XM Trading禁止事項まとめ|口座凍結・出金拒否にならないための注意点

海外FX業者

XM Trading

XM Trading禁止事項まと ...

XM Trading禁止事項まとめ|口座凍結・出金拒否にならないための注意点

海外FX業者で取引していると、「出金拒否された」、「口座が凍結した」などの評判をよく見かけますが、利用規約を守らずに出金してしまうと、出金拒否が起こります。

しかし、出金拒否が起きてしまう原因と対策方法を知っていれば、未然に防げることがほとんどです。

この記事では、XM Tradingで出金拒否や口座凍結を起こさないための注意点を詳しく解説していきます。

出金拒否や口座凍結が起こる原因

実際に出金拒否が起こる原因は下記のような事例が考えられます。

  • トレーダーによる利用規約違反などの行為
  • 悪徳FX業者による詐欺
  • FX業者側のシステムエラーなどのトラブル
  • 海外FX業者の倒産

トレーダー側が原因のケース

海外FX業者には、取引や出金にまつわる独自のルールがあり、トレーダーがFX業者で定められたルールに反している場合に出金拒否が起こることが多いです。

悪徳業者が原因のケース

悪徳FX業者の場合、非常にお得なキャンペーンなどを開催し、さまざまな手口で勧誘してきます。

実際に取引を開始してみると、ボーナスの反映がされなかったり、正当な理由がなく出金拒否や口座凍結されるなど、さまざまな被害を受け利益の出金ができず泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

下記は悪徳業者で取引した際に起こりうる被害の一例です。

悪徳業者による被害例

  • 出金申請が理由もなくキャンセルされる
  • 利益分を出金する際に追加入金を迫られる
  • 問い合わせをしても一向に返信が来ない
  • ボーナス特典が付与されずキャンセルされる
  • 一方的にアカウントを凍結、削除される

悪質業者の場合、正当な理由がないのに出金拒否されてしまうことがあるので、よく業者の情報を確認し注意する必要があります。

XM Tradingで出金拒否が起こる理由

XM Tradingで出金拒否される主な理由は以下の通りです。

  • 禁止事項の違反
  • 身元確認書類の不備
  • ボーナスの不正利用

XM Tradingで定められている禁止事項に違反したり、ボーナスを不正に利用した場合、出金拒否される可能性があります。

また、XM Tradingでは出金前に身元確認書類の提出が必要で、本人確認書類が不足している場合や書類に問題がある場合も、出金が拒否される可能性があります。

XM Tradingで出金拒否を避けるためには、上記の禁止事項を遵守し、適切な取引を行うことで、出金拒否のリスクを避けることができます。

また、出金申請前には必ず利用規約や禁止事項に違反していないことを確認し、本人確認書類の提出を忘れないようにしましょう。

安全な業者を選ぶポイント

海外FX業者でトレードを始める際に、利用する業者が悪徳業者ではないか、FX業者の信頼性や安全性を見分けるポイントをご紹介します。

確認ポイント

  • 運営歴や会社概要の詳細が明記されているか
  • 金融ライセンスを取得しているか
  • トレーダーの資産の管理方法はどのように行われているか

安全性や信頼性の高い海外FX業者を選ぶには、運営歴や所在地など会社の情報がしっかりと公表されているか、資金管理の方法などを事前に確認することで自分の資産を守れます。

金融ライセンスについて

金融ライセンスとは

世界各国の金融機関ごとに決められた基準を満たすと、金融や投資を事業として扱うことが許可される資格のこと

金融ライセンスは、各国の金融機関で企業の状態や顧客の保護にまつわる基準が設けられており、厳しい基準をクリアしなければ取得できません。

金融ライセンスは業者の状況やトレーダーの保護に関することなど厳しく審査されるため、金融ライセンスを取得することは安全性や信頼性を示す証拠になります。

金融ライセンスを取得していないFX業者は、悪徳業者である可能性が高く、正当な理由がなく出金拒否されることもあるので注意してください。

資金管理方法について

FX取引のトレーダーの資金管理方法は「分別管理」と「信託保全」の2種類あります。

資金管理の方法

  • 分別管理:トレーダーの資金をFX業者の資金とは別に区分して管理する方法で、管理方法は外部機関でも社内管理でも良いとされている
  • 信託保全:トレーダーの資産をFX業者の資産と分別し、外部の信託銀行に預けて管理すること

