Axiの基本情報|オーストラリア最大級の海外FX業者Axiの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

海外FX業者

Axi

Axiの基本情報|オーストラリア ...

Axiの基本情報|オーストラリア最大級の海外FX業者Axiの特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

Axi(アキシ)は、オーストラリア最大級の海外FX業者です。
2018年に日本から撤退後、新たに金融ライセンスを取得し、2022年8月に日本居住者向けサービスを再開しました。

その背後には、優れた取引環境と信頼性があり、国内トレーダーの間で高い評価を受けています。

Axiの基本情報

Axiは、オーストラリアのASICとイギリスのFCAの金融ライセンスを保有するグループ会社を持っており、グローバルな信頼性があります。

ASICやFCAの金融ライセンスは、世界各国の金融ライセンスの中でも特に取得難易度が難しく、厳格な規制と高い安全基準を持っていることを示します。

FX業者名Axi
設立2007年
運営会社AxiCorp Financial Services Pty. Ltd.
CEORajesh Yohannan
本社オーストラリア・シドニー
住所Level 13,73 Miller Street,North,Sydney,NSW 2060 Australia
営業拠点シドニー、キプロス、フィリピン、シンガポール、ドバイ、ロンドン、中国、中南米、南アフリカ
金融ライセンスSVG FSAほか
顧客資産管理分別管理
日本語対応

Axiでは日本語化された公式サイト・マイページ、電話・メール・チャットによる日本語サポートが完備されています。

Axiの特徴

  • ミニロット通貨ペアの取扱開始(2022年12月)
  • 最大レバレッジ1,000倍
  • MT4の他にAIを使ったPsyQuationを無料利用可能
  • コピートレードでの自動売買アプリ「Autotrade」や「Axi Copy Trading」を利用可能
  • 仮想通貨の取引ができる
  • 大手LPと提携していて約定力が高い
  • 上位口座であればスプレッドが狭い
  • 最低入金額の設定無し
  • ゼロカットシステムが承認制
  • ボーナスキャンペーンなどには消極的

【2022年12月】ミニロットの通貨ペアの取扱開始

Axiの通貨ペアにおける1lotは通常10万通貨ですが、2022年12月から1lotが1万通貨のミニロットの通貨ペアも取引ができるようになりました

ミニロットの銘柄には.minが付きます

ミニロットの通貨ペアの場合、通常の通貨ペアより契約サイズが小さいので、少額から取引を始めることができます。

Exnessの日本市場参入のキーマンが関わっている

Axiの日本再参入において重要な役割を果たす、TwitterでもAxiの情報発信を行っているLady Sarahさんという方がいます。

Axiボーナスの申請先でもあり、レバレッジ無制限で大きな存在感を放つFX業者のExnessが日本市場に参入する際にも尽力した方の1人です。

Axiのメリット

トレード環境に力を入れているAxiのメリットを紹介します。

①最大レバレッジ1,000倍

Axiはスタンダード口座、プレミアム口座、エリート口座の3種類の口座タイプが用意されていますが、全ての口座タイプにおいて最大1,000倍の高いレバレッジ取引が可能です。

ハイレバで少額から資金を増やすこともでき、低レバレッジで固く運用するなど、トレードスタイルに合わせたレバレッジ取引が可能です。

②AIを使ったPsyQuationを無料利用可能

PsyQuationはMT4を改善し、AIにより有効な取引戦略を提供する分析プラットフォームです。

Axiの有効な取引アカウントを開設していればPsyQuantionプレミアムプラットフォームを無料で利用できます。

③コピートレードできる自動売買アプリ「Autotrade」や「Axi Copy Trading」を利用可能

Myfxbook Autotradeとは、MT4トレーディング・アプリケーションを利用したアプリで、Axiの口座を解説していれば利用できます。

ユーザーはアプリを利用して、オンラインポートフォリオの作成や統計分析、マーケット指標を知ることができます。

PCではMyfxbookのAutotradeやスマホ・タブレットではAxi Copy Tradingなど、世界中のトップトレーダーの取引を自動でコピーして取引を行えるアプリが利用できます。

