Milton Marketsの基本情報|特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

海外FX業者

Milton Markets

Milton Marketsの基 ...

Milton Marketsの基本情報|特徴・メリット・デメリットを徹底解説!

Milton Markets(ミルトンマーケッツ)は高約定力に加え、低スプレット、ハイレバレッジと取引条件がとても整っています。
手厚い日本語サポートもあるので、国内業者からの乗り換えでも安心です。

特典、キャンペーン

  • 国内送金手数料無料キャンペーン
  • 新規口座開設5,000円と50%+20%の入金ボーナス
  • トレードコンテスト
  • 入金ボーナス
  • お友達紹介キャンペーン

①国内送金手数料無料キャンペーン

国内銀行送金(入金)の際に発生する手数料が無料!!

日本国内送金で発生していた費用が無料になるので、利用者はコストを抑えて取引できます。

※入金の際に日本国内銀行送金を利用した場合や出金申請の際も日本国内銀行送金の利用が必須 (別途手数料一律3.5%が発生)

②3万円1週間トレードコンテスト(期間限定)

口座残高3万円から1週間でどれだけ残高を増やせるか、他のトレーダーと競い賞金を獲得できるトレードコンテスト。

取引ルールは残高3万円からスタート、レバレッジは1,000倍までOK! 参加者全員が次回、入金時に使える30%ボーナスチケットがもらえます。

また1位は5万円、2位は3万円、3位は1万円の賞金があります。

③入金ボーナス(期間限定)

期間中、プロ―モーションコードと共に入金をすると、取引に使える入金ボーナスがもらえます。

開催時期は春夏秋冬、GW、七夕など様々な時期に開催され、入金ボーナスは15%、30%、100%とキャンペーン内容によって異なります。

④お友達紹介キャンペーン

お友達が口座開設と取引をすると、紹介者に最大15,000円、お友達一人に3,000円の現金をプレゼント!!

「お友達」にお渡しするキャンペーン専用口座開設リンクを作成すると、最大5名までのお友達が紹介可能。

そのリンクから「お友達」に口座開設をして頂けます。

Milton Marketsでは不定期ではありますが、随時新しいキャンペーンやコンテストが開催されています。

Milton Marketsでの10点のメリット

Milton Marketsは高い約定力に加え、低スプレット、ハイレバレッジと取引条件がとても整っています。

手厚い日本語サポートもあるので、国内FX業者からの乗り換えでも安心です。

①最大レバレッジ1,000倍と追証なしのゼロカットシステム

口座タイプは、FLEX口座とSMART口座の2種類があります。

このうちSMART口座のレバレジは最大1,000倍と海外FX業者の中でもトップクラス!!

国内FX業者は最大25倍までと規制があるので、国内、海外共に比較してもMilton Marketsのレバレッジは非常に高いです。

また、想定外に相場が下落した際は、ゼロカットシステムがあるので追証を収める必要がありません。

②取引の透明性の高いNDD方式を採用

NDD方式とは、トレーダーの注文がFX業者を通さず、そのままインターバンクで決済される方式です。

FX会社側では一切トレーダーの取引に関与しない為、不正が起こりにくいです。

DD方式はトレーダーの注文がFX業者を介入して約定する方式で、国内FX業者のほとんどがDD方式を採用

③取引銘柄が豊富

取扱通貨ペアはメジャーからマイナーまで43種類以上。

その他にも、株式インデックや日経225、仮想通貨、メタル、エネルギーなど 一通りの取引がMilton Marketsで完結できます。

④約定スピードが0.1秒以内と高速

Milton Marketsでは、世界最大のデータセンター「EQUINIX社(エクイニクス社)」のNYセンターに取引サーバーを設置しています。

EQUINIX社はGoogleやAmazon、Microsoftなどの大企業と提携し、高速通信ネットワークを構築してきた会社です。

信頼性の高いEQUINIX社のサーバーを設置することで、取引量の多くなる22時以降やニュースタイムでも非常に早い約定率を実現しています。

約定率が高いと希望した価格で取引を成立できるので、スキャルピングでトレードしたい方にもおすすめです。

⑤スプレッドの幅が狭く、取引手数料は無料

Milton Marketsでは、取引コストの安さでは非常に評判が高く、様々な海外FX業者と比較してもトップクラスに狭いスプレッドを提供しています。

手数料を好まない方や、取引コストを重視する方には絶好の取引環境です!