分別管理は、投資家から預かった資産とFX会社の自社資産と分けて管理する方法ですが、必ずしも全ての業者が外部の機関で資金を管理しているわけではありません。

しかし、安全性のあるFX業者であれば、分別管理か信託管理のどちらかを採用しているので、FX業者を選ぶ際は資金管理方法もチェックしてみてください。

XM Tradingの安全性

XM Tradingは、TradingPointが運営している世界的なFX取引サービス業者で、2009年に設立され2023年現在で運営歴は14年目です。

金融ライセンスは2種類、セーシェル金融庁とモーリシャス金融サービス委員会のライセンスを保有、XMグループ全体では5つのライセンスを取得しています。

資金管理方法は分別管理ですが、XM Tradingではスイスやドイツの信託銀行でトレーダーの資産を完全に分別管理しているので、万が一のことがあってもトレーダーの資産は守られます。

取引方式は約定拒否が一切ないNDD方式を採用しています。

DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すため、約定拒否など、故意にトレーダーが不利になることが行われる可能性がありますが、NDD方式を採用しているXM Tradingではトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高いことが分かります。

会社情報詳細
運営会社Tradexfin Limited
設立2009年
ライセンス(番号)セーシェル金融庁(SD010)
モーリシャス金融サービス委員会(GB20025835)
登録住所F20, 1st Floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
資金管理優良金融機関で分別管理
取引方式NDD方式
日本語対応完全対応

XM Trading禁止事項と注意点

XM Tradingには、独自で定めているルールや禁止事項があります。

規約違反を行うと、利益没収や出金拒否、口座凍結などのペナルティの対象になるため注意が必要です。

実際にXM Trading取引する際に、出金拒否や口座凍結が起きてしまう事例です。

禁止事項

  • 複数口座間や他社の口座間での両建て
  • 複数人やグループなど組織的な両建て
  • 窓埋めのみを狙った取引
  • 経済指標発表を狙ったハイレバレッジのトレード
  • 複数アカウントの利用
  • 第三者による口座運用やアカウントの譲渡
  • レートエラーや接続遅延、XMのサーバーに負担をかける取引
  • 利用規約や禁止事項に反する行為
  • 不正な取引
  • ボーナスやXMポイント(XMP)を不正利用したり不正取得する行為

両建てについて

XM Tradingではボーナスを二重取りするなどの不正を防ぐために、第三者の名義で新規口座開設することは禁止されています。

また、XMtradingでは1つのアカウントで8つ口座開設できますが、複数口座間での両建ては禁止事項に該当します。

グループを組んだり、他の業者間での両建てはXM Tradingに限らず禁止している業者が多いです。

窓開け・窓埋めについて

週が開けた月曜日は、週末の終値と週明けの始値が大きく乖離し、週末と週明けのローソク足の間に空白(窓開け)が生じます。

窓開けを埋めるようにトレードが動く「窓埋め」を集中的に行う取引は禁止されています。

経済指標発表・レートエラーについて

要人による発言などのイベントがある時や、経済指標発表時などは多くの注文が入りレートエラーや接続遅延が発生しやすくなります。

サーバーエラーでレートが停滞した際を狙った注文はペナルティの対象になります。

ボーナスの不正利用

ボーナスの不正利用は厳しく監視されており、違反が見つかった場合、出金が一時停止されることもあります。

まとめ

この記事では、XMTradingの出金トラブルや、口座凍結にならないための注意点、禁止事項について解説しました。

出金拒否や口座凍結は実際にはユーザー側の規約違反ので起きている場合が多く、利用規約を守り禁止事項などを行わない限り、理不尽に出金が拒否されることは避けられます。

また、XMTradingが不当に出金拒否をした場合、金融ライセンスは剥奪されるので、不当な理由で出金拒否することはありません。

XMTradingに限らず海外FX業者では、出金の際に独自のルールを設けている場合が多いので、前もってしっかりと確認しておきましょう。

XM Tradingのトラブルに関するよくある質問と回答

XM Tradingで故意に出金拒否されることはありますか?

XM Tradingでは、規約違反でない限り正当な理由なく出金を停止することはありません。

出金リクエストがキャンセルされたのですが、なぜですか?

