HFM(Hotforex)の口座開設に年齢制限はある?|何歳から使える?未成年や学生でも口座開設できるのか解説します!

海外FX業者

HFM markets

HFM(Hotforex)の口座 ...

HFM(Hotforex)の口座開設に年齢制限はある?|何歳から使える?未成年や学生でも口座開設できるのか解説します!

FX取引に興味をもつと「海外FXは何歳から口座開設できるの?」、「学生や未成年でもFX取引を始められる?」など疑問に思う方もいらっしゃるかと思われます。

この記事では実際に、HFM(Hotforex)の口座解説の年齢制限についてや、学生や未成年でも口座開設ができるのか詳しく解説していきます。

HFM(Hotforex)で口座開設できる年齢について

海外FXで口座開設できる年齢は業者により異なり、18歳からFX口座の開設が可能なところもあれば、20歳からと年齢制限が厳しい業者もあります。

また、所得により判断するFX業者もありますが、HFM(Hotforex)では所得に関わらず18歳以上であれば、口座開設ができます。

口座開設の年齢制限が18歳以上とされる理由

  • 外国では18歳以上が成人
  • 金融ライセンスを取得して運営している

日本では今まで20歳が成人とされていましたが、2022年4月に法律が改正され、成人になる年齢が18歳に引き下げられました。

現状では、国内FX業者で口座開設できるのは20歳以上と設定されている業者が多いです

しかし、海外ではもともと18歳で成人となる国が多く、それに伴い海外FX業者での口座開設できる年齢は18歳以上と設定されています。

また、金融ライセンスは投資を事業として扱う業者に対し発行される許可証のことで、国際的な金融機関が定める独自の基準をクリアしなければ取得できません。

金融ライセンスを取得して運営することは安全性や信頼性を示す証拠にもなります。

海外の法律に基づき金融ライセンスを取得し運営することで、日本よりも低い年齢で取引を開始できます。

HFM(Hotforex)の口座開設条件と必要書類

HFM(Hotforex)は、多くのFX業者と同様に、18歳以上から取引を開始でき、保護者の同意書などは不要です。

国内のFX業者の場合、20歳未満の未成年者は「制限行為能力者」とされ、親の同意書が必要となりますが、多くの海外FX業者では18歳以上であれば、基本的に親の同意書は不要です。

HFM(Hotforex)の口座開設の条件

HFM(Hotforex)で口座開設する場合、下記2つの条件に注意する必要があります。

  • 年齢が18歳以上であること
  • 禁止エリアの居住に該当しないこと

口座開設は、申し込み時に18歳以上で、日本在中であれば可能です。

海外に住んでいる方も口座を開設できますが、一部サービスを提供していない国があります。

禁止エリアの一例

  • アメリカ
  • カナダ
  • 北朝鮮
  • シリア
  • イラン
  • スーダン

HFM(Hotforex)の口座開設での必要書類

HFM(Hotforex)で口座開設するには、2つの書類、「本人確認書類」「現住所確認書類」が必要です。

本人確認書類は、顔写真つきで有効期限内でなければいけません。

必要書類参考書類の一例
本人確認書類・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
現住所確認書類・住民票
・健康保険証
・公共料金
・クレジットカードの請求書
・銀行の取引明細書

未成年や学生で海外FXを始めるメリット

学生トレーダーが増えている理由は、FXを通じて世界経済の流れを理解し、分析力や考える力を養うことができるからです。

また、アルバイトだけでなく、FXが新たな収入源として選ばれるようになってきました。

さらに、FXを学びながら学費を稼ぐ学生も増えています。

FXは少額から始めることができ、学生にとってアクセスしやすい投資方法です。

メリット

  • 若い年齢で投資が経験できる
  • 少額で資産を大きく増やせる可能性
  • 効率よくお金を稼げる可能性

未成年や学生の若い年齢のうちに投資を始めると、たくさん投資経験を学べるだけでなく、上達した経験値を生かして将来の自分の資産を増やすこともできます

HFM(Hotforex)では少額から取引を始めることができ、少ない資金でもボーナスを併用したり、レバレッジをかけることにより、自己資金より多い金額でFX取引を始められます。

未成年や学生で海外FXを始める注意点

年齢が若いうちにFX取引を始めるのは良いことだけでは有りません。

若くして始めることにより起こりうる下記2つのリスクがあります。

デメリット

  • 経験や知識の不足による損失
  • 損失が出た場合の責任能力

FXでは土日以外24時間取引ができます。

株式などに比べ取引できる時間が長い分、チャートをこまめにチェックしなければいけません。

レバレッジをかけた取引では思わぬ損失が発生する場合もあります。

取引に失敗すると、損失により資産が減少したりなくなる恐れもあります。

国内FX業者では、自分の資産以上に発生した損失に対し、追証という支払い義務があります。

追証は無視することはできず、借金を抱えてしまう場合もあるので注意しなければいけません。

まとめ

HFM(Hotforex)での口座開設は18歳以上であれば親の同意書は不要で口座を作れます。

また、国内FX業者では追従により借金を抱えるリスクがありますが、HFM(Hotforex)はゼロカットシステムを採用しているため、高いレバレッジにより、自身の保有する資産を上回る損失が発生しても、マイナスにならずにすみます。

FX取引は、正しい知識と方法で行えば、学生にとっても有益な学びと収入の源となりますが、リスクも伴うため、しっかりとした学びと研究が必要です。

FXを始める前に、しっかりとした知識を身につけ、安全な取引を心がけましょう。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索