⑥スリッページ保証あり

注文が下記条件を満たしている場合、注文価格と約低価格の差額であるスリッページ分を保証してくれます。

<条件内容>

  • スリッページ幅が1pips以上
  • 約定時間が500ms以上
  • 約定時間がマーケットオープン
  • クローズ時前後60分以外
  • 約定時間が指標発表
  • ニュース等の前後30分以外

⑦丁寧な日本語サポートが平日24時間営業

Milton Marketsの日本語サポート体制はかなり手厚く、クオリティーが高いです。

日本人スタッフが在中していて、カスタマーポータルのヘルプデスクから、平日は24時間コンタクトが可能です。

他にもメールや電話、LINEなど様々な形で、いつでも安心して日本語のサポートが受けられます。

⑧入出金にbitwalletが利用可能

bitwalletは、海外FX業者の入出金方法に普及しているオンラインウォレットで bitwallet 経由での入出金は手数料無料で行えます。

また、入金であれば基本的に口座反映は即時行われます。

⑨MT4をMacbookからでも使用できる

MT4は、Windows対応のダウンロードタイプを始め、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

海外FX業者では、マニュアルが全て英文で表記されていることが多いですが、 Milton Marketsでは日本語表記の取扱説明書がダウンロードできるので、初めての方でも非常に使いやすいです。

⑩スキャルピング・自動売買に制限なし

EAを使用した自動売買やスキャルピングに制限がないので、Milton Marketsの特徴である狭いスプレッドを活かし、スキャルピングを多用する方にもおすすめです。

Milton Markets9点のデメリット

Milton Marketsは、最低入金額やロスカット水準がやや高く、 出金方法が少ないなどのデメリットがあります。

①金融ライセンスはマイナーなバヌアツで取得

Milton Marketsは、バヌアツ共和国の金融ライセンスを取得。

FCA(金融行動監視機構)のような厳格なライセンスと比べると、厳しい部類のライセンスではありませんが TitanFXなどの人気海外FX業者でもバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得しています。

また、出金拒否や不正等の報告などもほとんどないので、ルールを守って取引をしていれば、さほど心配をする必要は無いと思われます。

②信託保全なし・分別管理のみ実施

Milton Marketsでの資産管理方法は、分別管理を採用。

公式サイトでも「万が一、倒産した場合でも、顧客資産が債務の返済に充てられることはない」と記載があるように、信託銀行と提携する信託保全ではないため、全額返還される保証はありません。

③ロスカット水準がやや高め

自動的に強制決済されるロスカット(ストップアウト)は国内FX業者、海外FX業者、共に設定されています。

ロスカットラインは低いほうがより多くの含み損に耐えられるので、資金運用効率が良いとされています。

Milton Marketsの2種類の口座のうち、FLEX口座ではロスカットは20%と低いのに対し、SMART口座でのロスカットは50%とやや高めに設定されています。

④レバレッジに制限がある

最大レバレッジが1,000倍と高く設定されているMilton Marketsですが、口座残高によっては制限されている場合があります。

SMART口座では残高15万円までが最大レバレッジ10,000倍が可能、残高100万円までは500倍、100万円以上は200倍と制限があります。

FLEX口座では最大レバレッジ500倍まで利用可能。

レバレッジの制限が気になる方は、残高確認と出金をこまめに行う方が良いかもしれません。

⑤取引ツールはMT4のみ

利用できる取引ツールはMT4の1種類のみ。

世界中でMT4は利用されているので機能性に問題はありませんが、MT5などの他のツールを使った取引はできません。

⑥初回入金額が1万円以上と少しハードルが高い

Milton Marketsの口座の種類は2つあり、最低入金がFLEX口座は1万円、SMART口座は3万円、とやや高めに設定されています。

入出金手数料は基本的に無料です。

⑦入出金方法が少なく、出金が遅い

国内銀行送金・bitwalletの2種類のみ。

Milton Marketsでは、出金可能なボーナスを提供していることから、出金する際の要件を満たしているか確認する必要があります。

そのため、出金にかかる期間は、bitwalletでの出金は1~3営業日、国内銀行送金で3~5営業日と少し長いです。

⑧FPAでの口コミがない

FX業者の評判が記載された、世界的なFX口コミサイト「ForexPeaceArmy」ではMilton Marketsに関する投稿がされていません。

FPAはFX業者の信頼性を確かめる1つの要素として知られていますが、Milton Marketsについては情報は見当たりません。

⑨マーケットに関する情報発信は経済指標のみ

Milton Marketsでは、マーケット情報が少なく、為替レポートや各種計算ツールはありません。

ですが、現在はニュースアプリ、Youtube等からも沢山の情報を集めることができるので、他のツールと併用しながら活用することをおすすめします。

以前Milton Marketsでは「ELITE+口座」という最低入金額がかなり高く設定されていた口座がありました。

現在はその口座を廃止し、より気軽にトレードを始められるよう、「FLEX口座」が導入されました。

Milton Marketsはニーズやユーザーの声に柔軟に対応し、より快適な取引環境を提供するよう進化し続けている業者です。

最低入金額やレバレッジ制限などのデメリットもありますが、 残高100万円以内では500倍のスプレッドが利用でき、ゼロカットシステムやスリッページ保証もあるので、十分安心して取引ができます。

おすすめのポイントまとめ

  • 最大レバレッジ1,000倍と追証なしのゼロカットシステム
  • 取引の透明性の高いNDD方式を採用
  • 取引銘柄が豊富 ・約定スピードが0.1秒以内と高速
  • スプレッドの幅が狭く、取引手数料は無料
  • スリッページ保証あり ・丁寧な日本語サポートが平日24時間営業
  • 入出金にbitwalletが利用可能
  • MT4をMacbookからでも使用できる
  • スキャルピング・自動売買に制限なし
profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索