AximTrade(アキシムトレード)禁止事項まとめ|口座凍結・出金拒否にならないための注意点

海外FX業者

AximTrade

AximTrade(アキシムトレ ...

AximTrade(アキシムトレード)禁止事項まとめ|口座凍結・出金拒否にならないための注意点

AximTrade(アキシムトレード)での出金拒否や口座凍結のトラブルは主に、トレーダー側が取引方法のルールを守っていないことで起きてしまうことが多いです。

AximTrade(アキシムトレード)は10年以上の長い運営歴に加え、資金管理方法もしっかり明記し、ライセンスも取得している信頼性の高い業者です。

出金する際は、口座凍結にならにように事前にしっかりとルールを確認してから手続きを行う必要があります。

この記事では、AximTradeで出金拒否や口座凍結を起こさないためにはどのような点に注意すればよいかなど詳しく解説していきます。

海外FXで出金拒否や口座凍結が起こる原因

海外FX AximTrade 出金拒否 口座凍結 原因

海外FX業者での出金拒否が起こる主なケースは2種類あります。

出金拒否が起こる主な原因

  • 利用しているFX業者が悪徳業者である場合
  • トレーダー側により問題がある場合

1つ目は悪徳業者による不当な理由での遅延や出金拒否、2つ目は顧客が自身の登録情報を誤って登録していたり、業者の出金ルールに従っていない場合です。

出金拒否が起こりにくい海外FX業者の選び方

出金拒否 海外FX業者 選び方

海外FX業者でトレードを始める際に、利用する業者が悪徳業者ではないか、FX業者の信頼性や安全性を見分けるポイントは2つあります。

業者選びのポイント

  • 金融ライセンスを取得しているか
  • トレーダーの資産の管理方法

金融ライセンスについて

金融ライセンスとは、金融業の営業許可証のことで、世界中の各国々にある監督機関が発行しており、取得にはさまざまな審査と規制が設けられています。

金融ライセンスを保持している業者ではれば、出金トラブルを起こしにくいことがわかります。

各国々ごとにライセンスの審査の厳しさが異なりますが、海外FX業者を選ぶ際には、ライセンスを取得しているかどうか確認することをおすすめします。

資金管理について

海外FX業者がトレーダーの資金をどのように管理しているのかも安全なFX業者を選ぶには大切な基準です。

資金管理の方法は、「分別管理」と「信託保全」との2種類あります。

分別管理は、FX業者内でトレーダーから預かった資産と自社の資産を別々に管理する方法です。

信託保全は、トレーダーの資産を外部機関である信託銀行が責任を持って預かります。

FX業者の資産とは完全に切り離して管理するので、万が一、FX業者が破綻した場合でも、トレーダーの資産が保全されるより安全性が高い資金管理の方法です。

安全性のあるFX業者であれば、分別管理か信託管理のどちらかを採用しているので、FX業者を選ぶ際は資金管理方法もチェックしてみてください。

AximTrade(アキシムトレード)の安全性と評判

海外FX AximTrade 評判 安全性

AximTrade(アキシムトレード)はどのような会社なのか、安全性や信頼性はあるのか解説していきます。

AximTrade(アキシムトレード)の安全性

AximTrade(アキシムトレード)は英国領ヴァージン諸島に拠点を置く「Thara Heights Owner’s Corporation」が運営しています。

2010年にAximTradeは設立され10年以上の長い運営歴があります。

海外FX業者の中では、日本の金融庁から警告を受けているところも多いですが、AximTradeはこれまでに日本の金融庁からの警告をうけたことがない、日本の法律を忠実に守る優良業者です。

AximTradeは、グループ会社が4つの金融ライセンスを取得していることから、高い信頼性と安全性を誇ります。

運営会社Thara Heights Owner’s Corporation
設立2010年
ライセンス英国領ヴァージン諸島
オーストラリア証券投資委員(ASIC)※グループ会社が保持
所在地Quastisky Building, PO Box 4389, Road Town Tortola, British Virgin Island.F20
取引ツールMT4
最大レバレッジ無制限
ボーナスキャンペーン口座開設ボーナスキャンペーン
入金ボーナスキャンペーン
取扱銘柄・FX(為替)
・仮想通貨
・株式
・株価指数
・貴金属
・エネルギー

金融ライセンスは、「英国領ヴァージン諸島」から所得をして、グループ会社である「AximTrade Pty Limited」は、オーストラリア証券投資委員会「ASIC」のライセンスを保持しています。

特に、ASICやFSPなどのライセンスを取得している点は、トレーダーにとって大きな安心材料となっています。

また、AximTrade(アキシムトレード)ではトレーダーの資金は分別管理(トレーダーの資金とFX業者の資産とは別々に区分し管理する)金融商品取引法で義務付けられた方法で管理されているので、安心して取引ができます。

万が一、AximTradeの経営が破綻した場合でも分別管理によりトレーダーの資産は守られているため、トレーダーへ返還できます。

AximTrade(アキシムトレード)の評判

実際のトレーダーからの口コミを見ると、AximTrade(アキシムトレード)の評判は非常に良いことがわかります。

特に、レバレッジ無制限やゼロカットシステム、CFD銘柄の豊富さなどが評価されています。

一方で、スキャルピングの制限やスプレッドの広さなど、改善の余地もあるようです。

AximTrade(アキシムトレード)での出金拒否や口座凍結への注意点

海外FX AximTrade 出金拒否 口座凍結 原因 注意点

出金拒否や口座凍結などのトラブルは、海外FXの利用規約にユーザーが違反している場合に起こることが多いです

ルールをしっかり守れば、安全に取引や出金を行えます。

出金トラブルに関する3つの注意点について解説していきます。

注意点

  • 規約違反での出金拒否
  • 個人情報に誤りがある
  • 第三者名義の口座やウォレットの利用

AximTrade(アキシムトレード)では基本的に出金拒否が起こりません。

事前に利用規約をきちんと確認をせず規約違反をした場合や、個人情報の登録時に誤った情報を記載したままで修正を依頼していないと、口座凍結や出金拒否などのトラブルへ発展する可能性があります。

