Doo Primeで
両建ては可能?

[object Object]

海外FX業者

DooPrime

DooPrimeは両建て可能?| ...

DooPrimeは両建て可能?|禁止事項やルール、ペナルティにならない取引方法について

両建て取引することは公式サイトにて認められています。

両建て取引は、メリットが伴う一方で、デメリットや特定のブローカーによる制限も存在します。

DooPrimeで両建て

海外FX DooPrime  両建て

DooPrimeでは両建て取引することは認められています。

両建とは、同じ通貨ペアでの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有することです。

買いポジションはロングポジション売りポジションはショートポジションと表現されることもあります。

両建てを使用すると、ロングとショートの必要証拠金が相殺されるため、証拠金を減少させずに取引を続けることができます。

相場が上昇した場合相場が下落した場合
買いポジションのみを保有利益損失
売りポジションのみを保有損失利益
両建て売り損失分を買い利益分で相殺買い損失分を売り利益分で相殺

DooPrimeでの両建てのメリット

海外FX DooPrime  両建て メリット
  • 証拠金を減らさずにポジションを保有できる
  • 強制ロスカットを避けやすくなる
  • 相場の様子を長期的に観察できる
  • 相場変動に強く損失を最小限に防げる
  • 税金対策に活用できる

DooPrimeで両建て取引を行うメリットは、買い(ロング)ポジションと売り(ショートポジション)の両方を保持すると、必要証拠金が差引きされ帳消しになり、証拠金を減らさずに強制ロスカットを避けてポジションを保有できたり、新規ポジションを注文できます。

買いと売りのポジション両方を保持することにより、含み益と含み損を大きくせずに長期で相場のトレンドを観察できます。

また個人の場合、1月1日から12月31日までの1年間で得た利益を翌年の確定申告で申請をおこなわなければいけませんが、含み損の利益は確定申告の対象外です。

年末に利益確定せずとも、両建て取引の含み益を保った状態で翌年に利益確定を持ち越すことができます。

DooPrimeで両建て取引を行うデメリット

海外FX DooPrime  両建て デメリット
  • スプレッドや手数料の負担がある
  • マイナススワップだと毎日損益が発生する
  • ロスカットになるリスクが高まる

DooPrimeで両建て取引を行うデメリットは、同一の通貨ペアで売り買いのポジションを同時に保有するため、スプレッドや手数料などの取引コストが2倍かかります。

また、スワップの合計がマイナススワップとなった場合、ポジションを決済するまで毎日損益が発生してしまいます。

スワップポイントは日々変動していきますので、注文時に合計がプラススワップでも、気づいたらマイナススワップになっていた、といったリスクもあり得ますので注意が必要です。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索