Axiは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

海外FX業者

Axi

Axiは両建て可能?|禁止事項や ...

Axiは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

両建てとは、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

一時的な損失拡大の防止スワップポイントで稼ぐ際などに使われることのあるトレード手法です。

両建てはメリットもありますが、デメリットや業者によって禁止されていたり場合もあります。

この記事では、Axiで両建てを行うことが可能かどうか、また、禁止事項やペナルティなどについて解説していきます。

Axiでの両建て

Axiは、両建て取引を許容する海外FX業者の1つです。

Axiでは両建て取引することは公式サイトにて認められています。

両建とは、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

買いポジションはロングポジション売りポジションはショートポジションと表現されることもあります。

両建てを使用すると、ロングとショートの必要証拠金が相殺されるため、証拠金を減少させずに取引を続けることができます。

相場が上昇した場合相場が下落した場合
買いポジションのみを保有利益損失
売りポジションのみを保有損失利益
両建て売り損失分を買い利益分で相殺買い損失分を売り利益分で相殺

Axiの両建てのメリット・デメリット

メリット

  • 証拠金を減らさずにポジションを保有できる
  • 強制ロスカットを避けやすくなる
  • 相場の様子を長期的に観察できる
  • 相場変動に強く損失を最小限に防げる
  • 税金対策に活用できる

両建て取引を行うメリットは、買い(ロング)ポジションと売り(ショートポジション)の両方を保持すると、必要証拠金が差引きされ帳消しになり、証拠金を減らさずに強制ロスカットを避けてポジションを保有できたり、新規ポジションを注文できます。

買いと売りのポジション両方を保持することにより、含み益と含み損を大きくせずに長期で相場のトレンドを観察できます。

また個人の場合、1月1日から12月31日までの1年間で得た利益を翌年の確定申告で申請をおこなわなければいけませんが、含み損の利益は確定申告の対象外です。

年末に利益確定せずとも、両建て取引の含み益を保った状態で翌年に利益確定を持ち越すことができます。

デメリット

  • スプレッドや手数料の負担がある
  • マイナススワップだと毎日損益が発生する
  • ロスカットになるリスクが高まる

両建ては、同一の通貨ペアで売り買いのポジションを同時に保有するため、スプレッドや手数料などの取引コストが2倍かかります。

また、スワップの合計がマイナススワップとなった場合、ポジションを決済するまで毎日損益が発生してしまいます。

スワップポイントは日々変動していきますので、注文時に合計がプラススワップでも、気づいたらマイナススワップになっていた、といったリスクもあり得ますので注意が必要です。

Axiで禁止されている両建て

Axiでは同一口座内での両建ては禁止されていませんが、Axiで複数口座を作成し複数口座間で両建てを行ったり、Axiと別のFX業者間で両建ては禁止されています。

Axiで禁止されている両建て

・Axiでの複数口座間での両建て
・Axiと異なる他のFX業者間での両建て

Axiではスタンダード口座・プレミアム口座・エリート口座の3種類の口座タイプが用意されていますが、この中で別々の口座での両建ては禁止されています。

両建てのパターン

○ 同一口座内での両建て
× スタンダード口座:プレミアム口座間での両建て
× スタンダード口座:エリート口座間での両建て
× プレミアム口座:エリート口座間での両建て
× Axi口座:その他FX業者口座間での両建て

Axiでの両建ての注意点

複数口座でゼロカット狙いの両建てはゼロカット対象外

Axiでは、ゼロカットシステムが採用されています。

2つの口座を使用して、一方の口座がゼロカットになり、もう一方の口座で利益が出るような場合は、ゼロカットの対象外となります。

ゼロカットを目的とした複数の口座での取引は行わないよう注意しましょう。

ゼロカットを狙っていない複数口座での取引に関しては、マイナス残高はAxiによって解消されます。

ゼロカット対象外になる理由

別口座間での両建ての場合、ゼロカットシステムを利用すると、片方の口座で利益を出しもう一方はゼロカットで損益がカットされるということになり、トレーダー側が一方的に得をする形になります。

こういった状況を防ぐためにも、同口座内以外での両建てについて利用規約で禁止している業者がほとんどです。

利用規約を守らずトレードを行うと、口座凍結や出金拒否となる可能性が高いので、利用規約の違反はしないよう注意しましょう。

Axiでのペナルティー

Axiで両建て取引する場合、禁止されている両建て取引もあります。

利用規約に反し禁止された両建てを行うと、利益没収や出金拒否などのペナルティーを受けてしまいます。

また、悪質性が高い場合は口座凍結され二度と利用できなくなる場合もあるので、両建て取引をする場合は、利用規約違反に該当してしまわないように十分注意する必要があります。

Axiでプラススワップとなる通貨ペアは?

