XM Tradingは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

海外FX業者

XM Trading

XM Tradingは両建て可能 ...

XM Tradingは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

両建ては、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有する取引方法ですが、メリットやデメリットがあります。

海外FX業者では両建てが禁止されている場合が多いですが、XM Tradingでは両建てが可能なのか、禁止事項やルールを詳しく解説していきます。

XM Tradingの両建て

両建てとは

両建てとは、同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を同時に保持し取引すること

買いポジションはロングポジション、売りポジションはショートポジションとも表現される


両建てとは、1つの通貨ペアに対して「売りポジション」と「買いポジション」を同時に持つことを指します。

例えば、ドル円の0.01ロットの売りポジションと、ドル円の0.01ロットの買いポジションを同時に保有することができます。

XM Tradingで両建ては可能?

XM Tradingでの両建て取引は、同一口座内であれば認められています

両建てトレードを行う際、必要証拠金はゼロとなります。

しかし、XM Trading独自の取引ルールで禁止されている両建て取引もあります。

ルールに反した両建て取引を行った場合、利益の取り消しや口座凍結などのペナルティーが課せられたり、大きな損失や強制ロスカットのリスクの可能性があるので注意が必要です。

禁止事項とペナルティー

XM Tradingでは下記のような両建て取引が禁止されています。

禁止事項

  • 複数人または複数口座間や異なる業者間での両建て
  • 特定通貨でのリスクを回避する目的での両建て
  • ゼロカットシステムの悪用となる両建て

禁止されている両建て取引はXM Tradingだけに限らず、他の海外FX業者でも同様に禁止されている場合もあります。

複数人や複数口座、異なる業者間での両建て

自身一人だけでなく友人やグループを組んだり、複数口座での両建ては規約違反です。

XM Tradingと他のFX業者間で両建てを行うことも禁止されています。

同一口座内複数口座間異業者間

また、保有しているポジションの通貨が急激な為替変動により暴落するのを防ぐために、他の口座で同じ通貨のポジションを保持し両建て取引を行うことは、規約違反になる可能性があります。

実際に、グループを組んで両建てをしたユーザーは規約違反となり、利益を没収されたケースがあるので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロカットシステムの悪用となる両建て

ゼロカットシステムとは

トレーダーの資産を守る仕組みであるロスカットが間に合わず、残高がマイナスになってしまった際、損失分をFX業者が負担するシステム

両建て取引の場合、利益が出たポジションとは反対のポジションは、ゼロカットシステムで損失が補填され、ノーリスクで取引ができる状態になります。

トレーダーは得する一方で、FX業者は損失を受けることになるため、ゼロカットシステムを悪用した行為はペナルティーの対象です。

利益の発生の仕方が明らかに不自然な場合や、意図的に禁止行為とされている両建てを行うと、利益没収だけでなく口座凍結などの重たいペナルティーになる可能性があるため、十分注意してください。

メリット

両建て取引には下記のようなさまざまなメリットがあります。

  • 証拠金を減らさずにポジションを保有できる
  • 損益を固定し、長期的に相場を観察できる
  • 相場変動に強く損失を最小限に防げる
  • 強制ロスカットを回避
  • 税金対策に活用できる

両建て取引では買いポジションと売りポジションの両方を保持するため、必要証拠金は差引きされ帳消しになり、証拠金を減らさずに新規ポジションの注文やつなぎ売買ができます。

両建てにより損益を固定し、次のトレンドを見極める時間を得ることができます。

また、買いと売りのポジション両方を保持すると、含み益と含み損を大きくせずに長期的に相場のトレンドを観察できます。

両建ては、レートの変動があっても強制ロスカットが執行されるリスクを低減できます。

税金対策での活用としては、個人の場合1月1日から12月31日までの1年間で得た利益を翌年の確定申告で申請をおこなわなければいけませんが、含み損の利益は確定申告の対象外なので、年末に利益確定せず両建て取引の含み益を保った状態で翌年に利益確定を持ち越すことが可能です。

デメリットと注意点

両建て取引はメリットだけでなく、下記のようなデメリットと注意しなければいけないことがあります。

  • 禁止されている両建てがある
  • 2ポジション分のスプレッドとスワップポイントのコストがかかる
  • 一時的に証拠金が必要になる場合がある
  • マイナススワップの場合、損益が発生
  • 強制ロスカットされるリスクがある

禁止されている両建てがある

XMTradingでは、いくつかの両建てが禁止されています。

違反すると、口座が凍結される可能性があります。

具体的には、XMTradingの複数口座間での両建てや、XMTradingと他社口座間での両建てなどが禁止されています。

2ポジション分のコストがかかる

両建てをすると、2ポジション保有することになるので、スプレッドとスワップポイント2倍のコストがかかります。

マイナススワップの場合、損益が発生

スワップポイントは日々変動しているため、金利の高いポジションでの取引は、マイナススワップが発生する恐れがあり、ポジションを決済するまで損益が発生します。

一時的に証拠金が必要になる場合がある

両建てでは、一時的に証拠金が必要になる場合があります。

特に、片方ずつの注文や決済を行う際には注意が必要です。

片方のポジションのみ決済する場合は、両建てをした際に相殺されていた必要証拠金が発生します。

強制ロスカットされるリスクがある

ロスカット水準に対してギリギリの証拠金維持率で両建てを解消すると、証拠金維持率が下がり強制ロスカットが起こる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