出金申請内容と利用規約を確認いただき、ご不明点がある場合はカスタマーサポートへご相談ください。

トラブルについて電話で相談したいのですが、可能ですか?

電話(コールバック)は相談内容によりXM Tradingが必要と判断した時のみ、電話でのサポートが受けられます。また、ライブチャットの営業時間内であれば、日本人での対応が即時に受けられます。

トラブルが起きた際の問い合わせ方法は何がありますか?

XM Tradingのカスタマーサポートは、3種類「ライブチャット」、「メール」、「電話(コールバック)」があります。電話(コールバック)は相談内容によりXM Tradingが必要と判断した時のみ、電話でのサポートが受けられますが、ライブチャットの営業時間内であれば、日本人での対応が即時に受けられます。

オンラインウォレットで入金できない原因を教えてください。

オンラインウォレットの残高不足、XMのご登録名義とオンラインウォレット名義が一致していない等の原因があります。

XM Tradingで出金拒否や出金トラブルが発生するリスクはありますか?

XM Tradingで出金拒否や出金トラブルが起こる可能性はあるものの、その原因は規約に違反する行為や不正行為によって引き起こされることが多いです。そのため、規約を遵守し、適切な取引を行うことが非常に重要です。もし問題が発生した場合は、最初にカスタマーサポートに連絡し、状況を詳しく説明することが必要です。

日本の金融庁から警告を受けたと言う情報がありますが、XMは安全ですか?

XM Tradingは過去に日本の金融庁から警告を受けています。金融庁から警告を受けてしまう要因は、2つあり「日本人向けにサービスを行っていること」「日本の金融ライセンスを保持していないこと」です。しかし、登録を行うとハイレバレッジやゼロカットシステム、豪華ボーナスキャンペーンの開催などに規制がかかり、魅力的なサービスの提供ができなくなるデメリットが生じます。金融庁に登録することで、サービスに規制がかかってしまうため、あえて日本の金融庁に登録を行っていない海外FX業者はXM Tradingに限らず多くあります。

クレジット(デビット)カードで入金ができないトラブルが発生したのですが、原因は何ですか?

XM Tradingでクレジットカードやデビットカードによる入金ができない場合、その理由はいくつか考えられます。XM Tradingが対応していないカードブランドを使っている、カード発行会社が外国為替業者への入金を制限している、あるいはクレジットカードの使用限度額に達している場合など、これらは入金が適切に処理されない可能性がありますので、ご確認ください。

トラブルが起きた際の顧客サポートの対応時間を教えてください。

XM Tradingのカスタマーサポートは、3種類「ライブチャット」、「メール」、「電話(コールバック)」があります。メールでの問い合わせは、通常のEメールで送信するか、問い合わせフォームからメールを送信する方法の2種類があり、どちらでも1営業日以内に返信が受け取れます。土日は休業で、電話(コールバック)は相談内容によりXM Tradingが必要と判断した時のみ、電話でのサポートが受けられますが、ライブチャットの営業時間内であれば、日本人での対応が即時に受けられます。

日本の金融庁から警告を受けた原因は何ですか?

1つ目は、日本人向けにサービスを行っていることが原因です。

XM Tradingでは公式ウェブサイトが日本語表記で公開されていたり、カスタマーサポートも日本語対応をするなど、日本人向けのサービスを展開しています。

2つ目は日本の金融ライセンスを保持していないことが原因です。

日本の金融庁に登録をした場合は警告を受けることはありません。

しかし、登録を行うとハイレバレッジやゼロカットシステム、豪華ボーナスキャンペーンの開催などに規制がかかり、魅力的なサービスの提供ができなくなるデメリットが生じます。

金融庁に登録することで、サービスに規制がかかってしまうため、あえて日本の金融庁に登録を行っていない海外FX業者はXM Tradingに限らず多くあります。

XM Tradingの禁止事項に関するよくある質問と回答

どのような禁止事項がありますか?

複数口座や複数業者間での両建てやグループを組んで両建て取引、サーバー遅延や相場の急変を狙ったピンポイントな取引は禁止されています。また、XM Tradingではボーナスを二重取りするなどの不正を防ぐために、第三者の名義で新規口座開設することは禁止されています。

複数業者間で両建てしても良いですか?

