IS6FXでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

海外FX業者

IS6FX

IS6FXでスキャルピングは可能 ...

IS6FXでスキャルピングは可能?|メリット・デメリット・注意点など

IS6FXは豊富な取引ツールや高速な取引実行能力を備えており、日本語にも対応しているため、日本のトレーダーにとっても使いやすいFX業者です。

スキャルピングは、短期間での取引を行うことで、素早い利益を得ることができる取引方式として注目されています。

この記事では、IS6FXでのスキャルピングについて、そのメリット、デメリット、また注意点について詳しく解説します。

IS6でのスキャルピング

スキャルピングとは

スキャルピングは、短期間の取引で小さな利益を積み重ねる手法です。

この取引手法は、トレーダーが市場の小さな価格変動を利用して利益を上げることを目指しています。

スキャルピングは、高い取引頻度と短い保有期間を特徴としており、一日に何度も取引を行うことがあります。

IS6FXではスキャルピングが公式に許可されている

IS6FXはスキャルピングを公式に許可しており、短期取引を行いたいトレーダーにとっては利用しやすい環境を提供しています。

その理由は、高速実行や低スプレッド、豊富な取引ツールなど、スキャルピングに必要なな取引環境をを備えているからです。

また、EA(自動売買システム)を利用したスキャルピングも可能です。

IS6FXでのスキャルピングのメリット

IS6FXを利用したスキャルピングの主なメリットは以下の通りです。

  • 高速実行
  • 手数料が低い
  • 多様な取引ツール


スキャルピングは短期間での取引を行うため、市場の小さな変動でも利益を上げることができます。

IS6FXのプラットフォームは高速な取引実行を可能にしており、素早くエントリーできます。

さらに、手数料も低いため、スキャルピングによる利益を最大化できます。

また、IS6FXではスキャルピングのためのツールやチャート分析機能が充実しています。

トレーダーはリアルタイムの市場情報やテクニカル指標を活用して、より正確な取引判断が可能です。

IS6FXのスキャルピング用のトレーディングシグナルや自動取引ツールも利用できるため、効率的な取引を行えます。

IS6FXでのスキャルピングのデメリット

IS6FXでスキャルピングを行う上でのデメリットもあります。

  • スプレッドが広い
  • IS6FXの裁量で注文が通りづらくなる可能性がある
  • 約定力の問題
  • 大口取引の制限
  • ストップレベルが広い

スプレッドが広い

一般的に低スプレッドな主要通貨でも、IS6FXではスプレッドが3pips以上に広がる場合があります。

口座タイプマイクロ口座スタンダード口座EX口座クリプト口座プロゼロ口座
USDJPY
米ドル/日本円
1.6pips0.9pips
EURUSD
ユーロ/米ドル
1.6pips1.0pips
GBPUSD
ポンド/米ドル
2.4pips1.8pips
XAUUSD
ゴールド
2.9pips

IS6FXの裁量で注文が通りづらくなる可能性がある

トレーダーの取引が非常に膨大になりIS6FXで執行能力に支障をきたすと判断された場合、注文が入り難くなる場合があると公式サイトに記載されています。

スキャルピングでは、正確なレートでの即座の約定が求められます。

もし約定拒否の可能性がある場合、無理にスキャルピングを実行するのは避けた方が賢明です。

約定力の問題

IS6FXでスキャルピングを試みる際、約定力の不安定さが欠点として挙げられることがあります。

SNSを通じて、IS6FXの約定力が一定しないというユーザーの声が散見されます。

この約定力の不一致は、注文方法に起因すると思われます。

IS6FXはNDD方式のSTPおよびECNを用いて約定を行うシステムを採用しています。

STPとECNのシステムにはそれぞれ特徴があり、この二つを組み合わせて使用することで、約定力にばらつきが生じる原因となっています。

このため、IS6FXでは注文がSTP方式かECN方式のどちらで処理されるかが明確ではなく、STPではスリッページが、ECNでは約定拒否(リクオート)が発生しやすくなり、結果として約定力の不安定さを感じることがあります。

