絶対見るべき!金融や投資に関連するおすすめ映画特集!

FXの始め方

FXの基本知識

絶対見るべき!金融や投資に関連す ...

絶対見るべき!金融や投資に関連するおすすめ映画特集!

この記事では、投資の第一歩を踏み出そうとしている方や勝負を楽しむ方、映画が好きな方などに向けた、金融や投資の勉強におすすめの映画をまとめました。

映画を通して投資を学ぶ利点

人生をより良くするためには、金融の知識は欠かせません。

名著や偉人の著書には、投資に関する知識が豊富に詰まっており、「金融や投資の学び」と言われると、多くの人は書籍や雑誌を連想するかもしれません。

しかし、中には「文字を読むのが得意ではない」と感じる方もいらっしゃるでしょう。

そのような方々には、映画での投資の学びがおすすめです。

映画の魅力は、物語を楽しみながら同時に知識を吸収できる点にあります。

この記事で触れる映画を見ることで、お金や投資に関する深い理解を得ることができます。

おすすめの映画4選

金融や投資の勉強には、下記4つの映画がおすすめです。

  • マネー・ショート 華麗なる大逆転
  • ウォール・ストリート
  • マネーモンスター
  • ウルフ・オブ・ウォールストリート

それぞれの映画のあらすじや特徴、おすすめの理由を詳しく解説していきます。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、金融や投資に関心がある人だけでなく、金融市場の動きやその背後にある真実、そして倫理的な問題について深く考えるきっかけとして、非常に価値のある作品です。

あらすじ

2004年から2006年にかけて、アメリカ合衆国では住宅価格が上昇し、住宅ローンの債権が高利回りの金融商品として注目を浴びていました。

多くの投資家たちがこれらの金融商品を買い集める中、一部の投資家は早くからバブルの崩壊を予見していました。

この映画は、投資家たちがサブプライム住宅ローン危機の中でどのようにして巨額の利益を上げたのかを描いています。

映画の特徴

  • 実際の出来事を基にしたストーリー
  • 複雑な金融用語の解説
  • 豪華なキャスト

実際の出来事を基にしたストーリー

映画「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、2008年の金融危機を核とした実際の出来事をもとに制作されています。

この金融危機は、サブプライムローンの崩壊をきっかけに、世界中の銀行や金融機関が破綻の危機に瀕し、多くの人々が生活の困窮を経験しました。

映画では、この危機を予見し、それを賭けとして大きな利益を追求する者たちの視点で、その混沌とした時代の背後にある真実を描き出しています。

複雑な金融用語の解説

映画内で使用される複雑な金融用語や商品は、金融や経済に関する知識がない人でも楽しめるように解説が行われているため、金融に詳しくない人でも楽しめます。

例えば、サブプライムローンやCDO(債務担保証券)などの専門的な用語が、セレブや有名人を使ったユニークなシーンを交えて、視覚的・ユーモラスに説明されます。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞することで、難解な金融の世界をより直感的に理解できます。

豪華なキャスト

映画の魅力の一つとして、ハリウッドのトップスターたちの演技が挙げられます。

  • クリスチャン・ベール
  • スティーヴ・カレル
  • ライアン・ゴズリング
  • ブラッド・ピット

クリスチャン・ベールは、孤独な天才投資家マイケル・バリーとして、市場の異常をいち早く察知する役柄を熱演。

スティーヴ・カレルは、怒りと疑念を抱きながら真実を追求するマーク・ボームを演じ、ライアン・ゴズリングは物語のナレーターであり、金融マンのジャレッド・ヴェネットとして観客を引き込みます。

さらに、ブラッド・ピットも重要な役割を果たすキャラクターとして登場し、彼らの名演技が物語をより深く、魅力的にしています。

投資や金融を勉強する人におすすめの理由

  • 実際の金融危機を学べる
  • 金融の仕組みを視覚的に理解
  • 市場の動きの予測や戦略の参考
  • 金融の倫理的側面の考察

実際の金融危機を学べる

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は2008年のサブプライムローン危機を中心に描いています。

