FXGTのゼロカットシステム|マージンコールやロスカット水準について徹底解説!

海外FX業者

FXGT

FXGTのゼロカットシステム|マ ...

FXGTのゼロカットシステム|マージンコールやロスカット水準について徹底解説!

FXGTは2019年の設立した新しい業者ですが、豪華ボーナスキャンペーンや1,000倍のハイレバレッジで豊富な銘柄で取引ができる人気の高いFX業者です。

FX取引を行う際、ロスカットやゼロカットシステムは非常に重要な要素となります。

特に、FXGTではこれらのシステムが特徴的に取り入れられており、投資家にとっての安全性や取引の利便性が向上しています。

この記事では、FXGTはゼロカットシステムに対応しているか、マージンコールやロスカット水準について、詳しく解説していきます。

FXGTのゼロカットシステム

ゼロカットとは

トレーダーの資産を守る仕組みであるロスカットが間に合わず、残高がマイナスになってしまった際、損失分をFX業者が負担すること

FXGTではゼロカットシステムを採用しています。

国内FX業者ではゼロカットシステムは採用されておらず、入金額以上の損失が出た場合は追加証拠金という「追従」が発生し、借金を背負ってしまうリスクがあります。

しかし、FXGTではゼロカットによりマイナス分は補填されるため、追従による借金のリスクを心配をせずに、高いレバレッジをかけた取引を安心して行えます。

FXGTのマージンコールについて

FXGTでは、ロスカットラインの前にマージンコールという通知が行われます。

マージンコールとは

トレーダーに取引中のポジションの含み損が拡大していることをアラート機能で知らせるシステムのこと

マージンコールは強制ロスカットが行われる前に対策をねることができる便利な機能です。

マージンコールの水準はFX業者ごとに異なり、FXGTでは口座の種類によってもマージンコールの水準が異なります。

FXGTのマージンコールが発生する水準は、スタンダード+口座、ミニ口座、PRO口座で50%、Crypto Max口座、ECN口座では70%に設定されています。

他の海外FX業者でも50%でマージンコールが発生することが多いので、FXGTは平均的な水準です。

口座タイプマージンコール(証拠金維持率)
スタンダード+口座50%
ミニ口座50%
Crypto Max口座70%
ECN口座70%
PRO口座50%

FXGTのマージンコールへの対策

マージンコールが発生すると、新たにポジションを建てることはできません。

また、ロスカットとなるリスクが近づいているため、強制的に損切りされないように自身で損切りを行うか追加入金するなどの対策が必要です。

マージンコールへの対策

  • 低いレバレッジで取引する
  • 余裕をもった証拠金で運用する
  • 損切りを徹底する

高いレバレッジで取引すると為替変動に左右されやすく、少ない証拠金の場合、多少の含み損でマージンコールが発生しやすくなります。

証拠金には余裕を持ち、低いレバレッジで運用すること、また損切りを徹底することで損失額を最小限に抑えた取引をおすすめします。

FXGTのロスカットについて

FXGTでは、ロスカット時に追証を負担する必要はありません。

ロスカットとは

保有しているポジションの含み損が口座残高に対し一定の水準を超えてしまった場合、それ以上に損失が増えないように強制的にポジションを決済させること

ロスカット水準もマージンコールと同様にFX業者ごとに異なり、おおよそ20%で強制ロスカットされてしまいます。

国内FX業者のロスカット水準に比べると、海外FX業者の方が非常に低く設定されています。

FXGTのロスカットレベルは、スタンダード+口座、ミニ口座、PRO口座は20%、CryptoMax口座、ECN口座は40%です。

口座タイプロスカットレベル
スタンダード+口座20%
ミニ口座20%
Crypto Max口座40%
ECN口座40%
PRO口座20%

強制ロスカットされた場合、含み損を抱える保有ポジションが強制決済され損失が確定してしまうので注意が必要です。

他の海外FX業者のロスカット水準の一覧

他の海外FX業者と比較しても標準的で、多くの業者が20%~30%の範囲でロスカットを設定しています。

ロスカット必要証拠金率
Axiory20%
BigBoss20%
XM Trading20%
Axi20%
HFM(Hotforex)20%
OQtima20%
TitanFX20%
ThreeTrader20%
Axon Markets50%
PU Prime50%

