FX Fair(旧FX beyond) サービス停止のお知らせと出金拒否の実態を詳しく解説!

その他

トピックス

FX Fair(旧FX beyo ...

FX Fair(旧FX beyond) サービス停止のお知らせと出金拒否の実態を詳しく解説!

FX Fair(旧FX beyond) が2023年9月7日にサービス停止を発表しました。

この記事では、FX Fair(旧FX beyond) がサービスを停止した理由やサービス停止にいたるまでの背景、今後の対応など詳細について詳しく解説します。

また、記事の最後ではより安全性の高い業者の選定方法に関しても紹介しますので是非最後までご覧ください。

FX Fair(旧FX beyond)とは

FX Fair(旧FX beyond)は、2020年12月に設立した新興FX業者で、2021年3月から日本顧客向けにサービスを行っている新興の海外FX業者です。

2022年10月にFXBeyondは「FXFair」へ社名変更しました。

運営歴は約2年で、100%ボーナスなどの魅力的なキャンペーンを度々実施していました。

金融ライセンスは未取得で、セントビンセント・グレナディーン諸島での国際事業会社ライセンスのみを取得しています。

顧客の資金は別々に管理されていると謳っていますが、信託保全の措置は取られていません。

FX Fair(旧FX beyond)の説明によると、顧客の資金管理に関しては「当社は、お客様からの信頼を得るため、お客様の資金と同等の金額を別途管理しています」とFX FairのFAQに記載していますが、この管理が第三者の機関によって監視や規制されているわけではないため、実際に別途管理が適切に行われているかの確認は難しい状況です。

会社情報
運営会社FXFair Ltd.
登記情報Beachmont Business Centre, 358, Kingstown, St. Vincent and the Grenadines
ライセンスセントビンセント・グレナディーン諸島の国際事業会社ライセンスのみ取得
ライセンス番号21238 IBC 2013
運営歴約2年
資金管理 分別管理
ゼロカットあり(追従なし)
プラットフォームMT4
サポートメール

FX Fairの特徴

  • 運営歴は約2年
  • 金融ライセンスは未取得
  • 本人確認前に取引が可能
  • 最大レバレッジ1,111倍
  • トレード分析機能が利用できる
  • 取扱い銘柄は少なめ
  • 個別株や仮想通貨の取引が可能
  • プラットフォームはMT4のみ
  • サポートはメール対応のみ

FX Fair(旧FX beyond)がサービス停止に至るまでの背景

2023年6月頃から大規模な入出金遅延が発生しており、原因として不正トレードが横行したことがアナウンスされています。

8月15日には、FX Fair(旧FX beyond)は、不正トレードの増加を受けて、ユーザーアカウントの再審査を行うと発表しました。

コンプライアンス部門での本人確認書類の再検討が必要となった模様です。

再審査の結果、多くの利用規約違反が確認され、それに伴う検証作業のため、出金にかかる時間が大幅に延び、出金手続きの所要期間を「最大5営業日」から「最大25営業日」へと修正することを公表しました。

出金遅延を発表する直前にボーナスキャンペーンを展開

FX Fair(旧FX beyond)は上記の出金遅延を公にする直前、最大111万円の111%入金ボーナスキャンペーンを展開していました。

SNSでは、FX Fair(旧FX beyond)が頻繁にボーナスを提供した結果、多数の不正利用者が現れたとの声が上がっています。

ボーナスを提供するブローカーは、アービトラージを駆使した不正トレードのリスクが高まる傾向にあります。

さらに、出金の遅れが問題となる直前にも大きな入金ボーナスキャンペーンを行っていたことが、多くの批判を受けています。

海外FX業界での出金トラブルが頻発しており、2023年5月31日にサービスを停止した「GEMFOREX」の出金問題と似ているため、多くの人々が「出金が拒否されるのでは?」あるいは「会社が倒産するのではないか?」と懸念を抱くユーザーが見受けられます。

