Exnessの評判まとめ|サポート状況や口コミ、安全性などについて徹底解説!

海外FX業者

Exness

Exnessの評判まとめ|サポー ...

Exnessの評判まとめ|サポート状況や口コミ、安全性などについて徹底解説!

Exnessは複数の企業により構成されたグループ会社で、世界各国でトレーディングプラットフォーム事業を展開するFX業者です。

2008年に設立後、一時的に日本から撤退しましたが、2020年に日本語サポートを充実させ再びサービスを開始し、近年急速に利用者数を増やしているす。

特にSNS上では、高額の利益を上げたという声も多く聞かれます。

この記事では、Exnessの特徴や安全性、口コミに基づく評判やサポート状況について詳しく解説します。

Exnessの安全性

Exnessは2008年に設立し、一時日本から撤退後2020年から再びサービスを開始しました。

Exnessは世界各国でトレーディングプラットフォーム事業を行っています。

会社情報詳細
運営会社Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)
設立2008年
ライセンス(番号)セーシェル金融庁(FSA)
会社住所9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
資金管理分別管理
最大レバレッジ無制限
取引方式NDD方式
日本語対応完全対応

Exnessでは、2010年より毎月の顧客数や取引量、出金額をホームページで公開しています。

直近の取引量は300兆円を超えるなど海外FX業者の中でもトップクラスで、日本だけでなく世界中で利用されていることが分かります。

Exnessの金融ライセンスについて

金融ライセンスとは

世界各国の金融機関ごとに決められた基準を満たすと、金融や投資を事業として扱うことが許可される資格のこと

Exnessはセーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを保持し、グループ全体で保有する金融ライセンスは8つあります。

中でも、キプロス証券取引委員会 (CySEC)や、イギリス金融行動監視機構 (FCA)」の金融ライセンスは、世界でも特に取得が難しいライセンスです。

Exnessが保持するライセンスライセンス番号
セーシェル共和国金融庁 (FSA)ライセンス番号:SD025
キプロス証券取引委員会 (CySEC)ライセンス番号:178/12
イギリス金融行動監視機構 (FCA)登録番号:730729
ケニア資本市場庁 (CMA)ライセンス番号「162」
キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行 (CBCS)ライセンス番号:0003LSI
英領バージン諸島金融サービス委員会 (FSC)登録番号:2032226
投資事業ライセンス番号:SIBA/L/20/1133
モーリシャス金融サービス委員会 (FSC)登録番号:176967
投資ディーラーライセンス番号:GB20025294
南アフリカ金融業界行為監督機構 (FSCA)金融サービスプロバイダー(FSP)番号:51024

金融ライセンスにはさまざまな種類があり、審査の厳しさや規制の緩さなどは国ごとに異なります。

トレーダーの保護に関することや、業者の状況など厳しく審査されるため、金融ライセンスを取得することは安全性や信頼性を示す証拠になり、Exnessの安全性と信頼性は非常に高いと言えます。

Exnessの取引方式について

FX取引の取引方式はDD方式とNDD方式の2種類あり、ExnessではNDD方式を採用しています。

NDD方式とは、トレーダーからの注文が直接、市場に流れる方式で、DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を介して市場に流します。

DD方式では、FX業者による約定拒否などの故意にトレーダーが不利になることが行われる可能性がありますが、NDD方式を採用しているExnessではそのうような心配はせずに安心して取引ができます。

取引方式の種類

  • DD方式:トレーダーからの注文をFX業者を介して市場に流す方式
  • NDD方式:トレーダーからの注文が直接、市場に流れる方式

Exnessの資金管理方法

資金管理方法は「分別管理」と「信託保全」2種類あり、Exnessでは分別管理を実施しています。

分別管理は、トレーダーから預かった資産をExnessの資産と分けて管理しますが、社内または外部機関のどちらかで管理するかは、FX業者により異なります。

分別管理と信託保全について

  • 分別管理:トレーダーの資金をFX業者の資金とは別に区分して管理する方法で、管理方法は外部機関でも社内管理でも良いとされている
  • 信託保全:トレーダーの資産をFX業者の資産と分別し、外部の信託銀行に預けて管理すること

また、Exnessでは、毎月の取引量や顧客数、出金額などの情報を公開しており、透明性を保っています。

Exnessの特徴

Exnessの取引条件

Exnessは取引条件の良さで知られ、特にレバレッジやスプレッドが魅力的です。

Exnessのレバレッジは業界最高の21億倍・実質無制限で、ロスカット水準も0%です。

これにより、証拠金維持率が0%になるまでの含み損に耐えることができます。

Exnessの特徴

Exnessはボーナスキャンペーンを開催していないため、全額自己資金でトレードする必要があります。しかし、その代わりに非常に魅力的な取引条件を提供しています。

Exnessがおすすめのトレーダー

Exnessは、ボーナスが不要で中級者以上のトレーダーや、ハイレバで大きな利益を狙いたいトレーダー、スプレッドの狭い口座を求めるスキャルピングトレーダーにおすすめです。

Exnessのサポート体制

Exnessのサポートデスクは東南アジアのマレーシアにあり、日本マーケットの担当者が対応しています。

Exnessのカスタマーサポートでは「チャット」と「メール」の2種類あり、日本語で問い合わせることができます。

また、Exnessではよくある質問をまとめたヘルプセンターも用意されています。

問い合わせ方法

  • チャット
  • メール

チャットの利用時間は平日8:00〜24:00まで、即時、返信を受け取れます。

メールは24時間受付ており、返信時間は1営業日以内です。

問い合わせ方法営業時間返信時間
チャット平日8:00〜24:00即時
メール24時間1営業日以内

※土日は休業です。

Exnessの評判と口コミ

実際にExnessで取引しているトレーダーからの評判と口コミをご紹介します。

良い評判

  • 人気通貨ペアがスワップフリーで取引できる
  • 小額でもレバレッジが無制限で大きな取引ができる
  • ポジション保有中でも出金や資金移動ができる

Exnessの良い評判で多くあげられていたのは、仮想通貨やゴールド、株式指数、株式銘柄などのさまざまな通貨ペアでスワップ0に設定されており、証拠金残高が1,000ドル未満の少ない金額でもが無制限で大きな取引ができることでした。

