PUPrimeのレバレッジ|最大レバレッジや特徴、注意点など詳細解説!

海外FX業者

PUPrime

PUPrimeのレバレッジ|最大 ...

PUPrimeのレバレッジ|最大レバレッジや特徴、注意点など詳細解説!

PUPrimeのレバレッジは最大500倍(プロ口座は1,000倍)です。

国内のFX業者の最大レバレッジ25倍と比較しても、PUPrimeのレバレッジは大幅に上回るものであり、多くのトレーダーにとって魅力的なポイントです。

さらに、PUPrimeはゼロカットにも対応しているため、入金した証拠金以上の損失を心配せず取引を行えます。

この記事では、PUPrimeのレバレッジの特徴や注意点について詳しく解説します。

PUPrimeのレバレッジの特徴

レバレッジとは

担保にした証拠金の何十倍にも相当する資金でFX取引ができる仕組みのこと

国内FXではレバレッジは25倍までと制限がありますが、海外FXでは業者や口座タイプごとに異なります。

PUPrimeのレバレッジは最大500倍(プロ口座は1,000倍)です。

口座タイプ口座レバレッジ
スタンダード口座最大500倍
プライム口座最大500倍
ECN口座最大500倍
セント口座最大500倍
プロ口座最大1,000倍

PUPrimeのゼロカットシステム

PUPrimeではゼロカットシステムを採用しています。

国内FXではゼロカットシステムは採用されておらず、入金額以上の損失が出た場合、追加証拠金という「追従」が発生し、損失分を支払わなければいけません。

しかし、PUPrimeではゼロカットシステムにより万が一有効証拠金にマイナス分が出た場合でも、PUPrimeが損失分を負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれので、レバレッジをかけた取引でも、追証の心配がなくリスクを限定して取引ができます。

PUPrimeと他の海外FX業者のレバレッジ比較

PUPrimeの最大レバレッジは、他の海外FX業者と比較すると一般的な倍率に設定されています。

最大レバレッジが高い海外FX業者は、Exnessで無制限(約21億倍)、IS6FXは6,000倍などがあります。

海外FX業者最大レバレッジ
Exness無制限
IS6FX6,000倍
HFM(Hotforex)2,000倍
easyMarkets2,000倍
Axi1,000倍
XM Trading1,000倍
FXGT1,000倍
PUPrime500倍(プロ口座は1,000倍)
TitanFX500倍(マイクロ口座は1,000倍)
OQtima500倍
ThreeTrader500倍
Axiory400倍
IFOREX400倍

PUPrimeの最大レバレッジは、他の海外FX業者と比べて非常に高いわけではありませんが、国内FXの25倍のレバレッジと比較すると、かなり資金効果が高いと言えます。

PUPrimeレバレッジのメリット

レバレッジをかけた取引では、少ない資金でも大きな取引が可能となり、しっかりとした利益を追求できるというメリットがあります。

  • 資本効率の向上
  • 利益の最大化
  • 多様な投資戦略の実行
  • 初心者でも参入しやすい

資本効率の向上

レバレッジを使用することで、少ない資金で大きな取引を行うことができるので、資本の効率的な活用が可能です。

利益の最大化

高いレバレッジを活用することで、市場の小さな動きでも大きな利益を得ることができます。

多様な投資戦略の実行

レバレッジを使用することで、短期的な取引やヘッジ戦略、多様なアプローチを取るなど、さまざまな投資戦略の実行できるようになります。

初心者でも参入しやすい

少ない資金から取引を開始できるため、初心者や小資本の投資家でも市場に参入しやすくなります。

PUPrimeレバレッジのデメリット

高いレバレッジを活用する際には、リスク管理も非常に重要です。

  • リスクの増大
  • 追証のリスク
  • 感情的な判断の誘発
  • 市場の急激な動きへの対応

リスクの増大

レバレッジを使用すると、取引金額が増加するため、市場の動きによる損益の影響も大きくなります。

市場の予測が外れた場合、大きな損失を被る可能性があります。

追証のリスク

一部の取引所やブローカーでは、損失が証拠金を超えた場合に追加の資金を要求される「追証」のリスクが存在します。

感情的な判断の誘発

高いレバレッジを使用すると、大きな利益や損失が生じやすくなるため、トレーダーが感情的な判断を下すリスクが高まります。

市場の急激な動きへの対応

高いレバレッジを使用していると、市場の急激な動きに対応するのが難しくなることがあります。

特に、突発的なニュースやイベントが発生した場合、市場が一時的に非常に不安定になることがあります。

PUPrimeのレバレッジの注意点

PUPrimeでは、各口座タイプで利用できるレバレッジの上限が異なります。

口座タイプ口座レバレッジ
スタンダード口座最大500倍
プライム口座最大500倍
ECN口座最大500倍
セント口座最大500倍
プロ口座最大1,000倍

レバレッジは、小さな市場の動きでも大きな利益または損失を生じさせる可能性があります。

PUPrimeの必要証拠金の計算方法

通貨ペア取引の必要証拠金の計算方法は下記の通りです。

証拠金の計算式

  • 市場価格 × 取引通貨量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

PUPrimeのレバレッジについてのまとめ

この記事ではPUPrimeの最大レバレッジや特徴について詳しく解説しました。

PUPrimeは、最大500倍のレバレッジを提供しており、少ない資本でも大きな取引を行うことが可能です。

高いレバレッジは、大きなリターンを目指すチャンスを増やす一方で、リスクも高まるため、十分なリスク管理が求められます。

PUPrimeのレバレッジに関するよくある質問と回答

国内FX業者は採用していないゼロカットシステムをPUPrimeは採用していますか。

はい。PUPrimeはゼロカットシステムを採用しており、万が一有効証拠金にマイナス分が出た場合でも、PUPrimeが損失分を負担し、マイナスになった口座残高を0へとリセットしてくれます。ですのでレバレッジをかけた取引でも、追証の心配がなくリスクを限定して取引することができます。

最大レバレッジが高い海外FX業者には、Exnessで無制限(約21億倍)、IS6FXは6,000倍などがあります。PUPrimeはどのくらいですか。

PUPrimeの最大レバレッジは、500倍(プロ口座は1,000倍)です。他の海外FX業者と比較すると一般的な倍率に設定されていますが、国内FXの25倍のレバレッジと比較すると、かなり資金効果が高いと言えます。

レバレッジのメリット、デメリットはなんですか。

レバレッジをかけた取引でのメリットは、1)少ない資金でも大きな取引が可能となり、資本効率の向上が望めます。2)短期的な取引やヘッジ戦略、3)多様なアプローチを取るなど、さまざまな投資戦略の実行ができるようになります。また、4)少ない資金から取引を開始できるため、初心者や小資本の投資家でも市場に参入しやすくなります。
一方、デメリットとしては、1)高いレバレッジを活用するのでリスク管理が非常に重要になってくる。また、2)追証のリスクや、3)感情的な判断の誘発、4)市場の急激な動きへの対応が鈍くなること、等が挙げられます。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索