BigBossは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

海外FX業者

BigBoss

BigBossは両建て可能?|禁 ...

BigBossは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

両建て取引は海外FX業者で禁止されている場合が多いですが、BigBossでは禁止されていません。

しかし、禁止事項やルールを守らず取引するとペナルティを受けてしまう可能性があります。

この記事では、BigBossでの両建てについてや、禁止事項やルールについて詳しく解説していきます。

両建とは

両建てとは、同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を同時に保有して取引することです。

買いポジションはロングポジション売りポジションはショートポジションと表現されることもあります。

例えば、ドル円(USD/JPY)の取引で、120円の時に買い(ロング)ポジションを保持し、140円の時に売り(ショート)ポジションを保持したとします。

上記のように、買いと売りの両方のポジションを保持した場合に両建てが成立します。

BigBossの両建て

BigBossの特徴

BigBossでは、最大1,111倍の高いレバレッジで取引が可能であり、取引毎にポイントが獲得できるシステムや、約定力の高いSTP/ECN方式を採用しています。

BigBossの両建てについて

BigBossでは、公式サイトにて両建て取引が認められています。

しかし、すべての両建てが許可されているわけではありません。

例えば、BigBossと他の口座間での両建てや、経済指標発表時の両建ては禁止されています。

他の海外FX業者でも、複数の口座や異なる業者間での両建ても許可されていないことが多く、これらの取引を行うとペナルティが科される可能性があるため、十分な注意が必要です。

両建てのメリット

メリット

  • 証拠金を減らさずにポジションを保有できる
  • 強制ロスカットを避けやすくなる
  • 相場の様子を長期的に観察できる
  • 相場変動に強く損失を最小限に防げる
  • 税金対策に活用できる

両建て取引を行うメリットは、買い(ロング)ポジションと売り(ショートポジション)の両方を保持すると、必要証拠金が差引きされ帳消しになり、証拠金を減らさずに強制ロスカットを避けてポジションを保有できたり、新規ポジションを注文できます。

買いと売りのポジション両方を保持することにより、含み益と含み損を大きくせずに長期で相場のトレンドを観察できます。

また個人の場合、1月1日から12月31日までの1年間で得た利益を翌年の確定申告で申請をおこなわなければいけませんが、含み損の利益は確定申告の対象外です。

年末に利益確定せずとも、両建て取引の含み益を保った状態で翌年に利益確定を持ち越すことができます。

両建てのデメリットと注意点

デメリットと注意点

  • スプレッドとスワップポイントが2ポジション分が必要
  • マイナススワップのコストが発生する可能性がある
  • 強制ロスカットと証拠金維持率に注意

両建てをすると、2ポジション分のとスワップポイントのコストがかかってしまうため、通常より2倍のコストや手数料を負担しなければいけません。

金利の高いポジションを保持している場合は、マイナススワップとなりでコストが発生する可能性もあります。

また、片方のポジションのみ決済する場合、両建てをした際に相殺されていた必要証拠金が発生するため、証拠金維持率が下がってしまうので注意が必要です。

ロスカット水準に対してギリギリの証拠金維持率で両建てを解消すると、片方のポジションを解消した際に強制ロスカット水準を下回り、強制ロスカットが起こる可能性もあります。

禁止事項とペナルティ

BigBossで両建て取引する場合、禁止されている両建て取引もあります。

また、BigBossだけに関わらず、他の海外FX業者でも同様に禁止されている両建ての取引ルールもあります。

海外FXの禁止事項

  • 複数口座間での両建て取引
  • 裁定取引(アービトラージ)
  • 窓開けや窓埋めのみを狙った取引
  • 経済指標発表時のみを狙ったリスク過多な取引
  • サーバーダウンやレートの遅延を狙った取引
  • ボーナスの不正取得

利用規約に反し禁止された両建てを行うと、利益没収や出金拒否などのペナルティを受けてしまいます。

また、悪質性が高い場合は口座凍結され二度と利用できなくなる場合もあるので、両建て取引をする場合は、利用規約違反に該当してしまわないように十分注意する必要があります。

複数口座間での両建て取引

一つの業者内で複数の口座を持つ場合、その口座間での両建て取引は問題視されることが多いです。

上記の行為は、リスク回避の意図が考えられるため、注意が必要です。

裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)とは、異なる市場や業者間での価格の違いを利用して、ほぼ確実な利益を得る取引方法です。

裁定取引は、市場の健全性を損なう恐れがあります。

窓開けや窓埋めのみを狙った取引

窓開けとは、株やFXのチャート上で、前の取引の終値と次の取引の始値との間に価格のギャップが生じることを指し、取引時間外の重要なニュースやイベントによって引き起こされることが多いです。