また、他の海外FX業者ではポジション保有中は出金ができなかったり、資金移動が禁止されていることが多いですが、Exnessでは制限がなく自由に取引できることに定評があります。

悪い評判

  • レバレッジ制限が厳しい
  • ボーナスキャンペーンがない
  • クレジットカード入金ができない
  • サポートが遅い

Exnessではレバレッジが無制限で取引できますが、口座残高や経済指標の発表前後などに制限がかかります。

また、入金方法で利用できるクレジットカードはJCBのみで、VISAとMastercardによる入金は停止されているため、不便に感じるトレーダーも多いようです。

カスタマーサポートでは、日本語対応しているものの、サポートの対応が遅いという声もあります。

まとめ

この記事では、Exnessの安全性や信頼性、実際に取引するトレーダーの口コミや評判に基づき解説しました。

Exnessでは、取引の透明性が高いNDD方式を採用金融ライセンスを保持し、毎月の顧客数や取引量、出金額をホームページで公開するなど安全性の高い業者です。

また、少額でもレバレッジが無制限で取引できるなど取引環境がよいため、初心者の方から上級者の方まで、幅広いトレーダーから人気があります。

しかし、入金に利用できるクレジットカードの種類が少なかったり、レバレッジには口座残高などにより、制限や規制がかかる場合もあるので、取引前に十分確認することをおすすめします。

Exnessの口座開設に関するよくある質問と回答

Exnessの口座開設にかかる時間はどれくらいですか?

Exnessの口座開設フォームの入力は2~3分、口座を有効化するための書類提出に5分、書類の承認には最短10分ほどかかります。

Exnessの口座開設に必要な書類は何ですか?

本人確認書類と住所確認書類が1点ずつ必要です。

デモ口座は開設できますか?

Exnessではデモ口座を開設できます。

未成年でも口座開設できますか?

18歳以上であればExnessの口座開設は可能です。

口座開設に費用はかかりますか?

いいえ、Exnessの口座開設では費用や手数料は一切かからず、無料で開設できます。

口座開設の際に親の同意書は必要ですか?

Exnessの口座開設は18歳以上であれば誰でも口座開設が可能で、未成年であっても親の承諾や同意書、サインは不要です。

何種類の口座タイプがありますか?

Exnessは、スタンダード口座、スタンダードセント口座、ロースプレッド口座、ゼロ口座、プロ口座の5つの口座タイプを提供しています。
全ての口座タイプでレバレッジ無制限の取引が可能、スワップフリーでポジションを保有できます。また、ゼロカットシステムを採用しており、口座残高がマイナスになることはなく、ロスカット水準は0%に設定されているため、口座残高の全額取引に使えます。

口座開設は日本語で行なえますか?

はい、Exnessでの新規口座開設の手続きは日本語で行えるため、英語が苦手な方でも安心して口座開設が可能です。

デモ口座とは何ですか?

デモ口座とは、リアルタイムの市場環境をシミュレートしており、実際の資金をいれずに仮想の資金で取引が体験できます。

取引口座を開設するとデモ口座も開設されますか?

はい、Exnessでアカウントを登録すると、自動的にデモ口座が開設されます。
また、Exnessのデモ口座は、アカウントを持っている方なら誰でも最大200口座まで開設可能で、口座残高や最大レバレッジを自由に調整できます。

Exnessの安全性と評判に関するよくある質問と回答

取引方式の安全性について教えてください。

FX業者が採用する取引方式は2種類、「DD方式」と「NDD方式」がありますが、ExnessではNDD方式を採用しています。
DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すので、注文に取次をしないなどの呑み行為や約定拒否される心配がありますが、NDD方式はトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高い方法です。

資金管理方法を教えて下さい。

資金管理方法は「分別管理」と「信託保全」の2種類あり、Exnessでは分別管理を実施しています。
分別管理は、トレーダーから預かった資産をExnessの資産と分けて管理する方法です。

金融ライセンスは取得していますか?

Exnessはセーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを保持し、グループ全体で保有する金融ライセンスは8つあります。

Exnessは何年に設立されましたか?

Exnessは2008年設立されました。一時的に日本から撤退しましたが、2020年に再び日本語サポートを充実させサービスを開始しました。

カスタマーサポートは日本語で対応してくれますか?

はい。Exnessのカスタマーサポートでは日本語対応しています。問い合わせ方法は「チャット」と「メール」の2種類あり、日本語で問い合わせることができます。

カスタマーサポートの対応時間を教えてください。

Exnessのカスタマーサポートでは「チャット」と「メール」の2種類あり、日本語で問い合わせることができます。チャットの利用時間は平日8:00〜24:00まで、即時、返信を受け取れます。メールは24時間受付ており、返信時間は1営業日以内です。

登録住所はどこですか?

Exnessの会社の住所は9A CT House 2nd floor Providence Mahe Seychellesです。

ゼロカットシステムは採用していますか?

はい、Exnessではゼロカットシステムを採用しています。万が一、ロスカットが間に合わず有効証拠金にマイナス分が出た場合でも、損失分をExnessが負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれます。

ExnessはどのようなFX業者ですか?

Exnessは2008年に設立されたグループ会社で、世界各国でトレーディングプラットフォーム事業を展開しています。2020年に日本語サポートを充実させ、再びサービスを開始しました。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索