金融危機は、数多くの銀行や金融機関が破綻の危機に瀕し、世界経済に甚大な影響を及ぼしました。

映画を鑑賞することで、金融危機がどのように発生し、どのように進行したかを具体的に学べます。

その知識は、現代の金融市場の動きやリスクを歴史的背景から理解する際の大きな手助けとなります。

金融の仕組みを視覚的に理解

映画の中で、CDOやサブプライムローンといった金融商品や取引の仕組みは、視覚的で分かりやすいシーンやユーモラスな解説を交えて紹介されています。

そのため、初心者や金融に詳しくない方でも、金融の基本的な仕組みや用語を直感的に把握できます。

市場の動きの予測や戦略の参考

映画に登場するキャラクターたちは、実際の金融の専門家を基に描かれています。

彼らの独自の分析や思考、行動は、現実の金融市場での戦略や判断の際の有益な参考となります。

特に、金融市場の非合理性やバブルの兆候を早期に察知し、それを利益に変える方法を学ぶことができます。

金融の倫理的側面の考察

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」を鑑賞することで、金融市場での各行動や判断が、多くの人々の生活や経済にどれほどの影響を及ぼすかを実感できます。

さらに、利益追求の行動が倫理的にどのような問題を引き起こすのかを考察できます。

その結果、金融の専門家としての責任や、倫理的な判断の重要性を深く感じることができます。

ウォール・ストリート

「ウォール・ストリート」は、金融や投資に関心がある方はもちろん、人間の欲望や倫理について深く考える機会として、非常に価値ある作品です。

あらすじ

「ウォール・ストリート」は、1987年に公開されたオリバー・ストーン監督の作品で、1980年代のニューヨークの金融界を舞台にした人間ドラマを描いています。

主人公バド・フォックスは、ウォール・ストリートの大手証券会社で働く野心的な若手ブローカー。

彼は成功を追い求め、大物投資家ゴードン・ゲッコーの注意を引くことに成功します。

ゲッコーのもとで働くうちに、フォックスは金と権力の魅力に魅了され、道徳や倫理を犠牲にして利益を追求するようになります。

しかし、その過程で彼は家族や友人との関係、そして自らの信念を失っていきます。

特徴

  • リアルな金融界の描写
  • キャラクターの心理描写
  • 80年代の時代背景

リアルな金融界の描写

ウォール・ストリート」は、ウォール・ストリートの緊張感に満ちた取引の現場、企業の買収戦の裏側、そしてインサイダー取引の暗部を詳細に描写しています。

そのため、視聴者は1980年代の金融業界の雰囲気や動きを実感できます。

キャラクターの心理描写

ゴードン・ゲッコーやバド・フォックスの心の中や葛藤は詳細に掘り下げられており、彼らの欲望、恐怖、そして道徳的ジレンマを通じて、金融業界の人間ドラマが繰り広げられています。

80年代の時代背景

ウォール・ストリート」は、1980年代の経済ブームとその後のクラッシュを背景としており、その時代の社会的・経済的な状況や価値観が緻密に反映されています。

投資や金融を勉強する人におすすめの理由

  • 金融の基本を深く学ぶ
  • 倫理的問題の深い考察
  • 歴史的背景の深い理解

金融の基本を深く学ぶ

「ウォール・ストリート」は、株の取引、企業の買収、インサイダー取引など、金融の基本的な概念や仕組みを具体的に示しています。

そのため、金融の初心者も基本的な知識を深めることができます。

倫理的問題の深い考察

映画は、金融取引に関する道徳や倫理の問題を中心に描写しています。

利益追求の過程での人間の葛藤や選択、そしてその結果としての善悪の判断を通じ、金融の専門家としての倫理的立場や責任を考える機会を提供しています。

歴史的背景の深い理解

「ウォール・ストリート」を通じて、1980年代のウォール・ストリートの動向や経済状況を学ぶことで、現代の金融市場の動きやリスクを歴史的背景から深く理解できます。

マネーモンスター

「マネーモンスター」は、金融や投資に関心がある方にとって、現代の金融システムやメディアの影響力、そしてそれに伴う倫理的な問題について深く考える機会として、非常に価値のある作品です。

あらすじ

「マネーモンスター」は、ジョディ・フォスター監督による2016年のサスペンス映画で、テレビの金融情報番組「マネーモンスター」のカリスマ的なホスト、リー・ゲイツの人生が一変する瞬間から物語が始まります。