④仮想通貨の取引ができる

Axiではビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨も取引できます。

最大レバレッジは200倍となっております。

⑤大手LPと提携していて約定力が高い

Axiは世界中の大手リクイディティプロバイダー(LP)と提携し、高い流動性を確保しいます。

LPへ直接注文を流すNDD方式を採用していることで高い約定力を誇ります。

Axiを使っているトレーダーからも「約定力が高く値段が滑りにくい」といった好評が目立ち、スキャルピングに適している環境と伺えます。

⑥上位口座であればスプレッドが狭い

口座タイプスプレッド手数料
スタンダード1.3pips〜
プレミアム0.2pips〜1lotあたり$7
エリート0.2pips〜1lotあたり$3.5

スタンダード口座のスプレッドは実測値1.3pips〜とまずまずなレベルですが、プレミアム口座なら往復7ドルの手数料を含めても1.0pips前後で、スキャルピングも快適にこなせる環境です。

※手数料が最も安いのは「エリート口座」で、1lotあたり$3.5となっていますが、最低入金額が25,000ドルと非常に高く、カスタマーサポートへ申請しないと開設できません。

⑦最低入金額の設定無し

スタンダード口座については最低入金額の設定が無いので、1ドル単位からの少額投資ができます。

資金が少ないうちはスタンダード口座から始めるのがおすすめです。

Axiでのデメリット

Axiは、ボーナスやキャンペーンが無いことや損失補填があるとはいえゼロカットシステムが承認制であるなど、初心者には注意が必要です。

①ゼロカットシステムが承認制

Axiはマイナス補填制度による承認制のゼロカットシステムを採用しています。

基本的に20,000ドル以下のマイナス残高については損失補填をしてくれます。

マイナス残高になった時は入金前に日本人サポート窓口に連絡が必要になります。

②プラットフォームはMT4のみ

Axiの取引プラットフォームは「MT4」のみとなっていて、新しいバージョンの「MT5」や、一部ブローカーで採用されている「cTrader」には非対応です。

AxiでのMT5の対応は2024年以降を予定しています。

③ボーナスキャンペーンには消極的

Axiはスプレッド狭さや取引環境への投資に全力を注いでいるためか、ボーナスやキャンペーンは消極的です。

そのため基本的には自己資金100%でトレードを始めることになります。

おすすめのポイントまとめ

  • スプレッドが狭くスキャルピングに向いている
  • 高い約定力
  • 通貨ペアだけでなく暗号資産(CFD)など幅広く取引できる
  • 最大1,000倍もハイレバレッジ
  • コピートレードでの自動売買ができる

Axiは全体的にスプレッドが狭く、USD/JPYはスタンダード口座で1.0pips、プレミアム口座では0pips〜0.5pipsです。

特に上位口座の「プレミアム口座」や「エリート口座」を利用すれば取引コストを格段に抑えることができます。

また、大手LPと提携しているので高い流動性を確保しており、約定スピードや滑りの軽減を実現しています。

したがって、デイトレードやスキャルピングとの相性が良いといえます。

FX通貨ペアの種類はもちろん、仮想通貨などCFD商品も充実しているため、幅広い銘柄を取引したい方におすすめのFX業者です。

Axiの基本情報に関するよくある質問と回答

Axiの最大レバレッジはどのぐらいですか?

最大レバレッジは1000倍になります。

Axiは仮想通貨の取引を行えますか?

はい。
Axiではビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨も取引することができます
最大レバレッジは200倍となっております。

Axiではコピートレードはできますか?

はい。
PCではMyfxbookのAutotradeやスマホ・タブレットではAxi Copy Tradingなど、世界中のトップトレーダーの取引を自動でコピーして取引を行えるアプリが利用できます。

AxiではEAを使用することはできますか?

はい。
AxiではAIにより有効な取引戦略を提供する分析プラットフォームPsyQuationを無料で利用できます。

Axiでは最低入金額の設定はありますか?

スタンダード口座については最低入金額の設定はありません。

Axiはボーナスキャンペーンは実施していますか?

いいえ。
ボーナスキャンペーン今のところ消極的です。

デモ口座は作れますか?

はい。作れます。デモ口座では、仮想のお金を使って取引でき、手数料や費用は一切かかりません。

Axiではどのような商品の取引ができますか?

Axiでは株式CFD、インデックス、コモディティ、メタル、エネルギー、暗号資産、CFDなどの取引ができます。

金融ライセンスは保持していますか?

はい、AxiではSVG FSAなどの金融ライセンスを保持しています。

設立は何年ですか?

Axiは2007年に設立しました。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索