プロップファームを提供するおすすめの業者を紹介|FX業者ごとの特徴を解説!

その他

プロップファーム

プロップファームを提供するおすす ...

プロップファームを提供するおすすめの業者を紹介|FX業者ごとの特徴を解説!

プロップファーム(Proprietary Trading Firms)は、自社資金を用いて金融市場で取引を行う企業です。

プロップトレーダーは、プロップファームに所属し、企業の資金を使って市場で取引を行うトレーダーを指します。

この記事では、プロップファームを提供する業者を詳しくご紹介します。

プロップファームの特徴

プロップファームとは

プロップファーム(Proprietary Trading Firms)は、自社資金を用いて金融市場で取引を行う企業です。

これらの企業は、外部からの資金を一切使わず、完全に自社資金で運用を行うことを特徴としています。

その主な収益モデルは、高いスキルを持つトレーダーが市場で取引を行い、得られた利益を企業とトレーダーで分け合うという形式を取っています。

プロップトレーダーとは

プロップトレーダーは、プロップファームに所属し、企業の資金を使って市場で取引を行うトレーダーを指します。

プロップトレーダーの主な目的は、企業の資金を最大化することにあります。

プロップトレーダーは、株式、オプション、ETF(上場投資信託)、コモディティ、通貨、先物など、幅広い金融商品を取引対象としています。

報酬体系としては、運用によって発生した利益の一部を受け取る形です。

プロップトレーダーになる方法

プロップトレーダーになるための方法は、金融機関の投資部門に配属されるか、プロップファームと契約することです。

プロップファームには、トレード経験や習熟度に応じたさまざまなレベルのポジションが存在します。

初心者の場合、多くのプロップファームは研修プログラムや教育制度を提供しており、基本的なトレードスキルから高度な戦略までを学ぶことができます。

また、経験が豊富なトレーダーの場合、すぐに実戦に参加し、会社の資金を運用することが期待されることもあります。

重要なのは、自身のスキルや経験を正確に伝え、適切なポジションを選ぶことです。

プロップトレーダーとして成功するためには、常に市場の動向を学び続け、自身のトレードスキルを磨くことが不可欠です。

プロップファームを提供している業者

プロップファームを提供している業者をご紹介します。

  • Axi「Axi select」
  • Axiory「Fintokei」
  • FTMO
  • myforexfunds

プロップファーム:Axi「Axi select」

Axi selectは、Axiというオーストラリアを拠点とする大手海外FX業者が新たにプロップファームビジネス「Axi select」を立ち上げました。

Axi Selectは、過去の取引実績が優秀なトレーダーを対象に、Axiから最低50万ドル以上の資金を受け取り、取引を行うことができるプログラムです。

トレーダーは、取引によって得た利益の20%をリワードとして受け取ることが可能です。

このプログラムは、PsyQuationというAI分析プラットフォームを使用して、トレーダーのパフォーマンスを測定し、プロトレーダーとしての資質を評価します。

トレーダーは「Seedステージ」と呼ばれる初期の段階からスタートし、指定された基準を満たすことで次のステージへと進んでいきます。

ステージが進むごとに、より多くの資金提供や高い利益分配率などの追加の特典が得られます。

プロップファーム:Axiory「Fintokei」

Fintokeiは、日本のプロップトレーディング業界のリーダーとして知られており、Axioryとの強力なパートナーシップを背景に事業を展開しています。

Fintokeiは、長期的な運用を任せることができるプロップトレーダーを発掘する仕組みで、最大5000万円の資金をFintokeiから提供され、大きな資金でトレードができるプロップファームです。

5つのチャレンジプランから選択し、ステップ1~2をクリアして、特定の条件を満たすことでプロップトレーダーとして認定される独自のシステムを採用しています。

Fintokeiの公認プロップトレーダーとして認定されると、最大5,000万円の取引資金を獲得し、ステップ3から取引で得られる利益の80%を受け取れます。

トレード資金は必要ないですが、1回のチャレンジには費用がかかります。

プロップファーム:FTMO

FTMOは、2015年から真剣なトレーダーを探してきた現代的なプロップトレーディング会社です。

FTMOの目的は、経験が豊富なトレーダーを見つけ、その才能を最大限に引き出すことで、FTMOは2段階の評価プロセスを導入しています。

2つののプロセスは「FTMO Challenge」と「Verification」の2つのステージから成り立っており、トレーダーの能力を詳細に評価するために特別に設計されています。

成功したトレーダーは、最大200,000ドルのFTMOアカウントへのアクセスが提供され、その利益の最大90%を報酬として受け取ることができます。

また、FTMOはトレーダーが成功するためのさまざまなツールやリソースを提供しています。

カスタムトレーディングアプリやアカウント分析、FTMOアカデミー、サポートチームなど、トレーダーのサポート体制が整っています。

特徴

  • 多彩なトレーディング条件:手数料やスプレッドが低く、さまざまな資産を提供。
  • リーバレッジ1:100:プロのトレーダー向けのリーバレッジで、自由に取引が可能。
  • 選べる取引プラットフォーム:MT4、MT5、cTraderなど、自分のスタイルに合わせて選択。
  • トレーディングスタイルの自由:自分の戦略を活かして、EAやヘッジ、裁量取引もOK。

プロップファーム:myforexfunds

MyForexFundsは、カナダのトロントを拠点とするプロップ取引会社で、トレーダーのスキルを評価し、その結果に応じて資金提供されたアカウントを提供するプログラムを実施しています。

現在80カ国以上で4000人以上のトレーダーがサービスを利用されており、MyForexFundsでは、自己資金をリスクにさらさずに、大きな資金での取引を体験できます。

MyForexFundsはトレーダーに3種類の資金提供口座を提供しています。

経験に応じて適切なプログラムを選べるので、自分のスキルに合った取引ができるのが魅力です。

しかし、トレーダーは取引を開始する前に取引シミュレーター(デモ口座)から始める必要があり、プログラムに参加するためには、84ドルから100ドルの前払い料金が必要で、プログラムによって異なります。

プロップトレーダーの年収

プロップトレーダーの年収は、トレードの運用益によって大きく変動します。

米国のプロップトレーダーの収入は約550万円〜1億円で、平均的な収入は2,600万円程度とされています。

多くのプロップトレーダーは、トレードの運用益の25%〜50%の報酬を受け取ります。

まとめ

プロップファームは、金融市場における特異なビジネスモデルを持つ企業で、主に自社資金を用いて取引活動を行います。

外部からの資金調達に頼らず、独自の投資戦略を自由に追求することが可能です。

一方、プロップトレーダーは、プロップファームに所属し、企業の資金を運用して取引を行う専門家です。

日本国内でプロップトレーディングのサービスを提供している企業はまだ少ないため、プロップトレーディングの分野でのキャリアを追求するトレーダーにとっては、競争が少なく、独自の市場を築くチャンスが広がっています。

プロップトレーダーは、会社の資金を活用して取引を行う特性を持っており、自らの資金をリスクに晒さずに、安心して大胆な取引戦略を採用し、高いリターンを目指せるのは大きな魅力です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索