XM Tradingでは同一口座内・同一通貨ペアの両建て取引が両建て取引は認められています。

両建て取引を行うと、証拠金が0となり、新たなポジションの保有が容易になるとともに、強制ロスカットのリスクを低減できます。

しかし、XM Tradingでの両建ては、証拠金の節約や取引の柔軟性を享受することができる一方で、注意点も多いため、十分な理解と知識が必要です。

禁止されている両建て取引は、「複数業者間での両建て」や「ゼロカットシステムを悪用した両建て」などがあります。

ルールを守らず規約違反した場合、利益没収や出金拒否などのトラブルが起こる可能性もあるので、取引を行う前にXM Tradingの公式サイトや関連情報をしっかりと確認し、規約違反に該当しないよう必ずルールを守り、安全な取引を心がけましょう。

XM Tradingの両建てに関するよくある質問と回答

両建てや、スキャルピング、EAの取引は禁止していますか?

スキャルピングを含め、EA利用や同一口座での両建て取引については特段の規制は設けておりません。しかし、複数口座間での両建て取引や、他業者間での両建て取引(他業者のFX口座を利用した両建て取引)は禁止しております。

両建て取引のメリットは何ですか?

両建て取引を行うと、ポジションの必要証拠金が「0(ゼロ)」になることや、異なる取引手法を同時に行えること、XMポイント(XMP)が溜まること等のメリットがあります。但し、意図的なXMポイント狙いの両建ては規約違反となりますので、事前に禁止事項を確認してお取引ください。

両建て取引中のポジションで、片方のみの決済はできますか?

はい、できます。しかし、売りポジションまたは買いポジションの片方のみを決済する場合、ポジションを決済した時点で両建て取引が解除され、取引量に併せた必要証拠金が発生します。

両建てとは何ですか?

両建てとは、同じ通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を同時に保持し取引することです。
買いポジションはロングポジション、売りポジションはショートポジションとも表現されています。

複数業者間で両建てしても良いですか?

複数の業者間で両建て取引を行うことは禁止されています。

グループを組んで両建てすることは認められていますか?

いいえ、友人とグループを組んで両建てする行為は禁止されています。

両建て取引を行う場合、何に注意する必要がありますか?

XM Tradingでは、両建て取引に関する制限が設けられているため、それらの制限に沿って取引を行うことが重要です。詳細については、取引規約を確認することをお勧めします。

EA(自動売買)を利用した両建ては禁止されていますか?

いいえ、EAによる自動売買取引は禁止しておらず、引プラットフォームMT4/MT5にEAを設置して自動売買で取引が可能です。しかし、EAのロジックがXMの利用規約違反や禁止事項に該当していないか事前に確認することをおすすめします。

両建てのデメリットはありますか?

両建てをすると、2ポジション保有することになるので、スプレッドとスワップポイントも2倍のコストがかかります。スワップポイントは日々変動しているため、金利の高いポジションでの取引は、マイナススワップが発生する恐れがあり、ポジションを決済するまで損益が発生します。また、片方のポジションのみ決済する場合は、両建てをした際に相殺されていた必要証拠金が発生します。ロスカット水準に対してギリギリの証拠金維持率で両建てを解消すると、証拠金維持率が下がり強制ロスカットが起こる可能性があるので注意が必要です。

両建てをした際の証拠金計算はどうなりますか?

同一口座内で両建てを行った場合、証拠金は取引量に従って相殺されます。

XM Tradingの禁止事項に関するよくある質問と回答

どのような禁止事項がありますか?

複数口座や複数業者間での両建てやグループを組んで両建て取引、サーバー遅延や相場の急変を狙ったピンポイントな取引は禁止されています。また、XM Tradingではボーナスを二重取りするなどの不正を防ぐために、第三者の名義で新規口座開設することは禁止されています。

複数業者間で両建てしても良いですか?

複数の業者間で両建て取引を行うことは禁止されています。

窓埋めを行っても良いですか?

窓開けを埋めるようにトレードが動く「窓埋め」を集中的に行う取引は禁止されています。

複数のアカウントで運用は禁止されていますか?

複数のアカウントで運用することは禁止しています。
すでに口座登録が完了しているのに、名前を偽りアカウントを複数作成した場合、出金拒否や口座凍結される場合があります。

第三者による口座運用は可能ですか?

同居のご家族やご友人でも、口座名義人以外の第三者が口座を運用する行為は禁止されております。

経済指標発表時にハイレバレッジのトレードは禁止されていますか?

はい、禁止されています。

XM Tradingで禁止されている取引手法を行った場合、どのようなペナルティーがとられるのでしょうか?

XM Tradingで禁止されている取引手法を行った場合、利益没収や出金拒否、口座凍結などのペナルティが課せられることがあります。

スキャルピングを行うことは禁止されていますかか?

いいえ、禁止されていません。

友人と両建て取引をしたりグループ間で両建てを行うことは禁止されていますか?

自身一人だけでなく友人やグループを組んで複数人で両建て取引を行うことは禁止されています。実際に、グループを組んで両建てをしたユーザーは規約違反となり、利益を没収されたケースがあるので、絶対に行わないようにしましょう。

ゼロカットシステムを利用した両建ては可能ですか?

ゼロカットシステムの悪用となる両建ては禁止されています。両建て取引の場合、利益が出たポジションとは反対のポジションは、ゼロカットシステムで損失が補填され、ノーリスクで取引ができる状態になります。トレーダーは得する一方で、FX業者は損失を受けることになるため、ゼロカットシステムを悪用した行為はペナルティーの対象です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索