窓埋めは、窓開けで生じた価格のギャップが後の取引で埋まることを指します。

つまり、価格がギャップの範囲に戻ってくる現象のことを言います。

市場の開始や終了時に生じる価格のギャップを利用する取引は、不正利益を得る意図が考えられます。

経済指標発表時のみを狙ったリスク過多な取引

経済指標発表時とは、国や組織が経済の健康状態や動向を示すデータを公表する時期のことで、この発表により、市場の価格が大きく動くことが多いです。

経済指標の発表時に大きなリスクを伴う取引は、市場の安定性に悪影響を及ぼす可能性があります。

サーバーダウンやレートの遅延を狙った取引

業者のシステムの不具合を利用し、利益を得る取引は、他のトレーダーに不利益をもたらす恐れがあります。

ボーナスの不正取得

各業者が提供するボーナスを不正に取得する行為は、業者の信用を損なうと考えられます。

BigBossの禁止事項

BigBossでは下記3つの行為は禁止されています。

禁止事項

  • 複数口座での両建て
  • 他のFX業者の口座との両建て
  • 経済指標発表時の両建て

複数口座での両建て

同一口座での両建ては許可されていますが、異なる口座での両建ては禁止されています。

例えば、他の口座でポジションを保有していることを忘れ、誤って両建てを行ってしまった場合や、裁量取引や自動売買で保有したポジションが両建てになってしまった場合も禁止事項に違反するため、注意が必要です。

禁止事項に違反した場合、口座凍結や利益を没収される可能性があるため、注意してください。

他のFX業者の口座との両建て

BigBossでは、BigBossと他のFX業者の口座を利用した両建ても禁止行為です。

禁止事例

【BigBossで口座Aと他の海外FX業者で口座Bを保持していた場合】

  • FXGTの口座A:EUR/USDの買い(ロング)ポジションを保持
  • 他の海外FX業者の口座B:EUR/USDの売り(ショート)ポジションを保持
同一口座内での両建て複数口座間での両建て異業者間での両建て

経済指標発表時の両建て

経済指標時を狙った両建ては、高い確率で利益を得ることができます。

しかし、口座残高がマイナスになった場合、BigBossはゼロカットシステムを採用しているため、トレーダーの損失を補填する必要があり、多くのトレーダーが経済指標時に狙った両建てを行った場合、BigBossの経営状況に大きく負担がかかり悪化することもあるため、経済指標発表時の両建ては禁止されています。

また、経済指標時に狙った両建ては、BigBossだけでなく他の海外FX業者でも禁止されています。

まとめ

BigBossでは両建ては禁止されておらず、両建ては買いと売りの両方のポジションを持つことで長期的にトレンドを観察でき、利益が出やすくなったり、損失を抑えることも可能です。

しかし、2ポジション分の手数料やコストが発生するデメリットもあります。

また、BigBossでは「他業者の口座との両建て」や「経済指標発表時の両建て」などは利用規約で禁止されており、ルールを守らず規約違反した場合、利益を没収されたり、出金拒否や口座凍結が起こる可能性があるので、注意が必要です。

BigBossで両建てを行う際は、禁止事項やルールを必ず守って取引するよう注意しましょう。

BigBossの両建てに関するよくある質問と回答

BigBossで両建ては禁止されていますか?

いいえ、BigBossでは両建て取引することは公式サイトにて認められています。

禁止されている両建て取引はありますか?

BigBossでは以下の3つの両建て手法が禁止されています。「他の口座との両建て」「経済指標発表時の両建て」「他社業者の口座との両建て」。もし禁止された手法で取引を行うと、口座が凍結されたり利益が没収される可能性があります。

禁止されている両建てを行った場合、どのようなペナルティーを受けることになりますか?

利用規約に反し禁止された両建てを行うと、利益没収や出金拒否などのペナルティーを受けてしまいます。悪質性が高い場合は口座凍結され二度と利用できなくなる場合もあるので、両建て取引をする場合は、利用規約違反に該当してしまわないように十分注意する必要があります。

両建てとは何ですか?

両建てとは、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

両建て取引のメリットは何ですか?

両建て取引のメリットは、相場変動に強く損失を最小限に防ぐことができ、証拠金を減らさずにポジションを保有できたり、長期的に相場の観察を行えます。

EA(自動売買)を利用した両建ては禁止されていますか?

いいえ、BigBossではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことが認められています。

両建てのデメリットはありますか?

両建てをすると、2ポジション保有することになるので、スプレッドとスワップポイントも2倍のコストがかかります。スワップポイントは日々変動しているため、金利の高いポジションでの取引は、マイナススワップが発生する恐れがあり、ポジションを決済するまで損益が発生します。また、片方のポジションのみ決済する場合は、両建てをした際に相殺されていた必要証拠金が発生します。ロスカット水準に対してギリギリの証拠金維持率で両建てを解消すると、証拠金維持率が下がり強制ロスカットが起こる可能性があるので注意が必要です。

両建て取引中のポジションで、片方のみの決済はできますか?

はい、できます。しかし、売りポジションまたは買いポジションの片方のみを決済する場合、ポジションを決済した時点で両建て取引が解除され、取引量に併せた必要証拠金が発生します。

両建てをした際の証拠金計算はどうなりますか?

同一口座内で両建てを行った場合、証拠金は取引量に従って相殺されます。

他のFX業者の口座との両建ては禁止されていますか?