ロスカット基準が低めに設定されている場合は、ロスカットが行われた際の残存資金が少なくなるリスクがあるため、取引を行う際は十分な注意が必要です。

FXGTのロスカットへの対策

ロスカットを防ぐための方法として、以下の3つの対策が挙げられます。

ロスカットへの対策

  • 追加入金してレバレッジを低くする
  • 損切りする
  • 逆方向のポジションを取って両建てにする

追加入金してレバレッジを低くする

資金を追加して、実質的なレバレッジを低く保つことで、ロスカットのリスクを低減できます。

損切りする

ロスカットされる前に、損切りを行うことで、大きな損失を防ぐことができます。

逆方向のポジションを取って両建てにする

レートが逆行して損失が出た場合、逆のポジションを取ることで損失を抑えることができます。

FXGTでのゼロカット・ロスカットの注意点

  • ボーナスが消滅する
  • 損失額の高い順でロスカットされる
  • 禁止事項に反するとゼロカットされない可能性がある
  • ゼロカットシステムの悪用は規約違反になる

ゼロカットシステムが発動した場合、保有しているボーナスも消滅してしまうため、ボーナスを残したいトレーダーはマージンコールの発生時に証拠金を追加するなど対策が必要です。

ロスカットが行われる順番は、注文した順番ではなく、損失額が高い順番に行われます。

また、複数口座間やグループ間、他の業者間での両建てを行うなどのゼロカットシステムを悪用した取引や利用規約に反した場合、ゼロカットシステムが適用されず口座凍結などのペナルティーが発生する可能性があるので注意してください。

まとめ

スタンダード+口座・ミニ口座・PRO口座Crypto Max口座・ECN口座
①マージンコール50%70%
②強制ロスカット20%40%
③ゼロカット0%0%

ゼロカットは急激な為替変動が起きてもFXGTが損失分を補填してくれるため、高いレバレッジでも安心して取引できるメリットがあります。

しかし、FXGTでゼロカットシステムが発動するまでには順序があります。

証拠金維持率が70%〜50%でマージンコールにてアラートが発生、40%〜20%で損失が増えないよう強制ロスカットによりポジションが決済、最後にゼロカットが適用されます。

口座残高がマイナスになった場合、ポジションをすべて決済しなければゼロカットシステムは適応されません。

また、ゼロカットはボーナスが消滅してしまうデメリットもあるので、自分の資産を守るためにも資金管理には十分に気をつけましょう。

FXGTのゼロカットに関するよくある質問と回答

ゼロカットやロスカットに回数制限はありますか?

FXGTのゼロカットやロスカットに回数上限はなく、ゼロカットが適用されるので、追証の心配なく取引が可能です。

複数口座を持っている場合にゼロカットされるとどうなりますか?

FXGTでは、口座別にゼロカットが適用されます。

ゼロカットされるとボーナスはどうなりますか?

ゼロカットが発動した場合、FXGTのボーナスはすべて消滅します。

マイナス残高の状態で入金はできますか?

残高がマイナスのまま入金しても、ゼロカット適用後に入金が反映されます。

ロカットが適用されない場合は?

残高が不足してゼロカットが適用されない場合は、口座に入金するか他の口座から資金移動させ残高を変動すると、即座にゼロカットを適用されます。

ゼロカットシステムとは何ですか?

ゼロカットとは、ロスカットで生じた損失を相殺して口座残高を0に戻してくれるシステムの事です。追証による追加の証拠金請求によって借金のリスクが発生することはありません。

FXGT口座へゼロカットが反映される前に入金してしまいましたが大丈夫でしょうか?

FXGTでは、マイナス残高リセット完了前であっても、eWalletへの入金は可能です。但し、eWalletからマイナス残高の口座へ資金移動を行うと、移動した資金とマイナス残高が相殺される可能性があるため、ゼロカット処理の完了を確認してから資金移動を行うほうがおすすめです。

ロスカットとは何ですか?

保有しているポジションの含み損が口座残高に対し一定の水準を超えてしまった際に、入金額以上に損失が増えないよう強制的にポジションを決済させることです。

FXGTのゼロカットによって追証が発生することはあるのでしょうか?

いいえ、​FXGTのゼロカットにより追証は発生しません。

マージンコールとは何ですか?

マージンコールとはトレーダーに取引中のポジションの含み損が拡大していることをアラート機能で知らせるシステムのことです。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索