彼が番組内で推奨したある高騰が期待される株が突如として大暴落。

その結果、多くの投資家が巨額の損失を被ります。

その中の一人、カイルは生涯の貯蓄を失い、絶望の中でスタジオに乱入。

彼はリーを人質に取り、番組を生放送のまま続行させるという過激な行動に出ます。

カイルの要求はシンプルで、彼が損失を被った理由、そして背後に隠された真実を公にすること。

リーと彼のプロデューサー、パティはカイルの要求に応じ、放送を続けながら事件の背後に隠された真実を探ります。

特徴

  • 現代の金融システムの批判
  • 高度なキャラクターの心理描写
  • 1980年代以降の金融の変遷

現代の金融システムの批判

映画は、現代の金融業界の複雑さや、それに伴うリスク、そして大衆をひきつけるメディアの役割を鋭く批判しています。

高度なキャラクターの心理描写

各キャラクターの背景や動機、そして彼らが直面する葛藤や選択は、非常に緻密に描写されており、視聴者は彼らの感情や心の中を深く理解できます。

1980年代以降の金融の変遷

映画は、1980年代のウォール・ストリートの変動から、2000年代の金融危機、そして現代の金融システムの問題点を背景としています。

投資や金融を勉強する人におすすめの理由

  • 実際の金融事例の学習
  • メディアと金融の関係性の理解
  • 金融の倫理的側面の深い考察

実際の金融事例の学習

映画は、実際に起こった金融の事例や事件を元に描かれており、その経緯を通じて金融市場の動向やリスクを具体的に学ぶことができます。

メディアと金融の関係性の理解

「マネーモンスター」は、メディアが金融市場や投資家の意思決定にどれほどの影響を与えるかを示しています。

そのため、メディアから提供される情報をどのように受け止め、それをどのように活用するかを考える契機となります。

金融の倫理的側面の深い考察

映画は、金融取引や情報提供における倫理的な問題や、それに伴う社会的な影響を中心に描写しています。

その結果、倫理的な判断の重要性を深く考えることができます。

ウルフ・オブ・ウォールストリート

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、レオナルド・ディカプリオが織りなすアメリカンドリームの物語です。

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、金融や投資に関心がある方にとって、ウォールストリートの魅力と危険性、そして金融業界での倫理的な問題について考える機会として、非常に価値のある作品です。

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は、マーチン・スコセッシ監督の下、レオナルド・ディカプリオ主演で描かれる実話ベースの映画です。

1980年代から1990年代初頭のニューヨークのウォールストリートを舞台に、若き日の証券ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの生き様を中心に物語が進行します。

彼は、独自のセールス手法とカリスマ性で急速に成功を収め、自らの証券会社「ストラットン・オークモント」を設立します。

しかし、その成功は違法な手段によるものであり、彼の生活もまたドラッグや女性、豪遊に溺れていきます。

絶頂を極める中、彼の行動はやがて連邦捜査局(FBI)の目を引き、彼の帝国は崩壊へと向かいます。

特徴

  • 生き生きとしたキャラクター描
  • 時代背景の再現

生き生きとしたキャラクター描

ジョーダン・ベルフォートは、彼の魅力的なセールス技術やカリスマ性、そして彼の放縦な生活様式を通して、視聴者に強烈な印象を与えます。

また、彼を取り巻く人々、家族、同僚たちとの関係も緻密に描かれています。

時代背景の再現

1980年代から1990年代のウォールストリートの雰囲気、ファッション、文化などが細部にわたって再現されており、当時のアメリカの経済状況や社会背景を感じ取ることができます。

投資や金融を勉強する人におすすめの理由

  • 実際の金融取引の深い理解
  • 金融業界の人間関係や政治
  • 倫理的な視点からの金融の考察

実際の金融取引の深い理解

映画は、実際の金融取引や証券業界の実態、特に違法な手段を用いた取引の方法や背後にある動機を詳細に描写しています。

その結果、金融市場の動きやリスクを深く理解する手助けとなります。

金融業界の人間関係や政治

ウォールストリートの内部の人間関係や政治、そしてビジネスへの影響を映画は詳しく描写しています。

その結果、金融業界での成功のための人間関係の築き方や、重要性を学ぶ手助けとなります。

倫理的な視点からの金融の考察

ジョーダン・ベルフォートの行動や選択は、金融業界の倫理的な問題や判断の難しさを浮き彫りにしています。

彼の成功とその後の転落を通じて、金融の専門家としての責任や倫理的な立場を深く考える手助けとなります。

まとめ

映画を通じて株式投資を学ぶことは、文字を読むのが得意でない方にも適しています。

映画は楽しみながら知識を得られるため、金融知識を深める手段としておすすめです。

興味がある方は、記事で紹介されている映画をチェックしてみてください。

profile image

海外FX200
編集部

海外FX業者の比較やブローカー別に特徴をまとめた比較サイトです。
これからFXを始めたいと思っているビギナーの方からすでに取引を行っている経験者のために、各種お役立ち情報を更新してまいります。

ワード検索