BigBossでは、BigBossと他のFX業者の口座を利用した両建ても禁止行為です。

BigBossの基本情報に関するよくある質問と回答

BigBossの最大レバレッジはどのぐらいですか?

最大レバレッジは1111倍です。追従なしで自由なトレードができます。

BigBossはライセンスを取得していますか?

SVG(セントビンセント)の金融ライセンスを取得しています。

顧客の資金はどのように管理されていますか?

BigBossでは、顧客から預かった資金を分別管理という方法で管理しています。分別管理とは、顧客から預かった資金を運営資金と分けて管理する方法です。

創業はいつですか?

BigBossは2013年6月に創業しました。

BigBossの口座タイプは何種類ありますか?

BigBossの口座タイプは3種類があり、スタンダード口座、プロスプレッド口座、CRYPTOS口座の3種類です。

会社の所在地はどこですか?

BigBossの登録住所は「セントビンセント・グレナディーン諸島
1/F First St Vincent Bank Ltd Building James Street
Kingstown St. Vincent and the Grenadines」です。

取引方式は何を採用していますか?

FX取引の取引方式はDD方式とNDD方式の2種類あり、BigBossではNDD方式を採用しています。DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すので、約定拒否や注文の取次をしないなど、トレーダーが不利になることが行われる可能性がありますが、NDD方式を採用しているBigBossではトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高いです。

BigBossはデモ口座を提供していますか?

はい、BigBossでは、口座開設前にデモ口座(デモトレード口座)を無料で提供しています。
デモ口座では実際に取引を始める前に、自分にあった口座タイプを見つけたい方や、1111倍のレバレッジを試すことができる仮想の取引口座です。

どのような取引プラットフォームのアプリがありますか?

BigBossでは、3種類のアプリ「MT4」「MT5」「BigBoss QuickOrder」を提供しています。MT4アプリとMT5アプリは、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームで、BigBoss QuickOrderアプリは、BigBossが独自に開発したモバイルアプリです。

BigBoss QuickOrderは、豊富なチャート分析機能が魅力のTradingViewのチャートを採用しています。

どのようなボーナスキャンペーンを開催していますか?

BigBossでは、新規口座開設ボーナスや入金ボーナスがあります。また、BigBossPoin(BBP)という取引ごとに多くのポイントがもらえるキャンペーンも開催しています。

BigBossの禁止事項に関するよくある質問と回答

Bigbossで出金拒否が起こる原因を教えてください。

出金手続きに必要な書類に不備があったり、不正な取引や規約違反を行うと、BigBossは出金を拒否することがあります。また、BigBossが提供するボーナスには条件があり、条件を満たしていない場合も出金が拒否がおこる場合があります。クレジットカードでの出金は、入金額以上の金額は出金できず、利益分は別の方法で出金しなければいけません。

BigBossで出金拒否や口座凍結はおこりますか?

BigBossでは、利用規約を守り禁止事項などを行わない限り、理不尽に出金が拒否されることはありません。

友人と一緒に1つの口座を利用して取引することは認められていますか?

いいえ、BigBossでは同一口座を複数人で利用することは禁止されています。

経済指標発表時のみを狙った取引は禁止行為ですか?

はい、BigBossでは経済指標発表時のみを狙った取引が禁止されており、違反した場合は出金拒否や口座凍結などのペナルティーの対象になります。

EA(自動売買システム)を利用したスキャルピング取引は禁止されていますか?

いいえ、BigBossではEA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことが認められています。

両建ては禁止されていますか?

同一口座での両建ては許可されていますが、「複数口座での両建て」「他のFX業者の口座との両建て」「経済指標発表時の両建て」は禁止されています。

複数口座間での両建ては認められていますか?

いいえ、同一口座での両建ては許可されていますが、異なる口座での両建ては禁止されています。

例えば、他の口座でポジションを保有していることを忘れ、誤って両建てを行ってしまった場合や、裁量取引や自動売買で保有したポジションが両建てになってしまった場合も禁止事項に違反するため、注意が必要です。

禁止事項に違反した場合、口座凍結や利益を没収される可能性があるため、注意してください。

海外FXで出金拒否や口座凍結が起こる原因を教えてください。

出金拒否などのトラブルが起こる主な原因は下記のような4つの事例が考えられます。
①悪徳FX業者による詐欺②海外FX業者の倒産③トレーダーによる利用規約違反などの行為④海外FX業者側のシステムエラーなどのトラブル。
悪徳FX業者の場合、非常にお得なキャンペーンなどを開催し、さまざまな手口で勧誘してきます。
しかし、実際に取引を始めてみるとボーナスの反映がされなかったり、正当な理由がなく出金拒否や口座凍結されるなどの被害を受け、利益の出金ができず泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

BigBossでのボーナスの不正取得はどのようなものを指しますか?

BigBossが提供するボーナスには条件があり、その条件を満たしていない場合や、不正な手段でボーナスを取得しようとする行為を指します。

出金不可の銀行口座はありますか?

SWIFTコードの登録がない銀行からの出金は受け付けられません。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索