登録手続きをする際は、誤りのないように慎重によく確認して手続きをし、万が一誤りがあった際は、なるべく早くサポートへ連絡して修正依頼をしてください。

また、AximTradeではマネー・ローンダリング対策の一環として、第三者からの入金、出金を受けつけておらず、本人名義の口座から振り込みする必要があります。

マネー・ローンダリングとは、資金洗浄を意味し、犯罪によって得たお金の出所をわからなくするために、架空人物や他人名義の口座を経由させて送金したりすることです。

他人の口座やウォレットから入出金した場合、出金拒否や取引口座の凍結などトラブルになる可能性があるので、ご注意ください。

AximTrade(アキシムトレード)での禁止事項

海外FX AximTrade  禁止事項

AximTrade(アキシムトレード)で禁止されている行為は「第三者へのアカウントへアクセス禁止とアカウント共有の禁止」や「30秒以内のスキャルピング」などがあります。

禁止行為をした場合、取引結果がキャンセルとなり保有ボーナスや利益の没収となる場合があります。

また、悪質な詐欺行為に対してはアカウント閉鎖、停止の処分にもつながります。

禁止事項の一例

  • 30秒以内のスキャルピング
  • 最大ポジション数を守らない
  • 同じデバイスやIPアドレスから自分以外のアカウントにアクセスする
  • 取引意図のない取引でリベートを生成する行為
  • 複数のトレーダーが入出金操作のため、同じ銀行口座を共有している場合

AximTrade(アキシムトレード)で30秒以内のスキャルピングは禁止

AximTrade(アキシムトレード)では30秒以内に連続して注文を行うスキャルピングを行うことが禁止されています。

また、自動売買のために利用するEAに使用制限はありませんが、裁量取引と同様にスキャルピング系のEAを利用した場合、規約違反になる可能性もあります。

意図的でない場合でも、利用規約違反となり出金拒否や口座凍結などペナルティが発生する可能性がありますので注意してください。

AximTrade(アキシムトレード)で最大ポジション数を超える取引は禁止

FX業者はサーバーに負担がかからないように、最大ポジション数を設定しています。

最大ポジション数が多いと多くの取引ができ利益を得られる可能性も高いですが、その反面で大きく損失が発生する場合もあります。

FX業者によって定められた最大ポジション数を守らず取引を続けた場合、口座凍結などのペナルティに該当してしまうことがあるので、しっかりルールを守って取引することを心がけてください。

AximTradeの注意事項に関するよくある質問と回答

出金拒否にならないために、どのようなことに気をつけたら良いですか?

口座を開設する際は、個人情報に誤りがないかなどしっかり確認を行ってください。また、第三者からの入金や出金を禁止しています。かならず本人名義の口座をご利用ください。

取引する際の注意点はありますか?

AximTradeでは30秒以内のスキャルピングが禁止されています。意図的でない場合でも、利用規約違反となり出金拒否や口座凍結などペナルティが発生する可能性がありますので注意してください。

最大ポジション数に決まりはありますか?

あります。サーバーに負担がかからないよう、最大ポジション数を設定しています。定められた最大ポジション数を守らず取引を続けた場合、口座凍結などのペナルティに該当してしまうことがあるので、しっかりルールを守って取引することを心がけてください。

自分以外の口座から入金を行えますか?

AximTradeではマネー・ローンダリング対策の一環として、第三者からの入金、出金を受けつけておらず、本人名義の口座から振り込みする必要があります。

AximTradeでEA(自動売買ソフト)の使用は可能ですか?

自動売買のためのEA利用に制限はなく使用可能です。しかし、スキャルピングやアービトラージなど禁止行為がありますので、規約違反に触れないよう事前に確認することをおすすめします。

口座を開設した後に、レバレッジの変更はできますか?

いいえ、基本的に変更はできません。AximTradeでは証拠金がどれだけ残っているかで最大レバレッジが異なります。

AximTradeで禁止されている取引方法に反してしまった場合、どのような制裁が課される可能性がありますか?

AximTradeで禁止されている取引方法に反してしまった場合、口座凍結や利益没収などの制裁が課せられる可能性があります。

クレジットカードでの入出金をおこないたいのですが、対応していますか?

AximTradeでは2023年5月現在、クレジットカードによる入金や出金に対応していません。マスターカードとビザカードが近日利用可能になる予定です。

スキャルピングでの注意事項はありますか?

AximTradeでは30秒以内に連続して注文を行うスキャルピングを行うことが禁止されています。また、自動売買のために利用するEAに使用制限はありませんが、裁量取引と同様にスキャルピング系のEAを利用した場合、規約違反になる可能性もあります。意図的でない場合でも、利用規約違反となり出金拒否や口座凍結などペナルティが発生する可能性がありますので注意してください。

AximTradeで両建ては禁止されていますか?

いいえ、AximTradeで両建ては禁止されていません。しかし、AximTradeには禁止事項があり、「アービトラージの禁止について」はAximTradeと別業者を利用して両建てを行い利益を得る行為も、禁止事項として扱われる可能性が高いと推測できるので、注意が必要です。

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索