BigBossのゼロカットシステム|マージンコールやロスカット水準について徹底解説!

海外FX業者

BigBoss

BigBossのゼロカットシステ ...

BigBossのゼロカットシステム|マージンコールやロスカット水準について徹底解説!

ゼロカットシステムは、取引による損失が口座残高を超えた場合に、その損失を補填するものです。

しかし、すべての取引がゼロカットの対象となるわけではありません。

例えば、取引規約に違反した場合や、特定の条件下での取引は、ゼロカットの対象外となる可能性があります。

この記事では、BigBossでゼロカットシステムを採用しているのか、マージンコールやロスカット水準について、詳しく解説していきます。

BigBossのゼロカットシステム

BigBossではゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットシステムの最大のメリットは、取引による損失が口座残高を超えても、追加の支払い義務がないことで、トレーダーは取引のリスクを最小限に抑えることができます。

ゼロカットとは

トレーダーの資産を守る仕組みであるロスカットが間に合わず、残高がマイナスになってしまった際、損失分をFX業者が負担すること

国内FX業者では、金融商品取引法でFX業者が顧客の損失を補填する行為が禁止されているため、ゼロカットシステムは採用されておらず、入金額以上の損失が出た場合は追加証拠金という「追従」が発生し、借金を背負ってしまうリスクがあります。

口座残高以上の損失が発生した場合

  • ゼロカットなし:不足分を追証としてトレーダーが支払う
  • ゼロカットあり:不足分をFX業者が補填する

しかし、BigBossではゼロカットによりマイナス分が補填し、取引による損失が口座残高を超えても追従による追加の支払い義務がないため、借金のリスクを心配をせずに、高いレバレッジをかけた取引でも安心して行えます。

BigBossと海外FX業者のロスカット水準の比較

ロスカット必要証拠金率
Axiory20%
BigBoss20%
XM Trading20%
Axi20%
HFM(Hotforex)20%
OQtima20%
TitanFX20%
ThreeTrader20%
Axon Markets50%
PU Prime50%

BigBossのロスカット基準は、他の海外FX業者と比較しても標準的で、多くの業者が20%~30%の範囲でロスカットを設定しています。

国内のFX業者との比較では、BigBossはロスカットが発生しにくい特徴があります。

そのため、「間もなく価格が反転するだろう」と感じる瞬間でも、ロスカットされることなく取引を継続することができる場面が増えます。

しかし、ロスカット基準が低めに設定されている場合、ロスカットが行われた際の残存資金が少なくなるリスクがあるため、取引を行う際は十分な注意が必要です。

BigBossのマージンコール

マージンコールは強制ロスカットが行われる前に対策をねることができる便利な機能です。

マージンコールとは

トレーダーに取引中のポジションの含み損が拡大していることをアラート機能で知らせるシステムのこと

マージンコールの水準は、FX業者や口座の種類によって異なります。

BigBossでマージンコールが発生する水準は証拠金維持率50%以下に設定されています。

マージンコールへの対策

マージンコールが発生すると、ロスカットになるリスクが近づいているため、強制的に損切りされないように自身で損切りを行うか追加入金するなどの対策が必要です。

マージンコールへの対策

  • 低いレバレッジで取引する
  • 余裕をもった証拠金で運用する
  • 損切りを徹底する

高いレバレッジで取引すると為替変動に左右されやすく、少ない証拠金の場合、多少の含み損でマージンコールが発生しやすくなります。

証拠金には余裕を持ち低いレバレッジで運用すること、また損切りを徹底することで損失額を最小限に抑えた取引をおすすめします。

BigBossのロスカット

ロスカットとは

保有しているポジションの含み損が口座残高に対し一定の水準を超えてしまった場合、それ以上に損失が増えないように強制的にポジションを決済させること

ロスカット水準は、マージンコールと同様にFX業者ごとに異なります。

BigBossのロスカットは証拠金維持率の20%以下で、マイナス残高になった場合は、数分~翌営業日までに自動的にゼロカットが執行されます。

国内の多くのFX業者では、口座維持率50~100%が一般的ですが、BigBossではロスカットされる可能性が低く、安心して取引できます。

BigBossでのゼロカットの注意点

ゼロカットが対象外になる取引や行為について

BigBossでは、利用規約に違反する取引や行為が確認された場合、ゼロカットが適用されず、口座残高を超える損失は追証として支払わなければいけません。

BigBossでは、以下のような取引がゼロカットの対象外となります。

ゼロカット対象外になる原因

  • 経済指標発表前後などの相場が急変動するタイミングだけ狙って取引する
  • 複数口座で両建て取引
  • サーバーに過剰な負担をかける取引を高頻度に行う
  • ボーナスやゼロカットの盲点を利用した取引
  • 遅延を意図的に利用したレイテンシートレーディング
  • 公平性に欠ける取引

上記のような取引を行うとゼロカットの対象外になるため注意してください。

ボーナスの有無や口座タイプでゼロカットの適用が異なる

BigBossではボーナスの有無でゼロカットのルールが異なります。

ボーナスを保持していない場合は、ロスカットされた場合でもマイナス残高になりませんが、有効証拠金として使うボーナス(クレジット)を保持している場合で強制ロスカットされた際は、マイナス残高と相殺されます。

また、BigBossの口座タイプは3種類(スタンダード口座・プロスプレッド口座・CRYPTOS口座)ありますが、仮想通貨の現物取引のみが行われるCRYPTOS口座はゼロカットの対象外です。