GEMFOREXでは、決済代行会社の未払いや持ち逃げ、不正利用などが原因でユーザーの出金が停止しており、いまだに解決のめどは立っていません。

銀行入金が一時的に受付停止

2023年8月18日、出金遅延の発表からわずか3日後、FX Fair(旧FX beyond)は銀行を通じた入金の受付を停止しました。

停止の背景には、FX Fairと提携している収納代行法人の銀行口座が一時的に利用できなくなったことが挙げられます。

現在、仮想通貨ウェブウォレット「Bitgo」を利用した入金は引き続き可能ですが、状況を考慮すると、今は推奨しません。

FX Fair(旧FX beyond)がサービス停止した理由

FX Fair(旧FX beyond)がサービス停止の理由を以下のように発表しています。

原因

  • アサシンFXの顧客対応に起因する風評被害
  • 収納代行法人の銀行口座凍結
  • 仮想通貨ウォレットのハッキングと凍結
  • 不正トレードと利用規約違反
  • MetaQuotesライセンスの停止
  • 日本国外の銀行口座における出金停止

アサシンFXの顧客対応に起因する風評被害

FX Fair(旧FX beyond)とホワイトラベル契約を結んでいるアサシンFXが不適切な顧客対応を行った結果、風評被害が発生しました。

その影響でMetaQuotes社からモバイルアプリケーションのライセンスが剥奪され、多数の出金申請が突如として発生しました。

それに伴い、FX Fair(旧FX beyond)の資金流に大きな影響を及ぼしました。

収納代行法人の銀行口座凍結

ユーザーからの多数の苦情を受け、FX Fair(旧FX beyond)が利用していた収納代行法人の銀行口座が一時的に凍結されました。

凍結により、金融機関への送金が滞り、ユーザーへの出金が遅れる事態が発生しました。

仮想通貨ウォレットのハッキングと凍結

FX Fair(旧FX beyond)が保有していた仮想通貨ウォレットが外部からの不正アクセスを受け、大量の資金が盗まれ、ユーザーへの出金が困難となりました。

不正トレードと利用規約違反

直近では、FX Fair(旧FX beyond)のプラットフォーム内で不正トレードや利用規約違反が増加していました。

特に、組織的なボーナス利用やプロモーションコードの不正利用、名義貸しなどの不正アカウントによる取引が目立ちました。

MetaQuotesライセンスの停止

MetaQuotes社からの通知により、FXFairのMT4・MT5ライセンスが2023年9月25日に停止されることが決定しました。

それに伴い、取引プラットフォームの利用ができなくなる予定です。

日本国外の銀行口座における出金停止

FX Fair(旧FX beyond)の資金を分別保管している日本国外の銀行口座が、現地当局からの資金洗浄疑惑で出金手続きが停止されました。

上記の問題は現在も解決しておらず、ユーザーへの出金に大きな影響を及ぼしています。

下記2点に関してはFXブローカーが出金遅延および出金拒否を行うときの決まり文句としてよく使用されるものですので事実かどうかは定かではありません。当社の予想としては1→2→5→6の流れで今回サービス停止に至ったのではないかと考えております。

  • 仮想通貨ウォレットのハッキングと凍結
  • 不正トレードと利用規約違反

FX Fair(旧FX beyond)とアサシンFXの関連性

アサシンFXの詐欺疑惑が、FX Fair(旧FX beyond)の出金遅延の原因として浮上しています。

PAMM口座のトラブル

アサシンFXは、FX Fairとのホワイトラベル契約を通じて、FX Fairの回線を利用してサービスを提供していたと言われています。

今回「PAMM口座」という第三者への資産運用システムが、アサシンFXでの大きなトラブルの原因となりました。

具体的には、アサシンFXのPAMM口座利用者は「口座の解除ができない」「予告されていた以上の大きな損失」などの問題に直面し、多数のトレーダーが資金を失ってしまいました。

上記の背景を受け、FX FairでもPAMM口座に関するトラブルが報告されているため、ユーザー間での不安が高まっています。

特に、アサシンFXでの事例を鑑みると、FX Fairにおける出金の遅れに対する懸念が強まっているようです。

FX FairはアサシンFXとの関連性を否定

一方、FX FairはSNS上で、アサシンFXとの関連性を否定しており、公式発表では「アサシンFXに対する警告を繰り返してきた」、「MetaQuotes社のシステムを介してのみ関わっている」と主張しています。

さらに、アサシンFXの問題により、FXFairの評判やビジネスが悪化しているとし、法的手段も検討しているとのことです。

しかし、SNS上では、「両社のサービス内容やウェブサイトのデザインが似ている」との指摘があり、一部からは「同じ取引プラットフォームを使用しているので、実際には同じ会社ではないか」という疑念の声もあるため、ユーザーの間での不安は拭えていない状況です。