複数の業者間で両建て取引を行うことは禁止されています。

窓埋めを行っても良いですか?

窓開けを埋めるようにトレードが動く「窓埋め」を集中的に行う取引は禁止されています。

複数のアカウントで運用は禁止されていますか?

複数のアカウントで運用することは禁止しています。
すでに口座登録が完了しているのに、名前を偽りアカウントを複数作成した場合、出金拒否や口座凍結される場合があります。

第三者による口座運用は可能ですか?

同居のご家族やご友人でも、口座名義人以外の第三者が口座を運用する行為は禁止されております。

経済指標発表時にハイレバレッジのトレードは禁止されていますか?

はい、禁止されています。

XM Tradingで禁止されている取引手法を行った場合、どのようなペナルティーがとられるのでしょうか?

XM Tradingで禁止されている取引手法を行った場合、利益没収や出金拒否、口座凍結などのペナルティが課せられることがあります。

スキャルピングを行うことは禁止されていますかか?

いいえ、禁止されていません。

友人と両建て取引をしたりグループ間で両建てを行うことは禁止されていますか?

自身一人だけでなく友人やグループを組んで複数人で両建て取引を行うことは禁止されています。実際に、グループを組んで両建てをしたユーザーは規約違反となり、利益を没収されたケースがあるので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロカットシステムを利用した両建ては可能ですか?

ゼロカットシステムの悪用となる両建ては禁止されています。両建て取引の場合、利益が出たポジションとは反対のポジションは、ゼロカットシステムで損失が補填され、ノーリスクで取引ができる状態になります。トレーダーは得する一方で、FX業者は損失を受けることになるため、ゼロカットシステムを悪用した行為はペナルティーの対象です。

XM Tradingの安全性に関するよくある質問と回答

XM Tradingは安全な業者ですか?

はい。2009年にサービスを開始し、現在14年目の運営歴があります。また、金融ライセンスはモーリシャスのライセンスとセーシェルのライセンスを取得し、トレーダーの資産は分別管理で自社資産とは別々に管理しています。

取引方式の安全性について教えてください。

FX業者が採用する取引方式は2種類、「DD方式」と「NDD方式」がありますが、XM Tradingでは取引方法はNDD方式を採用しています。

DD方式はトレーダーからの注文をFX業者を通して市場に流すため、注文に取次をしないなどの呑み行為や約定拒否される心配がありますが、NDD方式はトレーダーからの注文を直接市場に流すので、取引の透明性が高い方法です。

金融ライセンスは保持していますか?

金融ライセンスはモーリシャスのライセンスとセーシェルの金融ライセンスの合計2つを取得しています。また、XMグループ全体では5つのライセンスを取得しています。

資金管理はどのようにされていますか?

XMTradingは、分別管理を実施しています。トレーダーの資金をXMTradinの資産とは別に区分して管理する方法です。

運営歴はどれくらいありますか?

2009年に設立し、2023年現在で運営歴は14年目です。

約定拒否はおこりますか?

いいえ、XM Tradingの取引方式は約定拒否が一切ないNDD方式を採用しています。

XM Tradingの登録住所はどこですか?

XM Tradingの登録住所は下記住所です。F20 1st Floor Eden Plaza Eden Island Seychelles

XM Tradingは顧客サポートを提供していますか?

はい、XM Tradingは24時間365日の顧客サポートを提供しており、取引やアカウントに関する問い合わせに迅速に対応します。

XM Tradingは顧客サポートの対応時間を教えて下さい。

XM Tradingのカスタマーサポートは、3種類「ライブチャット」、「メール」、「電話(コールバック)」があり、ライブチャットは月〜金曜日の9:00〜21:00の間、即時返信を受け取れます。メールでの対応は週5日で24時間営業しており、1営業日以内に返信を受け取れます。電話(コールバック)はXM Tradingへ申請が必要で、時間指定での対応になります。

XM Tradingは顧客サポートは日本語での対応は可能ですか?

はい、日本語での対応は可能です。XM Tradingのカスタマーサポートは、3種類「ライブチャット」、「メール」、「電話(コールバック)」があり、土日は休業で、電話(コールバック)は相談内容によりXM Tradingが必要と判断した時のみ、電話でのサポートが受けられますが、ライブチャットの営業時間内であれば、日本人での対応が即時に受けられます。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索