BigBossでのゼロカットシステムのまとめ

発動までの流れ証拠金維持率
①マージンコール50%以下
②ロスカット20%以下
③ゼロカット0%

ゼロカットは急激な為替変動が起きてもBigBossが損失分を補填してくれるため、高いレバレッジでも安心して取引できます。

BigBossでゼロカットシステムが発動するまでには順序があり、証拠金維持率50%以下になるとマージンコールによるアラートが発生し、証拠金維持率20%以下になると、損失が増えないよう強制ロスカットによりポジションが決済が行われ、最後にゼロカットが適用されます。

しかし、BigBossで禁止されている取引や行為を行った場合はゼロカットが適応されず、CRYPTOS口座はゼロカットの対象外など、独自のルールがあります。

また、ゼロカットはが消滅してしまうデメリットもあるので、自分の資産を守るためにも資金管理は十分に気をつけましょう。

BigBossのゼロカットに関するよくある質問と回答

ゼロカットが適用されない口座はありますか?

CRYPTOS口座は、現物取引のみとなりマイナス残高にならないため、ゼロカットが適用されません。スタンダード口座とプロスプレッド口座の仮想通貨(暗号資産)CFDにはゼロカットが適用されます。

BigBossでゼロカットが適用されない場合はどうしたら良いですか?

禁止取引や禁止行為を行っていないのに、BigBossでゼロカットが3営業日以降も行われない場合は、BigBossのサポートへ連絡してください。

マージンコールが発動した場合、入金したほうが良いですか?

BigBossでマージンコールが発生しても、必ず入金が必要というわけではありません。強制ロスカットを避けるためには、追加入金やポジションの決済を必要に応じて行ってください。

ゼロカットとは何ですか?

ゼロカットとは、ロスカットで生じた損失を相殺して口座残高を0に戻してくれるシステムの事です。追証による追加の証拠金請求によって借金のリスクが発生することはありません。

マージンコールとは何ですか?

マージンコールとはトレーダーに取引中のポジションの含み損が拡大していることをアラート機能で知らせるシステムのことです。

ロスカットとは何ですか?

ロスカットとは保有しているポジションの含み損が口座残高に対し一定の水準を超えてしまった際に、入金額以上に損失が増えないよう強制的にポジションを決済させることです。

ゼロカットを避ける方法を教えて下さい。

ゼロカットを避ける方法は、有効証拠金を増やす、または保有しているポジションを決済する、損切りの水準を設定しておくことです。

BigBossゼロカットによって追証が発生することはあるのでしょうか?

いいえ、​BigBossのゼロカットにより追証が発生することはありません。

ゼロカットシステムを利用すると、どのようなメリットがありますか? 

ゼロカットシステムを利用することで、追証の心配がなく、安定したトレードをすることができます。また、損失が入金額を上回った場合でも、口座がマイナスになることがありません。

マージンコールへの対策方法を教えてください。

マージンコールが発生すると、ロスカットになるリスクが近づいているため、強制的に損切りされないように自身で損切りを行うか追加入金するなどの対策が必要です。

マージンコールへの対策は「低いレバレッジで取引する」「余裕をもった証拠金で運用する」「損切りを徹底する」などがあります。

BigBossの基本情報に関するよくある質問と回答

BigBossの最大レバレッジはどのぐらいですか?

最大レバレッジは1111倍です。追従なしで自由なトレードができます。

BigBossはライセンスを取得していますか?

SVG(セントビンセント)の金融ライセンスを取得しています。

顧客の資金はどのように管理されていますか?

BigBossでは、顧客から預かった資金を分別管理という方法で管理しています。分別管理とは、顧客から預かった資金を運営資金と分けて管理する方法です。

創業はいつですか?

BigBossは2013年6月に創業しました。

BigBossの口座タイプは何種類ありますか?

BigBossの口座タイプは3種類があり、スタンダード口座、プロスプレッド口座、CRYPTOS口座の3種類です。

会社の所在地はどこですか?

BigBossの登録住所は「セントビンセント・グレナディーン諸島
1/F First St Vincent Bank Ltd Building James Street
Kingstown St. Vincent and the Grenadines」です。

取引方式は何を採用していますか?

FX取引の取引方式はDD方式とNDD方式の2種類あり、BigBossではNDD方式を採用しています。DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すので、約定拒否や注文の取次をしないなど、トレーダーが不利になることが行われる可能性がありますが、NDD方式を採用しているBigBossではトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高いです。

BigBossはデモ口座を提供していますか?

はい、BigBossでは、口座開設前にデモ口座(デモトレード口座)を無料で提供しています。
デモ口座では実際に取引を始める前に、自分にあった口座タイプを見つけたい方や、1111倍のレバレッジを試すことができる仮想の取引口座です。

どのような取引プラットフォームのアプリがありますか?

BigBossでは、3種類のアプリ「MT4」「MT5」「BigBoss QuickOrder」を提供しています。MT4アプリとMT5アプリは、ロシアのMetaQuotes(メタクオーツ社)が開発と運営する専用取引プラットフォームで、BigBoss QuickOrderアプリは、BigBossが独自に開発したモバイルアプリです。

BigBoss QuickOrderは、豊富なチャート分析機能が魅力のTradingViewのチャートを採用しています。

どのようなボーナスキャンペーンを開催していますか?

BigBossでは、新規口座開設ボーナスや入金ボーナスがあります。また、BigBossPoin(BBP)という取引ごとに多くのポイントがもらえるキャンペーンも開催しています。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索