アサシンFXの行動を模倣した可能性も考えられますが、もし運営元が同じであれば、FX Fairの信頼性にも疑問が生じることは確かです。

PAMM口座の出金一時停止を発表

8月11日FX Fair(旧FX beyond)は、PAMM口座(第三者に資産運用を委託する用の口座)の利用者向けに出金の一時停止を告知しました。

公式によると、PAMM口座利用者の代理人から収納法人の銀行口座の一時凍結の通知があったとのことです。

FX Fair PAMM口座についてのお知らせ

お客様がご利用のPAMM口座について、お知らせがございます。
PAMM使用ユーザーの代理人より、関連する収納法人の銀行口座が一時的に凍結となった旨の通知を受けました。
この状況のため、現在、一時的に出金が制限されております。
ご紹介者様を経由のPAMM口座に関する出金も、問題が解決するまで一時停止とさせていただきます。
弊社および契約収納法人の法定代理人からは凍結解除には時間がかかるとの回答をいただいております。
新たな進捗や情報があり次第、すぐにご連絡いたします。
何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

上記の文言から、PAMM利用者が何らかの法的手続きを進めている可能性が示唆されます。

アサシンFXとFX Fair(旧FX beyond)、両社ともPAMM口座を巡るトラブルが発生している共通点があり、注目されています。

FX Fair(旧FX beyond)の今後の対応

今後の出金方法について、FX Fair(旧FX beyond)は以下のように発表しています。

FX Fair(旧FX beyond)が現在保有している資金は、仮想通貨のUSDTとしてユーザーに分配する方針を発表しました。

分配金額は申請人数や保有資金により異なりますが、詳細はメールでお知らせするとのことです。なお、初回の分配は2023年10月10日前後を予定されており、定額出金の対象は、1アカウント内で5,000円(50USD)以上の残高を保有しているユーザーになります。

FX Fair(旧FX beyond)に対する評判と口コミ

出金遅延やサービス停止に対して、FX Fair(旧FX beyond)のユーザーからの評判や口コミは下記のような意見がありす。

  • 出金に関する問題
  • 計画倒産の疑念
  • ライセンスの有無
  • 自己責任の認識

出金に関する問題

FX Fair(旧FX beyond)は、2023年5月31日にサービスを停止したGEMFOREXのように分割出金を行わず、計算上の定額での出金を行っているとのことで、法的な破産処理を示唆している可能性が疑われています。

また、GEMFOREXのように国内に実態があったのに対して、FXFair(旧FX beyond)は海外での業務を行っているため、日本の法律では対応が難しいとの指摘がなされています。

計画倒産の疑念

出金遅延直前にボーナスを実施していたことから、計画的な倒産を疑う声が上がっています。

ライセンスの有無

FX Fair(旧FX beyond)は、外国為替ディーラー業務ライセンスを持っていません。

SVGFSAの公式HPでは、FXFairに対してライセンスを発行していないと明記されており、JFSAからも警告が出されていると指摘する声もあります。

自己責任の認識

FX Fair(旧FX beyond)に対する不評な評判があげられる一方で、「業者の言い分や他の評価を信じるかどうかは個人の自由だが、FXFairに関しては完全に自己責任での取引」との意見するユーザーもいます。

海外FX業者で出金拒否や口座凍結が起こる原因

実際に出金拒否が起こる原因は下記のような事例が考えられます。

  • 悪徳FX業者による詐欺
  • FX業者側のシステムエラーなどのトラブル
  • 海外FX業者の倒産
  • トレーダーによる利用規約違反などの行為

悪徳業者が原因のケース

悪徳FX業者の場合、非常にお得なキャンペーンなどを開催し、さまざまな手口で勧誘してきます。

実際に取引を開始してみると、ボーナスの反映がされなかったり、正当な理由がなく出金拒否や口座凍結されるなど、さまざまな被害を受け利益の出金ができず泣き寝入りとなってしまうことが多いです。

下記は悪徳業者で取引した際に起こりうる被害の一例です。

悪徳業者による被害例

  • 出金申請が理由もなくキャンセルされる
  • 利益分を出金する際に追加入金を迫られる
  • 問い合わせをしても一向に返信が来ない
  • ボーナス特典が付与されずキャンセルされる
  • 一方的にアカウントを凍結、削除される

