海外FXのプロップファームのメリット・デメリットについて徹底解説!

その他

プロップファーム

海外FXのプロップファームのメリ ...

海外FXのプロップファームのメリット・デメリットについて徹底解説!

プロップファームは自社資金を使ってトレードを行う企業で、プロップトレーダーは企業で働き、会社の資金を使ってトレードを行い、その資金を最大化することを目的としています。

この記事では、プロップトレーダーのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

FX取引で稼ぐ方法

FX取引には、主に「FX専業トレーダー」と「プロップトレーダー」という2つの異なるアプローチでの稼ぎ方が存在します。

  • FX専業トレーダー
  • プロップトレーダー

プロップファームとは

プロップファームは、金融市場で取引を行う企業の一つで、自社資金を使ってトレードを行うことを主な業務としています。

外部からの資金調達を行わず、完全に自社資金での運用を目指しています。

収益モデルとしては、高いスキルを持つトレーダーが自社の資金を使って取引を行い、その得られた利益をトレーダーと分け合う形を取っています。

上記のような運用方法は、一般的な投資ファンドとは異なるため、プロップファームは独自の位置を金融市場で占めています。

プロップトレーダーとは

プロップトレーダーは、プロップファームで働いているトレーダーのことを指します。

プロップトレーダーは、プロップファームの資金を使ってトレードを行い、その資金を最大化することを目的としています。

プロップトレーダーは、株式、オプション、ETF、コモディティ、通貨、先物など、さまざまな銘柄をトレード対象としています。

  • 為替
  • 株式
  • 株価指数先物
  • 商品先物
  • 債券

報酬体系としては、運用によって発生した利益の一部を受け取る形です。

トレードによる損失は個人が負担することはなく、利益が出ないと報酬も発生しないため、高いトレードスキルとストレス耐性が求められます。

FX専業トレーダーとプロップトレーダーの違い

  • 運用する資金の出所
  • 報酬面
  • リスク面
  • 取引ルール

運用する資金の出所

専業トレーダーは自分の資金を運用しますが、プロップトレーダーは会社の資金を運用します。

報酬面

専業トレーダーは運用による利益・損失が100%自分の資金に反映されますが、プロップトレーダーは利益の一部が報酬として支払われます。

リスク面

専業トレーダーは損失が自分の資金に反映されますが、プロップトレーダーは損失を負担することはありません。

ただし、連続して損失を出すと報酬が発生せず、生計が立てにくくなるリスクがあります。

取引ルール

専業トレーダーは自分のルールに従いますが、プロップトレーダーは会社のルールに従う必要があります。

プロップトレーダーのメリット

  • 大きな資金の運用
  • 会社の資金を使用
  • 損失が発生した場合は会社が負担を引き受ける
  • 少ないレバレッジでの取引
  • 実力を試す試験
  • 学びの環境
  • 報酬のチャンス
  • 日本でのサービス展開が少ない

大きな資金の運用

プロップトレーダーは会社の資金を運用するため、個人の資金よりも大きな資金を取引することができるので、大きな利益を上げるチャンスが増えます。

会社の資金を使用

プロップトレーダーは、会社の資金を使ってトレードを行うため、自身の資金をリスクにさらさずに取引ができます。

トレーダーはより大胆な取引戦略を採用することができ、高いリターンを目指すことが可能です。

損失が発生した場合は会社が負担を引き受ける

プロップファームでは、トレーダーが生じた損失は会社が補填します。

多くの独立したトレーダーは、一度の大きな損失でトレードから手を引くことがありますが、プロップファームの場合、トレードによる損失は会社が負担するため、トレーダー自身がそのリスクを直接負うことはありません。

また、プロップファームは高度なリスク管理を導入しており、トレーダーがリスキーなポジションを取ることを事前に制限します。

独自でトレードを行う際、プロップファームの厳格なリスク管理手法はとても参考になります。

少ないレバレッジでの取引

プロップトレーダーは会社の資金を使って取引を行うため、レバレッジを低く保つことで安全にトレードを行えます。

市場の小さな変動でも大きな損失のリスクを避けるため、レバレッジを控えめに設定する意図もあります。

実力を試す試験

プロップトレーダーとして採用される前に、多くのプラットフォームではトレードの実力を試す試験が設けられています。

トレーダーは自身のスキルや知識を確認し、必要な場合はさらなるスキルアップを目指すことができます。

学びの環境

プロップトレーディング会社では、経験が豊富なトレーダーやアナリストが在籍しているため、彼らからの知識や経験を学べます。

報酬のチャンス

成功すれば、取引による利益の一部を報酬として受け取ることができ、高収入を得る可能性があります。

日本でのサービス展開が少ない

日本国内でプロップトレーディングのサービスを提供している企業はまだ少ないため、この分野でのキャリアを追求するトレーダーにとっては、競争が少なく、独自の市場を築くチャンスが広がっています。

プロップトレーダーのデメリット

  • 報酬の変動
  • 会社のルールに従う
  • 競争の激しさ
  • キャリアの不安定性

報酬の変動

取引の成功によって報酬が変動するため、安定した収入を期待することが難しい場合があります。

会社のルールに従う

プロップトレーダーは会社のルールや方針に従う必要があり、自由な取引が制限されることがあります。

競争の激しさ

多くのトレーダーが高い報酬を目指して取引を行っているため、競争が激しく、常に高いパフォーマンスを求められます。

キャリアの不安定性

連続して損失を出すと、会社からの信頼を失い、トレーダーとしてのキャリアが不安定になる可能性があります。

まとめ

プロップファームは、自社資金を用いて取引を行うことを主業務とする企業であり、外部資金に頼らずに独自の投資戦略を追求することが可能です。

一方、プロップトレーダーはこれらのファームに所属し、企業の資金を運用して取引を行う専門家であり、多様な金融商品を取引し、その結果としての収益を最大化することを目指します。

この職種は高度な専門知識とスキルを要求されるものの、厳格なリスク管理のもとで取引を行うことが可能です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索