発注方式NDD STP方式NDD ECN方式
約定FX業者が即時に決済電子取引所で金融機関とマッチング
リクオート(約低拒否)おきづらいおきやすい
スリッページおきやすいおきづらい

スキャルピングでは短時間での取引を繰り返すため、約定の遅れは取引機会の損失や予期せぬ価格での約定リスクを高めます。

大口取引の制限

IS6FXでは、特に大口の取引を行う場合、事前に通知が必要と条件が設けられており、スキャルピング戦略の自由度を制限する可能性があります。

ストップレベルが広い

IS6FXでは、ストップレベルの設定が比較的広めになっているため、スキャルピングを行う上での戦略的な選択肢が限られるという欠点が存在します。

ストップレベルとは、市場価格と注文価格との間に設定される最小の価格差のことを指します。

このストップレベルが広い場合、小さな価格変動を利用したスキャルピング取引が困難になり、トレーダーにとって不利な状況を招きます。

他の多くの海外FX業者がストップレベルをゼロに設定している中で、IS6FXのようにストップレベルが広い設定は、細かい価格の動きを利用した取引戦略を制限することになります。

IS6FXでのスキャルピングの注意点

スキャルピングを行う上で注意すべきポイントもいくつかあります。

  • 大口取引には事前連絡が必要
  • スプレッドが広がりやすい時間帯を避ける
  • ポジション保有期間に注意

大口取引には事前連絡が必要

IS6FXでは、大量のロットでの取引を事前の通知なしに実施することを禁じています。

具体的な連絡が必要なロット数は明示されていませんが、他の業者では一般的に10ロット以上がその基準とされています。

しかし、迅速な取引が求められるスキャルピングでは、事前の通知が時間の損失につながることがあります。

そのため、IS6FXでスキャルピングを行う際は、10ロット以下の取引を心掛けることが推奨されます。

スプレッドが広がりやすい時間帯を避ける

経済指標が公表される前後にスキャルピングを行う際は、スプレッドが広がるだけでなく、スリッページの発生も頻繁になり、それに伴いリスクも増大する点に注意が必要です。

また、スキャルピングで通貨ペアを取引する際、時間帯に応じてスプレッドが拡大しやすいことを頭に入れておくことが重要です。

時間メイン市場活発に動く通貨スプレッドの傾向
午前8時~午後3時東京市場JPY:日本円
SGD:シンガポールドル
AUD:豪ドル
狭い
午後4時~翌午前1時ロンドン市場EUR:ユーロ
GBP:ポンド
やや狭い
午後9時~翌午前6時ニューヨーク市場USD:米ドル広がりやすい

小さな価格変動を利用したスキャルピングを効果的に行うには、スプレッドが狭く設定される時間帯を選ぶことが望ましいです。

特に、ロンドンやニューヨークの市場が開いている時間帯は、東京市場と比較してスプレッドが拡大しやすくなります。

ただし、スプレッドが広がる時間帯は価格の変動幅も大きくなるため、より大きな値幅を狙うスキャルピングには適しているとも言えます。

ポジション保有期間に注意

EX口座では、ポジションの保有時間が10分未満、または損益が1.2pips未満の場合、キャッシュバックの対象から除外されます。

スプレッドを考慮すると、損益が1.2pips以内に収まるケースは比較的少なくなります。

特に自動売買ツールを用いてスキャルピングを検討している場合は、より長いポジション保有期間を設定できるEAの選択がおすすめです。

まとめ

この記事では、IS6FXでのスキャルピングについてと、スキャルピングのメリット・デメリットなどについて解説しました。

IS6FXではスキャルピングが可能で、EA(自動売買システム)を利用してスキャルピングを行うことも認められています。

IS6FXでスキャルピングを行う場合、上記のメリットとデメリットを理解し、適切な取引戦略を立てることが成功への鍵となります。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索