FXの専業トレーダーとは!?プロになるためのステップを解説!

その他

専業トレーダー

FXの専業トレーダーとは!?プロ ...

FXの専業トレーダーとは!?プロになるためのステップを解説!

FXの専業トレーダーとは、FX取引だけで生計を立てるトレーダーのことを指します。

しかし、専業トレーダーとして成功するためには、多くのスキルと知識が必要です。

この記事では、専業トレーダーとしての生活のメリットとデメリット、そして成功するためのステップを詳しく解説します。

FX取引で稼ぐ方法

FX取引には、下記の2つの異なる稼ぎ方が存在します。

  • FX専業トレーダー
  • プロップトレーダー

専業トレーダーとは

専業トレーダーとは、外国為替取引(FX)を主な収入源として生計を立てている人のことを指します。

専業トレーダーは、日々の市場の動きを分析し、為替の変動を予測して取引を行うことで利益を得ています。

多くの人々が楽して稼げるというイメージを持っていますが、実際には豊富な資金、高度な取引スキル、そして強いメンタルが求められます。

プロップトレーダーとは

プロップトレーダーは、プロップファームや金融機関に所属し、その会社の資金を運用するトレーダーのことを指します。

報酬体系としては、運用によって発生した利益の一部を受け取る形です。

トレードによる損失は個人が負担することはなく、利益が出ないと報酬も発生しないため、高いトレードスキルとストレス耐性が求められます。

FX専業トレーダーとプロップトレーダーの違い

  • 運用する資金の出所
  • 報酬面
  • リスク面
  • 取引ルール

運用する資金の出所

専業トレーダーは自分の資金を運用しますが、プロップトレーダーは会社の資金を運用します。

報酬面

専業トレーダーは運用による利益・損失が100%自分の資金に反映されますが、プロップトレーダーは利益の一部が報酬として支払われます。

リスク面

専業トレーダーは損失が自分の資金に反映されますが、プロップトレーダーは損失を負担することはありません。

ただし、連続して損失を出すと報酬が発生せず、生計が立てにくくなるリスクがあります。

取引ルール

専業トレーダーは自分のルールに従いますが、プロップトレーダーは会社のルールに従う必要があります。

FX専業トレーダーになるにはFX経験はどれくらい必要なのか

専業トレーダーになるための目安としては、以下の3つの条件が挙げられます。

  • 半年分以上の生計費を蓄えている
  • 2~3年間、継続的に利益を上げている
  • 失敗した場合の次のステップを考えている(例:再び就職活動をする、親の仕事を引き継ぐなど)

上記の条件を満たしていれば、専業トレーダーとしての生活が安定し、万が一の失敗にも備えることができます。

FX専業トレーダーとしての資金の目安

FXを主な収入源として生計を立てるための資金の目安は、以下の3つのステップで明確になります。

  • 日々の経済活動のコストを明確にする
  • 月次の収益目標を立てる
  • 月に期待する収益率を掴む

計画的な資金運用が不可欠であり、適切な管理がなされない場合、資金不足に陥り、生活が困難になる可能性があるので注意が必要です。

日々の経済活動のコストを明確にする

まず最初に、日常生活での支出を詳細に確かめることが必須です。

生活形態や住宅の状況(例:単身、家族構成、親元、賃貸など)に応じて、要求される生活経費は変わってきます。

特定の大きな支出が予定されている場合(例:婚礼や住宅取得)は、それに合わせた節約の方針も必要です。

月次の収益目標を立てる

次に、月間で必要な利益を算出します。

例として、月の生活費が20万円とした場合、取引日が20日と仮定すると、日々1万円の利益が求められます。

月に期待する収益率を掴む

利益の目標を具体的な金額で設定することも大切ですが、それよりも重要なのは、毎月の期待利回りです。

2%の利回りを目指す場合、月20万円の利益を得るためには、資金として1,000万円が必要です。

FX専業トレーダーになるためのステップ

  • 基礎知識の習得
  • デモトレードでの練習
  • 余剰資金の確保
  • 利益目標の設定
  • 実際の取引
  • リスク管理
  • 継続的な学習

基礎知識の習得

FX取引を成功させるためには、まず基本的な知識が必要です。

例えば為替レートや主要通貨ペアの理解、テクニカル分析やファンダメンタル分析を通じての為替の動きの予測方法をしっかりと身につけることが不可欠です。

デモトレードでの練習

デモトレードは、トレーダーがリアルタイムの市場環境下で、実際の資金を使わずにFX取引の流れや戦略の有効性を模擬的に体験できる練習方法です。

デモトレードを実施するためには、「デモ口座」が必要となり、多くのFX業者が実際の取引口座と同様の機能を持つデモ口座を無料で提供しています。

余剰資金の確保

FX取引を始める前に、十分な余剰資金を確保することが重要です。

資金が多いほど、低リターンでも利益を上げることができ、リスクを低く抑えることが可能です。

具体的には、最低でも300万円以上の余剰資金が推奨されます。

利益目標の設定

月にどれくらいの利益を目指すかを明確に設定します。

例えば、100万円の資金で月10%の利益を目指す場合、10万円の利益を目指すことになります。

実際の取引

専業トレーダーとしての成功を目指すには、単に理論的な知識を持つだけでは不十分です。

実際の取引の経験を積むことで、市場の動きや自身の感情のコントロール方法を実感し、それをもとに独自の戦略や手法を磨き上げることが不可欠です。

理論だけでは学べない実践的なノウハウや経験が、専業トレーダーとしての道を切り開く鍵となります。

リスク管理

トレードごとに設定する損切りラインや、1日の取引での最大損失額など、リスク管理のルールを明確に設定します。

継続的な学習

FXの市場は日々変動します。

そのため、常に最新の情報を取得し、継続的に学習を行うことが必要です。

FX専業トレーダーの年収の目安

FX専業トレーダーとして生活するためには、一定以上の年収が必要です。

ネットの口コミを基にすると、FX専業トレーダーの必要な年収の目安は約1,000万円程度との意見が多いです。

ただし、FXは資金が多ければ多いほど有利であり、最低限の生活費だけを稼ぐだけでは専業トレーダーとしての生活は難しいとされています。

また、各種税金や保険料なども自分で支払う必要があるため、現在の給料の2倍程度の収入を目安とするのが良いとされています。

FXの専業トレーダーについてのまとめ

FXの専業トレーダーになるためには、高いスキルと強いメンタルが求められます。

しかし、適切な資金管理と計画的な運用を行うことで、安定した収入を得ることが可能です。

専業トレーダーを目指す方は、しっかりとした準備と継続的な学びを心がけましょう。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索