悪質業者の場合、正当な理由がないのに出金拒否されてしまうことがあるので、よく業者の情報を確認し注意する必要があります。

トレーダー側が原因のケース

海外FX業者には、取引や出金にまつわる独自のルールがあり、トレーダーがFX業者で定められたルールに反している場合に出金拒否が起こることが多いです。

海外FX業者を選ぶ時の注意点

海外FX業者でトレードを始める際に、利用する業者が悪徳業者ではないか、FX業者の信頼性や安全性を見分けるポイントは2つあります。

業者選びのポイント

  • 金融ライセンスを取得しているか
  • トレーダーの資産の管理方法

金融ライセンスについて

金融ライセンスとは、金融業の営業許可証のことで、世界中の各国々にある監督機関が発行しており、取得にはさまざまな審査と規制が設けられています。

金融ライセンスを保持している業者ではれば、出金トラブルを起こしにくいことがわかります。

各国々ごとにライセンスの審査の厳しさが異なりますが、海外FX業者を選ぶ際には、ライセンスを取得しているかどうか確認することをおすすめします。

資金管理について

海外FX業者がトレーダーの資金をどのように管理しているのかも安全なFX業者を選ぶには大切な基準です。

資金管理の方法は、「分別管理」と「信託保全」との2種類あります。

資金管理の方法

  • 分別管理
  • 信託保全

分別管理とは、FX業者内でトレーダーから預かった資産と自社の資産を別々に管理する方法です。

信託保全は、トレーダーの資産を外部機関である信託銀行が責任を持って預かります。

FX業者の資産とは完全に切り離して管理するので、万が一、FX業者が破綻した場合でも、トレーダーの資産が保全されるより安全性が高い資金管理の方法です。

安全性のあるFX業者であれば、分別管理か信託管理のどちらかを採用しているので、FX業者を選ぶ際は資金管理方法もチェックしてみてください。

おすすめの海外FX業者

海外FX業者の中には、安全性や信頼性が高く、取引コストやボーナス、レバレッジなどの取引環境が優れた業者があります。

中でも、特に安全性が高く人気の海外FX業者をご紹介します。

おすすめの海外FX業者

  • FXGT
  • Exness
  • XM Trading

FXGTの特徴

FXGTは2019年にサービスを開始し、豪華ボーナスキャンペーンの開催と最大レバレッジ1,000倍に加え、FX以外にも150種類以上の仮想通貨の両方を取り扱う日本人にもとても人気の高い海外FX業者です。

会社情報詳細
運営会社360 Degrees Markets Ltd
設立2019年12月
ライセンスセーシェル金融サービス庁(FSA)
登録番号:SD019
登録住所セーシェル共和国
Suite C, Orion Mall , Palm Street,
Victoria , Mahe , Seychelles
資金管理分別管理
100万ユーロの賠償責任保険に加入
最大レバレッジ1,000倍
取扱銘柄150種類以上
取引方式NDD方式
日本語対応あり

FXGTは運営歴は2019年12月に設立され現在4年目で、運営歴は他の海外FX業者に比べると短いですが、FXGTには大手FX業者の創業メンバーや役員だった方が在籍し、しっかりとした基盤が作られています。

また、FXGTではTwitterなどのSNSを巡回し、困っているユーザーを発見した場合は直接ダイレクトメッセージやコメントを送り、積極的にサポートしています。

「異常レートが発生した」という口コミも多数、見受けられましたが、カスタマーサポートに連絡すると補填してくれたり、「特別にボーナスを用意してもらった」など柔軟な対応をしてくれるようです。

FXGTの特徴

  • ボーナスと通貨ペアが豊富
  • 出金申請後の振込が早い
  • 最大レバレッジ1,000倍
  • ロスカットレベルが20%
  • ユーザーの意見を聞いて改善してくれる
  • 仮想通貨系のスプレッドが狭い

FXGT出金スピードは、「非常に早い」と、とても評判が良く、頻度に開催される豪華なボーナスキャンペーンに対しても定評があります。

Exnessの特徴

Exnessは複数の企業により構成されたグループ会社で、世界各国でトレーディングプラットフォーム事業を展開するFX業者です。

2008年に設立後、一時的に日本から撤退しましたが、2020年に日本語サポートを充実させ再びサービスを開始し注目を集めています。

Exnessはセーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを保持し、グループ全体で保有する金融ライセンスは8つあります。