2023年1月11日時点、Axiで売り買いのスワップの合計がプラスとなる通貨ペアはありません。

プラススワップの通貨ペアはありませんので、両建てで継続的に利益を得ることはできません。

そのため、Axiで両建ては利益を得るトレード手法ではなく、相場変動に対するリスクヘッジとして活用するというのが適切かもしれません。

まとめ

Axiでは両建ては禁止されておらず、両建ては買いと売りの両方のポジションを持つことで長期的にトレンドを観察でき、利益が出やすくなったり、損失を抑えることも可能です。

しかし、2ポジション分の手数料やコストが発生するデメリットもあります。

また、Axiでは「複数口座間での両建て」や「Axiと異なる他のFX業者間での両建て」などは禁止されており、ルールを守らず規約違反した場合、利益を没収されたり、出金拒否や口座凍結が起こる可能性があるので、注意が必要です。

Axiで両建てを行う際は、禁止事項やルールを必ず守って取引するよう注意しましょう。

Axiの口座タイプに関するよくある質問と回答

Axiにはどんな口座タイプがありますか?

Axiではスタンダード口座・プレミアム口座・エリート口座の3種類のタイプが用意されています。

口座タイプの違いは何でしょう?

・スプレッドと手数料
(プレミアム口座とエリート口座は取引コストが低い)
・最低入金額
(スタンダード口座のみ最低入金額の設定がない)
・口座の開設方法
(エリート口座のみ開設時にサポートセンターに問い合わせの必要がある)
などの違いがあります。

スタンダード口座の特徴は何でしょう?

スタンダード口座は最低入金額が設定されておらず、少額からでもレバレッジ1000倍で取引可能な口座タイプで、初心者から上級者まで幅広い層におすすめです。

プレミアム口座の特徴は何でしょう?

プレミアム口座は最低入金額が500ドル(約7万円)で、ややハードルが高いかわりに、スタンダード口座よりも取引手数料が安く、取引コストを抑えることができるので、短期トレードをする方におすすめの口座タイプになります。

エリート口座の特徴は何でしょう?

最上位のエリート口座は、最低入金額25000ドル(約350万円)とかなり高額ですが、Axiで最もローコストな口座で、海外FX業界でも最安水準の環境でトレードできます。

ただし、15日間連続して残高が25000ドルを下回るとプレミアム口座へ切り替わってしまいます。

一人で複数の口座を持つことはできますか?

可能です。Axiには「追加口座」というシステムがあります。一人で複数の口座を作ることができ、異なる口座タイプ・基本通貨を併用することが可能です。

Axiの取引口座で、FX以外の商品も取引できますか?

はい、Axiでは株式CFD、インデックス、コモディティ、メタル、エネルギー、暗号資産、CFDも取引ができます。

どの口座タイプでも開設するのに年齢制限はありますか?

18歳以上であれば、口座開設ができます。

口座開設に親の同意書は必要ですか?

いいえ、18歳以上であれば、親の同意書やサインは必要ありません。

口座開設を行うのに費用はかかりますか?

Axiの口座開設は完全に無料であり、追加口座を作成するためにも費用は一切かかりません。ただし、振込手数料や取引手数料などの費用は、お客様ご自身で負担していただく必要があります。また、口座の種類によってスプレッドや取引手数料が異なるため、口座を選ぶ際には取引コストをしっかりと確認することが重要です。

Axiの基本情報に関するよくある質問と回答

Axiの最大レバレッジはどのぐらいですか?

最大レバレッジは1000倍になります。

Axiは仮想通貨の取引を行えますか?

はい。
Axiではビットコインやイーサリアム、リップルなどの仮想通貨も取引することができます
最大レバレッジは200倍となっております。

Axiではコピートレードはできますか?

はい。
PCではMyfxbookのAutotradeやスマホ・タブレットではAxi Copy Tradingなど、世界中のトップトレーダーの取引を自動でコピーして取引を行えるアプリが利用できます。

AxiではEAを使用することはできますか?

はい。
AxiではAIにより有効な取引戦略を提供する分析プラットフォームPsyQuationを無料で利用できます。

Axiでは最低入金額の設定はありますか?

スタンダード口座については最低入金額の設定はありません。

Axiはボーナスキャンペーンは実施していますか?

いいえ。
ボーナスキャンペーン今のところ消極的です。

デモ口座は作れますか?

はい。作れます。デモ口座では、仮想のお金を使って取引でき、手数料や費用は一切かかりません。

Axiではどのような商品の取引ができますか?

Axiでは株式CFD、インデックス、コモディティ、メタル、エネルギー、暗号資産、CFDなどの取引ができます。

金融ライセンスは保持していますか?

はい、AxiではSVG FSAなどの金融ライセンスを保持しています。

設立は何年ですか?

Axiは2007年に設立しました。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索