

Axiではゼロカットを採用していますが、利用するためには都度、カスタマーサポートへの申請が必要です。

取引ツールはMT4のみ

Axiで提供されている取引プラットフォームは、MT4(MetaTrader 4)のみです。

最低入金額が設定されている

Axiのプレミアム口座とエリート口座では、最低入金額が設けられています。

プレミアム口座の場合は500ドルの初回入金が求められるのに対し、エリート口座では25,000ドルの大きな金額が必要です。

Axiの各口座タイプのスプレッドと手数料を比較

Axiのスプレッドは全体的に狭く、3つの口座タイプの中で最も標準的なスタンダード口座でも他社のスタンダード口座と比べてスペックが高く、割安です。

  • スタンダード口座 : 手数料無し
  • プレミアム口座 : 1lot(往復)7ドルの手数料
  • エリート口座 : 1lot(往復)3.5ドルの手数料

最低入金額が設定されているプレミアム口座とエリート口座は取引手数料がかかってしまいますが、スプレッドが極めて狭く設定されているため、取引のトータルコストはスタンダード口座よりもさらに割安になります。

Axiの3つの口座の平均スプレッド

Axiは3つの口座タイプが用意されており、それぞれのFXメジャー通貨ペア、マイナー通貨ペア、XAUUSD(金)、暗号資産の平均スプレッドを下記にてご紹介します。

メジャー通貨ペアの平均スプレッド

通貨ペアスタンダードプレミアム
(手数料込)
エリート
(手数料込)
EUR / USD1.3pips0.9pips0.55pips
USD / JPY1.5pips1.3pips0.95pips
GBP / USD1.8pips1.6pips1.25pips
USD / CHF1.7pips1.4pips1.05pips
USD / CAD1.6pips1.4pips1.05pips
AUD / USD1.6pips1.4pips1.05pips
NZD / USD1.5pips1.3pips0.95pips

マイナー主要通貨ペアの平均スプレッド

通貨ペアスタンダードプレミアム
(手数料込)
エリート
(手数料込)
EUR / GBP1.3pips0.9pips0.55pips
EUR / AUD2.1pips1.8pips1.45pips
GBP / JPY2.2pips2pips1.65pips
CHF / JPY2.5pips2pips1.65pips
NZD/JPY2.1pips2pips1.65pips
GBP / CAD3.6pips2.6pips2.25pips

XAUUSD(金)の平均スプレッド

通貨ペアスタンダードプレミアム
(手数料込)
エリート
(手数料込)
XAU / USD20pips16.7pips16.35pips

暗号資産の平均スプレッド

通貨ペアスタンダード
BTC/USD1,800pips
ETH/USD200pips

Axiのスタンダード口座とプレミアム口座のスプレッドを比較

プレミアム口座、エリート口座は取引手数料がかかるものの、スタンダード口座に比べて取引コストをさらに抑えることができます。
例えば、USD/JPYで比較すると手数料込で
スタンダード口座:1.5pips
 プレミアム口座:1.3pips
となり0.2pipsの差でプレミアム口座の方が取引コストが低いです。

0.2pipsは2ドル相当になるので、
1lotの取引を10回行うと20ドル
100回行うと200ドルほどの手数料差額が生まれます。

スプレッドの数値を重視したい場合は「プレミアム口座」と「エリート口座」は取引コストを抑えることができるのでおすすめです。

Axiのスプレッドについてのまとめ

  • 標準的な「スタンダード口座」でも、他社のスタンダード口座と比べてスペックが高く割安
  • 「プレミアム口座」「エリート口座」は取引手数料がかかるものの「スタンダード口座」に比べて取引コストをさらに抑えることができる
profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索