中でも、キプロス証券取引委員会 (CySEC)や、イギリス金融行動監視機構 (FCA)」の金融ライセンスは世界でも特に取得が難しいライセンスです。

また、ExnessではNDD方式を採用しているため、透明性が高い取引を行えます。

資金管理方法は、分別管理を実施しています。

会社情報詳細
運営会社Exness (SC) Ltd(旧社名:Nymstar Limited)
設立2008年
ライセンス(番号)セーシェル金融庁(FSA)
会社住所9A CT House, 2nd floor, Providence, Mahe, Seychelles
資金管理分別管理
最大レバレッジ無制限
取引方式NDD方式
日本語対応完全対応

Exnessの安全性と特徴

  • 2008年に設立し、15年の長い運営歴がある
  • 取引の透明性が高いNDD方式を採用
  • セーシェル金融庁(FSA)の金融ライセンスを保持
  • グループ全体では8つの金融ライセンスを取得
  • トレーダーの資金は分別管理を採用
  • 日本人スタッフによる日本語サポートが充実

Exnessは、2010年より毎月の顧客数や取引量、出金額をホームページで公開しています。

直近の取引量は300兆円を超えるなど海外FX業者の中でもトップクラスで、日本だけでなく世界中で利用されていることが分かります。

XM Tradingの特徴

XM Tradingは、TradingPointが運営している世界的なFX取引サービス業者で、日本でも初めて海外FXを始める人の多くが最初にXMを利用すると言われるほど人気が高い大手企業です。

会社情報詳細
運営会社Tradexfin Limited
設立2009年
ライセンス(番号)セーシェル金融庁(SD010)
モーリシャス金融サービス委員会(GB20025835)
資金管理優良金融機関で分別管理
取引方式NDD方式
資金管理方法分別管理
日本語対応完全対応
問い合わせ方法・メール
・ライブチャット
・電話(コールバック)

2009年に設立され2023年現在で運営歴は14年目と長い運営歴があり、出金拒否や大きなトラブルがなく、非常に信頼性の高い業者です。

全注文の99.35%が1秒以内に執行し、注文執行率100%を保証

約低拒否が一切おこらないNDD方式を採用により、取引の透明性と信頼性が高い特徴があります。

また、XM Tradingでは取引をする度、現金に変えられるポイントがたまる特典があります。

少額から取引ができ、無料セミナーや日本語サポートも充実しているので、初心者の方でも安心して取引を開始できます。

XM Tradingの特徴

  • レバレッジ1,000倍で追従がない
  • ボーナスキャンペーンと取引銘柄が豊富
  • 少額から取引ができる
  • NDD方式を採用により、取引の透明性と信頼性が高い
  • 約低拒否が一切おこらない全注文の99.35%が1秒以内に執行
  • 注文執行率100%を保証
  • 出金処理が早い
  • スリッページや約低拒否がおこらない

XM Tradingでは、出金処理が早く出金拒否などのトラブルが少なく、約定拒否やスリップページが一切ありません。

また、ボーナスキャンペーンを利用して少ない資金で取引を開始でき、1,000倍のレバレッジで追従がないため、多くのトレーダーが魅力を感じています。

まとめ

FX Fair(旧FX beyond)における出金日数の遅延は、本人確認の審査をより厳格に行っているためとされています。

また、入金に関しては現在、一時的に口座が凍結されている状態ですが、凍結がいつ解除されるのかについての具体的な日程は公表されていません。

さらに、BitGOを除く他の入金方法が利用不可となっていることも、ユーザーにとっては疑問の余地がある状況です。

FX Fair(旧FX beyond)の収納代行業者の銀行口座の凍結が解除され、口座が正常に戻れば、ユーザーの出金問題は向かうと大きく改善される見込みですが、この問題が長引くと、GEMFOREXの事例のように、業者の運営自体が難しくなるリスクが出てきます。

さらに、ユーザーの資金回収も難しくなる可能性があるため、注意が必要です。

FX Fair(旧FX beyond)の今後の動きに注目が集まりますが、インターネットには多くの情報があふれており、真実の情報は公式サイトでのみ確認できます。

そのため、FX fairのユーザーは情報を鵜呑みにせず、冷静な判断が必要です。

また、海外FX業者を選ぶ際には、正式なライセンスの有無や出金の評価を確認することが重要です。

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索